<<<10月度例会のご案内>>>

日時: 平成30年10月21日(第3日曜日) 13:00~17:00

場所: 所沢市立狭山ヶ丘コミュニティーセンター1階和室(さやまがおか荘)
     〒359-1151 所沢市若狭4-2478-4 TEL04-2949-1192
     (西武池袋線 狭山ヶ丘駅徒歩5分 狭山ヶ丘農協裏)
      平成30年11月度例会予告11月18日

内容
1.会場準備・受付・展示          13:00~13:30
   原種・交配種に分けて展示します。会場内では必ずご自分の名札を着けてください。
2.会長挨拶、事務連絡           13:30~

3.展示株の説明・人気投票・花の解説
   人気投票後、結果の発表と出品花の解説を行います。
4.大寄付株市
   財政支援のため多数の出品・ご購入よろしくお願いいたします。
5.栽培Q&A・診断希望株の栽培アドバイス
   株を持参されるとアドバイスしやすいです。
6.閉会 全員で後片付けしてください。    17:00
   ゴミは各自お持ち帰り願います。


会費: お一人様 500円 (家族・友人も同じです。)

理事会:11:30 ~12:30
    例会と同じ狭山ヶ丘コミュニティーセンター1階さやまがおか荘で行います。
    昼食は各自ご用意ください。(欠席の場合は連絡のこと)




        <<<9月度例会報告>>>
      9月の例会 出席者21名、出品者12名、出品株32株

1.会長挨拶、事務連絡
   秋の蘭展・一日旅行・東京ドーム(花と緑の祭典)・春の蘭展について案内
2.展示株の説明・人気投票・入賞者表彰
   出品者・出品花共に少なく低調。
3.株市
   こちらも低調
4.栽培Q&A
   カトレアの植え替え。鉢の中に巣を作ったアリの駆除⇒アリの巣コロリが効く
5.一日旅行について
   10月に予定の一日旅行は参加者少数のため取りやめ、11月に延期
6.閉会15時50分





[PR]
# by orchid12345 | 2018-10-18 22:11 | 会報 | Comments(0)
2018年9月23日狭山ヶ丘コミュニティーセンターにて9月度例会が開催されました。

例会前風景
a0265160_08502550.jpg


会長挨拶
a0265160_08504577.jpg


展示株の説明
a0265160_08511724.jpg
a0265160_08513235.jpg



[PR]
<<<人気投票>>>

1.原種の部
第1位 Aerides lawrenceae                 小島 朝男    18票 
a0265160_23140752.jpg
3花茎 90余輪 NS 3.5×3.0㎝ 草姿はバンダに似ていますが、長いステムにたくさんの花を着け、見ごたえのある花で、この株は3花茎上がり、出来の良さが見て取れます。エリデスの自生地はフィリッピンでミンダナオ島、セブ島の標高500メートル以下の所に分布し、20種くらい有る着生蘭です。かなり暖かいところに自生しているので、冬期は12度出来れば15度を保って栽培したい品種です。株は比較的大きくなり、開花時期は9月から12月くらいです。属名の Aerides はギリシャ語の「aer(空気)+eides(に似る)」からきています。樹木の高い位置に生える姿から名づけられたそうです。lawrenceae はイギリス王立園芸協会の総裁だった「ローレンス(James John Trevor Lawrence, さん」の夫人の名からきています。



第2位 Miltonia moreliana              星  隆         11票
a0265160_23142473.jpg
12花茎 14輪 NS 9.0×10.0㎝ Miltonia spectabillis var. morelianaと呼ばれていましたが、現在はミルトニア モレリアナになっています。ブラジル原産の蘭で俗にパンジーオーキッドとも呼ばれ、展開が非常にいいのでスッキリ見えて愛好家が多いと思われます。ミルトニアは暑さに弱い品種が多い中、このモレリアナは比較的暑さに強く栽培は比較的容易です。ただ根をいじられるのが嫌いらしく、植え替えよりも鉢増しの方が失敗しないようです。株分けは特に注意が必要です。



第3位 Robiquetia cerina                豊田 弘      5票
a0265160_23144966.jpg


2.交配種の部
第1位 Cycnoches Tawny             小野 敬一       14票
a0265160_23151971.jpg
1花茎 1輪 NS 10×7.5㎝ シクノチェス タウニーはegertonianum×chlorochilonの交配です。親のクロロキロンは綺麗な黄色の花ですが、この花の褐色はエガートニアナムの褐色が出たものでしょう。小野さんのブログを見ると、以前にも咲いていますが色合いが違うように思います。今年はかなり暑かったのでそのためでしょうか?比較的暑さに強いと言われるクロウェシア、シクノチェス系の花ですが、今年の暑さで筆者の所では何鉢か枯れてしまいました。今年、小野さんの所では、昼間の暑いときにミストシャワーを当てて、株を冷やすようにしたそうでバルブはしっかりと出来ていて、これからの開花が楽しみとのことでした。やはり栽培上手な人はいろいろ工夫をしているのですね。



