滝川先生から便りが届きました。2回に分けて紹介します。

昨年の9月にミクロネシアのパラオ諸島へランの観察に行って来ました。 日本の真南に位置する
パラオは日本との時差はありません。 パラオで働いている日本人も多く、現地の人でも流暢な
日本語を話す人がいるので驚きました。 日本がパラオを統治していた時代もあり、和名が付いた
植物も多数あります。 パラオで観察したランを紹介したいと思います。


Taeniophyllum mariannense パラオに来て一番最初に見つけたランです。 クモランの仲間で、
長さ約3cmの果実が付いています。 花は1日でしぼんでしまうので見られませんでした。 海から
約10mの場所にある樹木の高さ1.5mの所に着生していました。
a0265160_22250093.jpg



Dendrobium mirbelianum 高さ約15mの所に着生していて、黄色い花の大きさは約4cmです。 個体数は
比較的多いのですが、皆樹木の高所に着生しているので近くで花をよく見ることが出来ません。
a0265160_22262726.jpg


Agrostophyllum elongatum 茎の左右に葉を平らに付け、その幅は約5cmです。 茎の先端に
花が咲いた痕跡があります。 高さ1mの所に沢山着生していました。 和名は「パラオウロコラン」です。
a0265160_22265177.jpg



このようなジャングルの中の道を歩いて行きます。 道の両側の樹木の所々にランが着生しています。
a0265160_22271456.jpg


Dendrobium mirbelianum 高さ約10mの所に果実を付けて、ぶら下がっていました。
a0265160_22273533.jpg


「ガルドック自然保護区」の看板です。 「NGARDOK」の最初の「N」は発音しないようです。
a0265160_22275281.jpg



Dipodium freycinetioides パラオの固有種です。 ガルドック自然保護区管理事務所の近くの直射光線が
当たる場所に着生していました。 花径4cmで、黄色に褐色の模様があり、芳香があります。
a0265160_22281484.jpg



Dipodium freycinetioides 果実が付いていました。 右側の茶色い細長い部分は茎です。 茎は
数mまで伸び、下の葉は枯れて落ちていきます。
a0265160_22283644.jpg


ガルドック自然保護区で見られる生物の看板です。 ヘビやワニもいるそうですが、今回は
見かけませんでした。
a0265160_22285171.jpg


Bulbophyllum membranaceum 葉の長さは3cmです。 個体数は多いのですが、花は見られませんでした。
a0265160_22290641.jpg


Dendrobium brachyanthum 細長いバルブの先端に長さ約25cmの葉を1枚付けています。 花の
大きさは約2cmです。 地上2mの所に着生していました。
a0265160_22292539.jpg


Dendrobium brachyanthum 花のクローズアップです。 良い香りがあります。
a0265160_22294992.jpg



Dienia volkensii 地生ランで、葉の長さは約10cm、花茎の長さ約30cmで小さな花を多数咲かせています。
a0265160_22300834.jpg



Dienia volkensii 花のクローズアップです。 1輪は約3mmの大きさです。
a0265160_22303158.jpg



Crepedium setipes パラオ固有種の地生ランで、花茎の長さは約20cmです。 花は1cm弱の大きさです。
a0265160_22304968.jpg



Crepedium setipes 花のクローズアップです。 花は上下逆向きに咲きます。 黄緑色の花ですが、
これ以外に赤い花もあります。
a0265160_22311146.jpg



Appendicula reflexa 地上20cmの低い所に着生していて、花は咲いていますが、葉の裏側に咲いているので、
上から見ても花は見えません。
a0265160_22313536.jpg



Appendicula reflexa 茎の裏側をめくると、3mmくらいの小さな白い花が数輪まとまって咲いていました。
a0265160_22315344.jpg



品種不詳。 地生ランで、花茎の長さは約25cm、花径約1cmの小さな花を多数咲かせています。 花は
イヨトンボ(Habenaria iyoensis)に似ています。
a0265160_22321272.jpg



