コロンビアに自生する夏咲きの大型カトレアです。
2016年秋の蘭会1日旅行で購入しました。
律儀に昨年・今年いずれも7月上旬に咲きました。
昨年は4輪、今年は3輪に減りましたが、その分花径が大きくNS14cmありました。
昼間はカトレアらしい優雅な香りが漂い、癒されます。
a0265160_00215934.jpg


     <<<6月度例会のご案内>>>

日時: 平成30年6月24(日) 13:00~17:00

場所: 所沢市立狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 (第1・2会議室)
    〒359-1151 所沢市若狭4-2478-4 TEL04-2949-1191
    (西武池袋線 狭山ヶ丘駅徒歩5分 狭山ヶ丘農協裏)
      平成30年7月度例会予告7月22日
      7月の例会後、17:30から徳樹庵で納涼会を予定しています。

内容
1.会場準備・受付・展示          13:00~13:30
   原種・交配種に分けて展示します。会場内では必ずご自分の名札を着けてください。
2.会長挨拶、事務連絡           13:30~

3.展示株の説明・人気投票・花の解説
   人気投票後、結果の発表と出品花の解説を行います。
4.栽培Q&A・診断希望株の栽培アドバイス
   株を持参されるとアドバイスしやすいです。
5.大寄付株市
   会の財政健全化のために、たくさんお買い上げください。
6.閉会 全員で後片付けしてください。    17:00
   ゴミは各自お持ち帰り願います。

会費: お一人様 500円 (家族・友人も同じです。)

理事会:11:30 ~12:30
    狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 学習室で行います。
    昼食は各自ご用意ください。(欠席の場合は連絡のこと)



     <<<5月度例会報告>>>

     5月の例会 出席者20名、出品者16名、出品株66株

1.会長挨拶、事務連絡
  (イ)4月から持ち越しの、平成30年度の事業計画と予算案 発表 承認
  (ロ)蘭との出会い旅(蘭園巡り)奥田園芸・国際園芸etc
  (ハ)狭山ヶ丘コミュニティーセンターの改装工事(10月~翌2月)
2.展示株の説明・人気投票・花の解説・入賞者表彰
   今回は中藤洋蘭園主による出品花の説明、解説。
3.栽培相談・アドバイス
   種名不明(根なし)のパフィオの再生。中藤さんからアドバイス。
4.中藤洋蘭園さんの即売会

5.16時30分頃に散会




# by orchid12345 | 2018-06-19 00:32 | 会報 | Comments(0)
2018年5月27日狭山ヶ丘コミュニティーセンターにて5月度例会が開催されました。

a0265160_23285915.jpeg
a0265160_23294088.jpeg
a0265160_23295770.jpeg


<<<人気投票>>>
1.原種の部
第1位 Renanthera imschootiana             宮本 勝          9票
a0265160_01244713.jpg
a0265160_01243972.jpg

2花茎 51輪 NS4.8×4.0cm この種に黄色地に褐色の点の花も有りますが、この花は少しオレンジがかった朱色でなかなか目立ちます。花形も下側のセパルが大きく広がりちょっと変わった形をしています。今回の例会でも数株出品されていました。この株は今回のお客様中藤さんでチョットいい値で購入したそうです。自生地はフィリッピン~ニューギニア辺りなので、低温に弱く最低温度は15度以上必要です。日照は直射日光でよく、むしろ直射日光に当てないと咲きにくくなるようです。出品者も言っていたように、非常に水を好み、必ず日に1度、夏場は2~3回の水やりが必要ですが、根は空気を好みますので栽培は難しいようです。この株は洋蘭ソイルに植えてありますが、バンダのようなバスケット植えが良いようです。



第2位 Cattleya gaskeliana                 豊田 弘          4票
a0265160_01251654.jpg
a0265160_01252838.jpg