第2位 Cattleya Pandora Bracey      星  隆      11票
a0265160_23153679.jpg
1花茎 2輪 NS 11.5×13.0㎝ この花はC. Trinette×C. intermediaの交配ですが、1967年の登録なのでかなり古いカトレアの交配種です。派手な色合いでオールド カトレアらしい花ですね。この花の先祖には、この様な派手なクサビの入ったカトレアは無いので、インターメディアの影響が大きいと思われます。ちなみにスプラッシュの入ったカトレアにはインターメディアが、セミアルバのカトレアにはパープラータが入っている事が多いようです。この花もご多分に漏れません。           (大野)



第3位 Paphiopedilum sukhakulii × philippinense        若尾 暢子     9票


3.香りの部
フレグランス賞 Cattleya labiata               宮本 勝
a0265160_23161343.jpg






[PR]
佐々木さんのところでは初めて咲いたそうです。
次回の例会に間に合うかどうかわからないということで写真を撮ってくれました。
セルレア色が何とも言えませんね。
a0265160_16334439.jpg

[PR]
まずはHabenaria medusa
ハベナリア属は世界中に数百種分布しているといわれていて、きれいな花を咲かせるものも多数見かけます。美しい日本のサギ草もハベナリア属の1種です。
たくさんある原種をくまなく見た訳ではありませんが、私の知る限りではこのHabenaria medusaは1、2を争う美しさです。
そのため人気度も高いのですが、休眠中に原因がよく分からないまま球根が枯れてしまったりします。
2~3年植え替えていなかったのですが、今年は何故か元気よく4芽伸びて開花に至りました。4花茎出たのは初めてだったので思わず写真撮りました。
下の方の花が終わりかけているので次の例会までは持たないかも…。
a0265160_01253126.jpg
a0265160_01255656.jpg
a0265160_01263625.jpg

続いてCycnoches loddigesii
シクノチェスの中ではかなり大きな花を咲かせるのが特長。NS11cmくらいあります。
9月例会に同じ花を持参したのですが、今回は株分けしていたもう一方の株が咲きました。
お決まりの1花茎2輪咲き。大きく育てて1花茎に3輪、4輪と咲かせてみたいものです。
ジャスミン調の強い香りがありますよ。好みは分かれると思いますが、私はこの香り好きです。
a0265160_01342451.jpg
a0265160_01345023.jpg



[PR]
   <<<9月度例会のご案内>>>

日時: 平成30年9月23(日) 13:00~17:00

場所: 所沢市立狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 (第1・2会議室)
     〒359-1151 所沢市若狭4-2478-4 TEL04-2949-1191
     (西武池袋線 狭山ヶ丘駅徒歩5分 狭山ヶ丘農協裏)
       平成30年10月度例会予告10月21日

内容
1.会場準備・受付・展示          13:00~13:30
   原種・交配種に分けて展示します。会場内では必ずご自分の名札を着けてください。
2.会長挨拶、事務連絡           13:30~

3.展示株の説明・人気投票・花の解説
   人気投票後、結果の発表と出品花の解説を行います。
4.株市
   健全な株を出品ください。
5.栽培Q&A・診断希望株の栽培アドバイス
   株を持参されるとアドバイスしやすいです。
6.閉会 全員で後片付けしてください。    17:00
   ゴミは各自お持ち帰り願います。


会費: お一人様 500円 (家族・友人も同じです。)

理事会:11:30 ~12:30
    狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 学習室で行います。
    昼食は各自ご用意ください。(欠席の場合は連絡のこと)


    <<<8月度例会報告>>>
    8月の例会 出席者21名、出品者14名、出品株33株

1.会長挨拶、事務連絡
   秋の蘭展・一日旅行・東京ドーム(花と緑の祭典)について案内
2.展示株の説明・人気投票・入賞者表彰・優秀花の解説
   出席者・出品花共に少ないが、見応えのある花あり。
3.栽培Q&A
   カトレアの植え替え時期、エランギスの栽培法等
4.閉会15時50分


[PR]
# by orchid12345 | 2018-09-17 12:11 | 会報 | Comments(0)
2018年8月26日狭山ヶ丘コミュニティーセンターにて8月度例会が開催されました。