品種不詳の花のクローズアップです。 スペインの画家のダリの鼻ヒゲを連想します。
a0265160_22322941.jpg



Taeniophyllum palawense パラオの固有種のクモランの仲間で、地上1mの陽当りの良い場所に着生して
います。 黄色い花は数ミリの大きさで非常に小さく、花の咲いた跡がジグザグになっています。 株の右側の
根は樹木に貼り付いていますが、株の左側の根は空中に真っ直ぐに伸びていて緑色なので一見葉のように
見えます。 和名は「ナヨクモラン」と言い、個体数は多いです。
a0265160_22324547.jpg



Dendrobium patentifiliforme パラオの固有種で、高さ2.5mの所に着生していて、個体数は多いです。 茎は
細長くて1mくらいあります。 花は半日でしぼんでしまうので、この花も咲き終わっています。
a0265160_22330120.jpg



Dendrobium patentifiliforme 咲き終わった花のクローズアップです。 開いている花は本当はガク片も
花弁も細長く伸びているのですが、直ぐにクルクルと丸まってしまいます。 開きたての花は残念ながら見ることが
出来ませんでした。
a0265160_22331952.jpg



Robiquetia palawensis パラオの固有種で、高さ20mの高所に着生していました。 黄色い花は1輪が1cm
くらいのようです。 個体数は少なかったです。 和名は「ナガネラン」と言います。 俗に「パイナップル・
オーキッド」と呼ばれている仲間と同じ属です。
a0265160_22333574.jpg




[PR]
例会に持っていけなかったので咲いた花をアップします。

1.Aerangis Zipper
エランギスの交配種です。
交配はAerangis (citrata × fastuosa)× citrataで、citrataが75%入っているので、citrataのように小花が一列に並んで咲きます。
Zipperとはよく名付けたもので、ジッパー(チャック・ファスナー)の閉じ口に見立てた命名だと思われます。
a0265160_17393417.jpg

2.Clowesia Grace Dunn 'Beaver Valley'
a0265160_17433248.jpg




[PR]
    <<<1月度例会のご案内>>>

日時: 平成30年1月28日(日) 13:00~17:00

場所: 所沢市立狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 (第1・2会議室)
     〒359-1151 所沢市若狭4-2478-4 TEL04-2949-1191
     (西武池袋線 狭山ヶ丘駅徒歩5分 狭山ヶ丘農協裏)
      平成30年2月度例会予告2月25日(日)

内容
1.会場準備・受付・展示       13:00~13:30
   原種・交配種に分けて展示します。会場内では必ずご自分の名札を着けてください。
2.会長挨拶、事務連絡        13:30~

3.展示株の説明・人気投票・花の解説
   人気投票後選考結果の発表と出品花の解説を行います。
4.栽培Q&A・診断希望株の栽培アドバイス
   株を持参されるとアドバイスしやすいです。
5.蘭展出品の注意事項     佐々木理事
6.昨今の肥料事情       大野理事

7.閉会            17:00
   全員で後片付けしてください。ゴミは各自お持ち帰り願います。

会費 :お一人様 500円 (家族・友人も同じです。)

理事会:11:30 ~12:30
    狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 学習室で行います。
    昼食は各自ご用意ください。(欠席の場合は連絡のこと)



     <<12月度例会報告>>>
    
     12月の例会 出席者31名、出品者19名、出品株50株

1.会長挨拶・事務連絡 ⇒ 蘭カレンダー、忘年会、サンシャイン蘭展など

2.展示株の説明・人気投票・表彰

3.栽培Q&A ⇒ 礒田さんのvandopsis parishiiについて

4.恒例のビンゴ大会 ⇒ 2回戦まで実施 景品はワイン2本セット等多数

5.16時前に閉会 17:30より「ななかまど」にて忘年会


[PR]
# by orchid12345 | 2018-01-25 21:58 | 会報 | Comments(0)
2017年12月10日狭山ヶ丘コミュニティーセンターにて12月度例会が開催されました。