2花茎4輪 NS14.0×14.0cm 大輪カトレアの原種には、トリアネ、ルデマニアナ、ワーネリなどいろいろ有りますが、ガスケリアナもファンの多い人気のカトレアです。南米のベネズエラやコロンビアに自生し、栽培は最低気温が15度を保てれば特別難しくはないようです。ラベルにはブルーと書いてありましたが、普通の色のように思います。ブルー同士の交配で、ティポが出たのかもしれません。この株は花型・大きさもいいですが、綺麗に前を向いて並び観賞価値が高く、入賞したようです。あちこち向いて咲いてしまう花が多く困っていますが、株の性格でしょうか、栽培者の技量でしょうか。



第3位 Cattleya. menndelii             宮本 勝   3票
    Cattleya lobata                豊田 弘    3票
    Masdevallia coccinea             豊田 弘    3票


2.交配種の部
第1位 Dendrobium Gatton Sunray           星  隆    11票
a0265160_01260010.jpg

27花茎150輪超NS5.0×3.0cm Den. pulchellum x Illustre という交配で、黄色い花弁にリップの2つの大きな目が印象的なデンドロビュームです。2つの目はプルケラムの特徴を表しています。この株はかなり大きく20号鉢位でしょうか、株高も1メートル近く有り、花の数も正確には数えられず150超としました。出品者によれば4年前に豊田さんの所から来て育てていましたが、最近では温室の中でも場所を取り、例会場に搬入するのも一苦労で、会場で嫁入り場所を探していましたが、高久さんの所に引き取られることになりました。めでたしめでたし。ということで大株のデンドロが1位となりました。



第2位 Paphiopedirum Wiertzianum               磯田 忠彦     9票
a0265160_01261604.jpg
a0265160_01262384.jpg

1花茎2輪 NS19.5×13.0cm パフィオペディルム ローレンシアナム×ロスチャイルディアナムという交配です。パフィオの王様ロスチャイルディアナムの交配なので、リーフスパンも65センチ有り、NSも20センチ近くあります。ピンと横に張ったペタル、暗赤色のリップ、アッパーセパル(ドーサル)の鮮明な縦筋など、多くの部分でロスチャイルディアナムに似ています。ロスチャイルディアナムは栽培が難しく高価だったので、交配をして栽培容易にし、なおかつロスの様な優雅な花が欲しく交配しました。一番有名な交配がロス×フィリッピネンセのセントスイシンです。この株も栽培が少しは易しくなっているのでしょうか。ロスチャイルディアナムは株ができると4輪つけるので、この株の栽培者は輪数に不満が有るようです。花の咲いている以外の子株も順調に育っているので、まだこの先楽しみです。
                                           (大野)

第3位 Cattleya Aqui-Finn ‘Kaleidscope’           大野 光朗    5票



3.香りの部
フレグランス賞 Maxillaria houtteana             角田 馨
a0265160_01264926.jpg



<<<各賞(審査員推奨)>>>
該当なし


和名をタイワンショウキランといい、屋久島から沖縄にかけて分布する地生蘭です。

Acanthephippium属ではmantinianumが洋蘭愛好家の間で育てられているのを散見しますが、このsylhetenseはほとんど見かけません。
元々は谷亀さんのところにあったのですが、小野が譲り受け、さらに西郷さんのところに嫁いでいったものです。
小野のところでは株は大きくなるも、全く花を着けませんでした。きっと西郷さんちの栽培環境がこの種に適していたのでしょう。
大変希少な植物とのこと、大事に育ててくださいね。
a0265160_23062526.jpg
a0265160_23063287.jpg
a0265160_23065301.jpg
a0265160_23064381.jpg

       <<<5月度例会のご案内>>>

日時: 平成30年5月27(日) 13:00~17:00

場所: 所沢市立狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 (第1・2会議室)
     〒359-1151 所沢市若狭4-2478-4 TEL04-2949-1191
     (西武池袋線 狭山ヶ丘駅徒歩5分 狭山ヶ丘農協裏)
      平成30年6月度例会予告6月24日