例会開始前風景
a0265160_22524895.jpg


会長挨拶
a0265160_22534615.jpg
a0265160_22535486.jpg

展示株の説明
a0265160_22550611.jpg
a0265160_22551145.jpg
a0265160_22551459.jpg

人気投票風景
a0265160_22560199.jpg

[PR]
<<人気投票>>
1.原種の部
第1位 Gongora scaphephorus                    豊田 弘      16票
a0265160_15515149.jpg
大きいことはいいことだぁ! これだけの株と花序を見せられると1票入れんといけねんじゃねぇ?とついつい投票もしようという迫力で迫ってきます。花はくすんだ黄銅色に茶色い斑点が一面に彩りますが決して綺麗とは言えません。しかし4花茎のうち3花茎は鳥が飛行しているような奇妙な花を50輪ほど付けて咲いている様子は圧巻です。メキシコ・ボリビア等中南米の高温帯が原産地ですので低温には弱く、最低温度10度は欲しいところですが、それ以外は普通の洋蘭栽培法で開花してくれるでしょう。約80種の原種がありますが、日本には25種程入っているようです。NS5x5cmの中型の花を約150輪、80cmの花茎に鈴なりに付けています。蕾の50輪の花茎も一緒に咲いてくれると言うことなしでした。



第2位 Rhynchostylis coelestis `Seijikun'          堀 清次        10票
a0265160_15523683.jpg
4~5年前に画像の花色を見て気に入り、ヤフーオークションで競って手に入れました。一般種のセレスティスより一回り小型で、コンパクトな株姿ですので扱いやすいのは長所ですが、迫力不足になるのはいた仕方がないところです。リップのブルーが一際濃色で、ブルーというより農い紫といった具合です。リップばかりでなく花びら全体にも紫のスプラッシュが彩られているところが、この花の特徴です。バンダ系の裸根のグループは水やり頻度が十分満たされないと良好な生育が望めない、と思っていますので、勤め人には栽培が難しく、なるべく手を出さないようにしていますが、このセレスティスには出来うる限りの水やりに努めています。同種の株を過去に原因不明の腐れで枯らしていますので、消毒も月2回のペースで励行します。今回の受賞を機に個体名を‘Seijikun'と名付けました。4花茎120輪NS 2 x 2 cm




第3位 Dendrobium bigibbum var. compactum         小島 朝男      4票
a0265160_15525875.jpg



2.交配種の部
第1位 Cattleya C. G. Roebling `Blue Indigo'        堀 清次      14票
a0265160_15532546.jpg
( Cattleya gaskeriana × Cattleya purpurata )という交配で有名な蘭です。交配部門では最も愛されている種のひとつだそうで、花の色合いは勿論ですが、大きさや株全体から放たれる雰囲気が何とも言い難い優雅さを感ぜられる逸品です。クリアーな紫ではなく、あえてとでも言いたくなるグレーに覆われたような灰紫色が光源氏の君が身に纏う直衣(のうし)のイメージを連想してしまう筆者です。NS17 ×17cmの大輪花の花びらに申し訳程度に彩るスプラッシュも、決して派手ではなく、有るべくして有る薄めの演出と思うのです。栽培は普通にカトレア栽培法で良く、特筆すべきことは何もありません。パープラータが片親ですので、若干低温にも耐えられるようになっているようです。他にシースを持ったバルブが2茎ありますが、3茎同時に開花するとどうなの?と思います。賑やかになってこの種の持つ雰囲気が損なわれてしまう気がしますが、怖いもの見たさで見てみたいとも思うのです。次回挑戦か? 1花茎4輪




第2位 Cattleya Batemaniana ‘Shonan’          吉見 英男     13票
a0265160_15535443.jpg
今を去ること30年ほど前、自分が蘭の世界に足を踏み入れた頃、先輩諸氏の間でこの種のようなミニ洋蘭の栽培が席巻していたように感じました。懐かしい話です。Cattleya walkeriana、intermedia、今ではカトレアになってしまった Laelia pumila、sincorana、praestans そして今ではカトレアになってしまった Sophronitis coccinea、brevipedunculata、cernua、wittigiana 等の個性群。それらの様々な掛け合わせで出現した多くのミニ交配種。成功例として知られ、いまでも普及しているCattleya Mini PurpleとCattleya Batemaniana。ミニパープルは言わずと知れた ワルケリアナxプミラ。バテマニアナは インターメディアxコクシネア。この株は以前小野さんが栽培していた株で小野さんが何度も例会に持参して出品していますので、知っている人にはお馴染みの株です。今回を機に皆さんには是非とももう一度‘花咲か父さん’のブログを見直して欲しいと思います。種名と個体名を入力しても画像一覧が検索されます。そこにあるバテマニアナ‘ショーナン’の画像は同じ株の花画像で、夏咲きと冬咲きの相違が比較できますが、俄然冬咲きの方が秀逸です。トリカラーになって魅力十分です。是非吉見さんにも冬咲きの花を見せて欲しいものです。この原稿を書きながらトリカラーの優秀花‘プリズム パレット’という個体を思い出しました。3花茎7輪 NS 6×5.5 cm                               (堀)