例会開始前
a0265160_21571935.jpga0265160_21573193.jpg



会長挨拶
a0265160_21573903.jpg

人気投票
a0265160_21574717.jpg

栽培Q&A
a0265160_21580750.jpg

毎年12月恒例のビンゴ大会 全員ビンゴカードに夢中
a0265160_21582083.jpg

[PR]
<<<人気投票>>>

1.原種の部
第1位 L. anceps displinada ’Kurahashi'           堀 清次   20票
a0265160_23255855.jpg
8花茎10輪つぼみ6個 NS 8.0×8.0㎝ 今月の1位のレリア アンセプスはこの時期に必ず出てきて入賞することの多い人気の花です。原産地はメキシコでアンセプスは花弁が濃桃色でリップが紫紅色の物が一般的ですが、この花のような色彩の物や、ペタルの先にかけて紫紅色になっていくゲレーロタイプや、アルバや、花弁が白くリップが紫色のビーチアナなどが有り花芸に富んでいる事が人気の1つでもあります。低温に強く芽吹きもいいので栽培は比較的容易です。逆に早く大きくなるため場所を取り、開花時には写真のようにステムが長く扱いに困ることもあります。会場への搬入ご苦労様でした。

第2位 Cattleya walkeriana fma. semi-alba 'Tokyo No.1' × self   佐藤 俊男   15票
a0265160_23253651.jpg
2花茎5輪 NS 9.5×10.5㎝ワルケリアナTokyo No1と言えば、セミアルバの大輪の名花として、あまりにも有名でセルフや交配によく使われます。セミアルバでは他にプアナニやカーメラなども有ります。この株は大輪のセミアルバを狙ったセルフ株ですが、親は10㎝をはるかに超える大輪なので、それに比べるとやや小さいようです。ワルケのセミアルバは大変綺麗なので、狙っている方もいると思いますが、セミアルバの交配や、セルフ株では様々な色の子供が出来、セミアルバが咲くとは限りませんので気を付けてください。 栽培は他の原種カトレアと同じく、コンポストをしっかり乾かしてから(水苔がカサカサになってから、もう1日置く)、たっぷり水やりをする(1度水やりをして、しばらく置いてからもう1度やる)。ただしワルケリアナはやや強い光線の方が良いようです。


第3位 Rodriguezia decora                 小島 朝男    7票


2.交配種の部
第1位 Bulbophyllum Elizabeth Ann 'Buckleberry'      中村 静枝    12票
a0265160_23263567.jpg
17花茎80輪超 NS 1.5×17.5㎝ 古い交配ですがAOSでFCCを獲得している名花です。Bulb.longissimum x Bulb.rothschildianumで、花型はロンギッシマムに似てセパルが長く(長く見えるのはセパル)、色合いはロスチャイディアナムに似ています。この花に限らずバルボフィラムは特有の形の花が多く人気の品種です。小型から大型物まで数が多く、花径が1㎝にも満たないものから、20~30㎝にもなる物も有ります。バルボフィラム・グラベオレンスなどはかなり臭いです。上記のように種類が多いため栽培方法は一言では難しいですが水を好みます。日照は弱いほうが良く、冬場でも直射日光では葉焼けすることが有るそうです。最低温度は15度程度ある方がいいようです。芽吹きはよく温度が保てれば栽培は比較的容易です。

第2位 Cycnoches chlorochilon × Cycnodes Junbo Micky     中村 スエ   10票
a0265160_23261750.jpg
2花茎7輪つぼみ3個 NS 6.5×6.0㎝ ラベルは上記のようになっていますが、シクノデス ジャンボ ダイアモンド(Cycnodes Jumbo Diamond)と言う名前で登録されています。 シクノチェスはギリシャ語の白鳥から来ているそうで、スワンオーキッドとも呼ばれています。見事な黄色い花色は、ジャンボ ミッキーの入っているバディアの黄色が出てきているようです。栽培はそんなに難しくはなく、成長期には水苔が完全に乾かないようにたっぷり水を与え、肥料も切らさないように与えます。葉が落ち始めたら水を控えます。交配種の方が花が咲きやすい様に思います。注意点は新芽に(3~5㎝に成るまで)水が掛からないようにすること、ハダニが付きやすいことです。筆者の経験では縦長のプラ鉢+水苔の相性が良いと思います。

第3位 Catasetum cirrhaeoides × Clowesia rosea       小野 敬一    6票
a0265160_23265339.jpg