内容
1.会場準備・受付・展示          13:00~13:30
原種・交配種に分けて展示します。会場内では必ずご自分の名札を着けてください。
2.会長挨拶、事務連絡           13:30~

3.平成30年度事業計画・予算案審議
   4月総会で実施できなかった事業計画・予算案の審議お願いいたします。
4.展示株の説明・人気投票・花の解説
   人気投票後、結果の発表と出品花の解説を行います。
5.栽培Q&A・診断希望株の栽培アドバイス
   株を持参されるとアドバイスしやすいです。
6.洋蘭即売会               中藤洋蘭園
   この機会に是非お買い求めください。
7.閉会 全員で後片付けしてください。   17:00
   ゴミは各自お持ち帰り願います。


会費: お一人様 500円 (家族・友人も同じです。)

理事会:11:30 ~12:30
    狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 学習室で行います。
    昼食は各自ご用意ください。(欠席の場合は連絡のこと)



        <<<4月度例会報告>>>

       4月の例会 出席者24名、出品者17名、出品株68株

1.総会
   (イ)平成29年度事業報告、会計報告、⇒ 拍手をもって承認
   (ロ)役員の改選 ⇒ 小島会長退任し理事に。角田さん会長就任。高橋稔さん新任。古間さん退会。
      その他の理事は留任。副会長は置かず。 任期は1年とする。
   (ハ)平成30年度事業計画 ⇒ 諸事情により5月度例会にて審議の予定

2.会長挨拶・事務連絡 ⇒ 年会費納入のお願い、ミズゴケの購入等

3.展示株の説明・人気投票・株市

4.入賞者表彰・審査員による解説

5.16時過ぎに散会





# by orchid12345 | 2018-05-22 23:59 | 会報 | Comments(0)
2018年4月22日狭山ヶ丘コミュニティーセンターにて4月度例会が開催されました。

例会開始前風景
a0265160_09164833.jpg

総会資料配布
a0265160_09171050.jpg


展示株の説明
a0265160_09181687.jpg
a0265160_09183324.jpg


人気投票集計
a0265160_09184794.jpg

入賞花(デンドロ)を前に入賞者のコメント
a0265160_09190113.jpg

入賞者から栽培者へ感謝の賞品プレゼント
a0265160_09192630.jpg

<<<人気投票>>>

1.原種の部
第1位 Dendrobium cerinum            小島 朝男      10票
a0265160_23303405.jpg

どこの産地かなんて思ったのですが、調べてみたらフィリッピン、タイ、ボルネオの海抜800m付近に自生なんて極めて普通。800m付近なので栽培も極めて普通に育ててこの大きさなので、広い栽培場を持ってる方に良さそうです。低温に当てる必要もなく、微妙な温度管理は不要とのことで、初心者にもってこいですね。若草色一色の小花が約215輪も咲いて賑やかなるも、全体のフォルムはしっとりと落ち着いた感があり、一材でなされた生け花のようにも見えて素敵です。NS3.5x3cm 22花茎




第2位 Cattleya nobilior                佐藤 俊男      9票
a0265160_23305331.jpg

何年か前に滝川先生がフラスコのまま当会へ寄付されたものを佐藤俊男さんがコミュニティ植えから育てて、会へ栽培教室材として提供されたものです。ノビリオールの小苗を枯らさずここまで育てたことにまず驚きます。その上開花に至っているのですからほんとうに賞賛です。YU x Summerland という交配で、YUは当会の会員であった上田陽司氏のセレクト株、Summerlandは滝川先生のセレクト株、両セレクト株を交配して生まれた株です。滝川先生はその他にPerfectionx YU、Perfection x Summerlandの交配もなされ、出品株は二番目の出来具合だったとのことです。二番とはいえ、色良し、形よし、大きさ良しと三拍子揃った良花です。NS9.8x10cm 1花茎4輪




第3位 Cattleya violacea                星  隆      7票
a0265160_23311094.jpg


2.交配種の部
第1位 Cattleya Mini Blue Star            宮本 勝      12票
a0265160_23313030.jpg