第3位 Phalaenopsis Yaphon Oh Mygod              磯田 忠彦    4票



3.香りの部
フレグランス賞 Phalaenopsis violacea `Indigo Red'        磯田  忠彦
a0265160_15543577.jpg



各賞(審査員推奨)
栽培技術賞 Telipogon bowmanii                  豊田 弘
a0265160_15545690.jpg



良個体賞 Rhynchostylis coelestis `Seijikun'         堀 清次
a0265160_15523683.jpg


努力賞 Tropidia angulosa (アコウネッタイラン)         吉見 英男
a0265160_15552886.jpg


<<展示花>>
Dracula dianae                    豊田 弘
a0265160_15554594.jpg

[PR]
# by orchid12345 | 2018-09-15 15:59 | Comments(0)
コロンビアの低地に自生しています。’Pink Dove'という個体名がついているからには何らかの特長があると思うのですが、なんせこの一株しか持っていないので、良否の判断がつきません。
涼しくなってから咲くと花の色はもう少し濃いのですが、今年はこの暑さの中花芽を伸ばしてきたためか、花色は少し薄いようです。
冬場は葉が落ちたらほとんど水やりなしで窓際に置き、休眠させます。春からの成長期にはベランダで肥料をたっぷり遣って育てています。東向きなので午前中だけ直射日光が当たり午後からは日陰になりますが、周りに邪魔になる建物がないので空からの間接光だけでも結構な光が得られます。(照度計で測定したら、午後の日が当たらない時間帯でも1万ルクスくらいありました。)
またマンションの5階なので風通しが良いのも好条件です。
夏場、コンクリートに囲まれたベランダは温室同様極端に暑くなります。ベランダの手すりにミストシャワーを設置して暑さを凌ぎました。(シャワーの霧が風に乗り隣のお宅まで飛んで行って洗濯物を濡らすのではと心配していましたが、そんなことはなかったようです。)
お陰で今年はシクノチェス・カタセタム・クロウェシアといった類の蘭はとても良く成長しました。これから花芽が出てくる蘭も多く楽しみにしています。
a0265160_23445346.jpg
a0265160_23445998.jpg

[PR]
<<<8月度例会のご案内>>>

日時: 平成30年8月26(日) 13:00~17:00

場所: 所沢市立狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 (第1・2会議室)
     〒359-1151 所沢市若狭4-2478-4 TEL04-2949-1191
      (西武池袋線 狭山ヶ丘駅徒歩5分 狭山ヶ丘農協裏)
        平成30年9月度例会予告9月23日

内容
1.会場準備・受付・展示          13:00~13:30
   原種・交配種に分けて展示します。会場内では必ずご自分の名札を着けてください。
   出席者・出品株共に少ないです。例会に参加し蘭談義のひと時を楽しみましょう。
2.会長挨拶、事務連絡           13:30~

3.展示株の説明・人気投票・花の解説
   人気投票後、結果の発表と出品花の解説を行います。
4.栽培Q&A・診断希望株の栽培アドバイス
   株を持参されるとアドバイスしやすいです。
5.株市
   健全な株を出品ください。
6.閉会 全員で後片付けしてください。    17:00
   ゴミは各自お持ち帰り願います。

会費: お一人様 500円 (家族・友人も同じです。)

理事会:11:30 ~12:30
     狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 学習室で行います。
     昼食は各自ご用意ください。(欠席の場合は連絡のこと)




<<<7月度例会報告>>>

7月の例会 出席者17名、出品者9名、出品株26株

1.会長挨拶、事務連絡
   司会は久しぶりに星さん担当。秋の蘭展・会員名簿について案内

2.展示株の説明・人気投票・花の解説・入賞者表彰
   猛暑のため、出席者・出品株共に過去最低か?少々残念な結果に。

3.出品花の解説
   豊田さんのDracula、星さんのSobennikoffia優秀なるも今一歩推奨株に届かず。

4.閉会14時30分 異例の早さ。
   閉会後、徳樹庵にて17時半より納涼会 17名参加



[PR]
# by orchid12345 | 2018-08-17 11:04 | 会報 | Comments(0)