3.香りの部
フレグランス賞 Cattleya walkeriana fma. semi-alba 'Tokyo No.1' × self 佐藤 俊男
a0265160_23253651.jpg



<<<各賞>>>
審査員推奨株  該当なし


<<<展示花>>>
Cycd. Taiwan Gold 'Taiwan Orange'           宮本 勝
a0265160_23272460.jpg

[PR]
佐々木さんより開花の便りが届きました。アングレカム レオニス (Angcm. leonis)です。
a0265160_18144328.jpg


[PR]
佐々木さんから大輪カトレア交配種の写真が届きました。
a0265160_14493742.jpg


[PR]
<<<12月度例会のご案内>>>

日時: 平成29年12月10日(第2日曜日) 13:00~16:00

場所: 所沢市立狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 (第1・2会議室)
     〒359-1151 所沢市若狭4-2478-4 TEL04-2949-1191
     (西武池袋線 狭山ヶ丘駅徒歩5分 狭山ヶ丘農協裏)
       平成30年1月度例会予告1月28日(日)

内容
1.会場準備・受付・展示          13:00~13:30
   原種・交配種に分けて展示します。会場内では必ずご自分の名札を着けてください。
2.会長挨拶、事務連絡           13:30~

3.展示株の説明・人気投票・花の解説
   人気投票後選考結果の発表と出品花の解説を行います。
4.栽培Q&A・診断希望株の栽培アドバイス
   株を持参されるとアドバイスしやすいです。
5.歳末恒例ビンゴ大会
   景品のご提供よろしくお願い致します。
6.閉会                  16:00
   16時終了。17時30分より「ななかまど」にて忘年会が予定されています。

会費 :お一人様 500円 (家族・友人も同じです。)

理事会:11:30 ~12:30
    狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 学習室で行います。
    昼食は各自ご用意ください。(欠席の場合は連絡のこと)



      <<<11月度例会報告>>>

        11月の例会 出席者26名、出品者15名、出品株40株

1.会長挨拶・事務連絡 ⇒ 秋の1日旅行報告、秋の蘭展報告など
  東京ドーム蘭展:主催者から今のところ連絡はない。
  本日、11/19 施工業者さんと打ち合わせ初め。
  ドームカレンダー受付開始 ¥1500
  12月10日例会後忘年会開催 ななかまど 17:30より 会費:¥3000+¥2000(補助)
2.展示株の説明・人気投票・表彰・審査委員による優秀株の解説

3.秋の蘭展での販売金差額 -¥1400 株提供者一人につき¥100の負担で賄う。

4.栽培Q&A: オンシジュームの栽培と湿度確保の方策を奥田さん回答。栽培相談

5.奥田園主講演:新種の紹介と栽培法 Bulb.polliculosum とBulb.physometrum


[PR]
# by orchid12345 | 2017-12-05 18:51 | 会報 | Comments(0)
2017年11月19日狭山ヶ丘コミュニティーセンターにて11月度例会が開催されました。

a0265160_22295880.jpg
a0265160_22303430.jpg
a0265160_22323441.jpg
a0265160_22332719.jpg
a0265160_22340987.jpg
a0265160_22310954.jpg

[PR]
<<<人気投票>>>

1.原種の部
第1位 Cattleya cernua            山田 榮     13票
a0265160_22060706.jpg
3花茎18輪17蕾  NS2.8×2.2cm Cattleya(Sophronitis) cernuaは、ブラジルを中心としてパラグアイ~アルゼンチンに広く自生しているようです。このため、仲間のコクシネアが冷涼多湿な環境であるのに対し、比較的生育温度及び湿度に対する適応範囲は広いようです。オレンジ色の小さな花が、多数咲きます。ただ咲かせるには、乾燥と水遣りに工夫が必要なようです。本入賞花は、入手した時はへご板に植え付けていたそうですが、へご板が傷んでいたせいか、生育が悪かったようです。コルクに変えても良くはならず、さらに新しいへご板に植え替えて、ようやく根張りが良くなり、今回の開花を得られました。栽培環境としては、冬でも18度位になると、外に出し日に当て、また、乾いたら水遣りをします。肥料が好きなようで、固形肥料をへご板につるして置くそうです。山田さんの場合、このような栽培を、良く丁寧に管理をしている(面倒を見ている)ことがこのような多数の開花が得られたのではないでしょうか。