当会にはいくつかの本種が栽培されています。ネットで本種を探索するとさまざまの本種がヒットしますが、どうしてどうして出品花も負けないくらいの良花です。C. Mini Purple × C. Cornelia がミニブルースターの交配親で、これよりC. pumilaが50%、 C. walkeriana が25%、そしてC. labiataが25%という組成になります。こうなるとwalkerianaとlabiataの交配種はないのか?と。ありました。ありましたが何か中途半端な印象の交配で、その意図がよくわからないというのが正直なところです。しかしそこにpumilaというスパイスを効かせると得も言われぬ演出効果が発揮され、出品花のような良花が出現するのは、まるでマジック。名脇役の面目躍如たる所以です。リップに広がるベルベットバイオレットが美しい。NS12.8x13.5cm 1花茎 2輪



第2位 Dendrobium Yellow Chinsai `Magical Color'    佐々木 光次郎   9票
a0265160_23321613.jpg

3~4年前当会の栽培教室の教材として皆さんに頒布された品種ですので、栽培している会員の方も多くいることでしょう。初めてこの品種が出品されたのはその頃小手指で行われた春の洋蘭展だったと記憶しています。その時出品されたのが正に佐々木さんのこの株だったのです。この株を見た多くの会員の方が入手を希望されたので、その場で望月蘭園に問い合わせての教材となった経緯がありますので、言わばある意味オリジナルといったところでしょうか。D. Chinsai × heterocarpumという交配で、いまはなき広島県の高木農園の作出です。親であるChinsaiも高木農園の交配で、unicum × monifelum(セッコク)、馴染み深い種が使われて好感が持てます。因みに珍彩と当てられ、白っぽいカラーから黄色に変化することから個体名‘Magical Color’に行きついているのでしょう。まだまだ大株に育って豪華になりますので、挑戦してください。 NS5.5x4.4cm 128輪。
                                       (堀)



3位 Dendrobium Sea Sky ‘紅小町’            中村 スエ     7票



3.香りの部
フレグランス賞 Phalaenopsis (Sedirea) japonica 山田  栄
a0265160_23324328.jpg




<<<各賞(審査員推奨)>>>
該当株なし

本当によく咲きましたね!!
ファルコネリは育てるのが難しいデンドロの代表格です。
たいていの人は枯らしてしまい、花が綺麗なのでまた買ってまた枯らすという悪循環に陥りがちな花です。
それをここまで咲かせ、悪循環を断ち切った星野さんに称賛を贈りたいです。「ブラボー!!」

はちのへ洋蘭園の園主の方が、「水をたっぷりやって乾かさないのがコツ」と言っていた覚えがあります。
茎が細く垂れ下がるのでヘゴやコルクに着けたくなりますが、乾燥しやすくよくないようです。星野さんの株はプラ鉢に植えてあるようですね。

星野さんからのコメントです。
久しぶりに蘭に水遣りをしましら、見事に咲いていました!
枯れてしまった花も有りましたが、ここまで花が着いたのは、初めてです。
今年は、4月に外に出してから、いつもよりも、水遣りが多くした事と、雨に当たった事が良かったのでは…
と、思われます。室内では、バケツに暫く浸けての水遣りをしていました。
a0265160_23240538.jpg



1.Encyclia fowliei
2015年の東京ドームでベラビスタオーキッドさんから購入しました。3年経過して初花です。
2cm弱のバルブに40cmくらいになる細長い葉を着けます。バルブの頂部から花茎が上がり、NS4cmほどの小輪が10輪咲きました。
黄土色の地に褐色の網目模様、色合いが渋いです。原種にしてはペタル幅も広くいい形しています。
あまり期待していなかったのですが、気に入りました。
a0265160_18543923.jpga0265160_18461653.jpg



2.Paph.thailandense
2014年、会の旅行でみちのく洋蘭センターに行ったときに購入したものです。株が充実し初めて3花茎上がりました。
a0265160_19075150.jpg