第1位 Bulbophyllum rothschildianum        堀 清次     13票
a0265160_22092726.jpg
20花茎約100輪 NS1.5×12.0cm 上記Cattleyaと同点の1位入賞花です。Bulbophyllum rothschildianumは、中国雲南省、インド東北、アッサム、ミャンマーに自生しているようです。当会ではrothschildianumは比較的古くから展示されています。ラテラルセパル(側萼片)が、紫地に、濃い紫紅色の点が多数配置されているところが特に美しいと思います。本入賞花も3年以上前に一度入賞しています。しかし、株分けせずに栽培した結果、このような沢山の花が開花した大株に育ったそうです。コンポストは水苔で、「ざる」に植えています。年々鉢からはみ出して生育した株を押し込んで育てる結果、「ざる」を使用することになったそうです。見事なボリュームで、見応えがあります。次は全部の蕾を一度に咲かせたいそうです。頑張ってください!


第3位 Masdevallia veitchiana           豊田 弘     5票


2.交配種の部
第1位 Perreiraara Bangkok Sunset        林 美代子    11票
a0265160_22092109.jpg
2花茎 32輪25蕾 NS2.2×2.3cm Perreiraara (Rhynchorides) Bangkok Sunsetは、Vandachostylis Thai Noi×Aerides houlletianaの交配種です。また、Vandachostylis Thai Noiは、Rhynchostylis coelestis×Vanda flabellataの交配種で、原種の色濃い花です。ペタルとセパルの黄色地の先端を、グラデーション状に茶色で染めています。リップはピンク色です。この色彩の小さな花が房状についており、どこか心が和んできます。本入賞花は、昨年春に入手し、バンダ類としては珍しく水苔で植えられています。冬場は、最低温度10℃の環境で、乾いたら水遣りをし、温かくなったら外に出しているそうです。最近バンダ類はコンポストと水遣りの工夫が試みられていますが、その工夫が実ってたくさんの花が咲いているのでしょう。


第2位 Disa Rosemarie×Foam 'Roar Red'        豊田 弘     6票
a0265160_22091240.jpg
1花茎 1輪 NS9.0×11.0cm 代表的なDisaの交配種です。大きく発達した3萼片のうち、側萼片がオレンジ色に彩られ、上萼片が黄色地に線状のパターンを配しています。この組み合わせでDisaらしい美しい花を形成しています。ただ、栽培が非常に困難であるのは、この属の宿命です。本入賞花も、豊田さんの開発した栽培方法で育てたのですが、少し変えたそうです。クールオーキッドとしての環境で、流れている冷たい水に鉢ごと浸していたのですが、腐敗が入るようになったため、鉢自体は水に浸さないようにしているそうです。ただ、通常6月頃に開花するのですが、今回は今頃咲いたのが変わったことで、原因は不明だそうです。いずれにしても、当分Disaは、豊田さんでないと栽培困難でしょう。


第2位 Cattleya Tropical Pointer 'Amethysto'      佐々木 光次郎     6票
a0265160_22091656.jpg
1花茎 4輪 NS8.0×8.2cm 上記Disaと同点の2位入賞花です。Cattleya Tropical Pointer 'Amethysto'は、C. Tropic Glow × C. intermediaの交配種で、片親が原種です。過去に入賞しています(AM/JOGA)。ペタルやセパルの形状に原種の特徴がみられ、黄色地に紫紅色の点がちりばめられた花です。一般の整形花に比べると珍しい花ですが、栽培は比較的容易で花付きもよく、不定期に咲くようです。本入賞花は水苔植えで、栽培も特別の管理はしていないとのことです。ただ、この黄色地に紫紅色の点の花は、特に目をひきつけ、魅力があります。        (西郷)


3.香りの部
フレグランス賞 Cattleya walkeriana fma. coerulea 'Monte Azul'   礒田 忠彦


<<<各賞>>>
審査員推奨株  該当なし


[PR]