カテゴリ:会員の花紹介( 89 )

本当によく咲きましたね!!
ファルコネリは育てるのが難しいデンドロの代表格です。
たいていの人は枯らしてしまい、花が綺麗なのでまた買ってまた枯らすという悪循環に陥りがちな花です。
それをここまで咲かせ、悪循環を断ち切った星野さんに称賛を贈りたいです。「ブラボー!!」

はちのへ洋蘭園の園主の方が、「水をたっぷりやって乾かさないのがコツ」と言っていた覚えがあります。
茎が細く垂れ下がるのでヘゴやコルクに着けたくなりますが、乾燥しやすくよくないようです。星野さんの株はプラ鉢に植えてあるようですね。

星野さんからのコメントです。
久しぶりに蘭に水遣りをしましら、見事に咲いていました!
枯れてしまった花も有りましたが、ここまで花が着いたのは、初めてです。
今年は、4月に外に出してから、いつもよりも、水遣りが多くした事と、雨に当たった事が良かったのでは…
と、思われます。室内では、バケツに暫く浸けての水遣りをしていました。
a0265160_23240538.jpg



[PR]
1.Encyclia fowliei
2015年の東京ドームでベラビスタオーキッドさんから購入しました。3年経過して初花です。
2cm弱のバルブに40cmくらいになる細長い葉を着けます。バルブの頂部から花茎が上がり、NS4cmほどの小輪が10輪咲きました。
黄土色の地に褐色の網目模様、色合いが渋いです。原種にしてはペタル幅も広くいい形しています。
あまり期待していなかったのですが、気に入りました。
a0265160_18543923.jpga0265160_18461653.jpg



2.Paph.thailandense
2014年、会の旅行でみちのく洋蘭センターに行ったときに購入したものです。株が充実し初めて3花茎上がりました。
a0265160_19075150.jpg

[PR]
佐々木さんから開花の便りが届きました。
Den. Yellow Chinsai ’Magical Color'
中村スエさんのところに1年間預けたら元気になってたくさん花が咲いたそうです。
元気いっぱいの満開ですね!
a0265160_01054349.jpg


名護蘭
名護蘭は普通ペタルにはヒョウ柄模様は入らないのですが、この個体はペタル・セパルの両方にヒョウ柄模様が入っていますね。もしかして交配種?
a0265160_01051436.jpg


[PR]
星野さんから開花のお便りありました。
デンドロビウム ハーベイアナムです。
リップとペタルに入るフリルがとても綺麗で、らん愛好家には人気の種です。
新芽に水が入ると腐りやすく、ちょっと育てにくいのですが、さすが星野さん立派な株作りです。
花には芳香がありこれも魅力の一つです。
a0265160_22211186.jpg

[PR]
ちょっと珍しいPolycycnis aurita 咲きました。
Polycycnisは中南米原産の着生蘭で1花茎に多数の花を着けます。一風変わった花をつけるのですが、特にこの種はなんとも変わっていて、私にはカマキリが腕を広げ威嚇しているように見えます。
少し暑がるみたいで、以前持っていた株が枯れてしまったので2015年の東京ドームでエクアジェネラさんから再購入し、初花です。
プラ鉢にミズゴケで植えています。
a0265160_01243216.jpg
a0265160_01244921.jpg
a0265160_01245868.jpg

[PR]
ちょっと変わった花バルボフィラム マコヤナム咲きました。
極細い針のような花が放射状に並んで咲きます。集合花全体の直径は12cmほど。案外存在感があります。
あまり季節に関係なく咲いてくれます。
ネットで見るとセパルが幅広のタイプもマコヤナムとして紹介されていることがありますが、こちらの極細タイプが本当のマコヤナムだとのことです。
a0265160_22155684.jpg

[PR]
2月の例会に出席できなかったので自宅で咲いた花をアップします。
初めてのマンション窓辺での越冬ですが、夜中でも温度が高いのでその点は楽です。日当たりは今一なのでLEDランプで補なっています。

Trichopilia suavis
a0265160_22044867.jpg



Clowesia Joe Betts 'Tin Man' BM/JOGA
Clowessia warczewitzii × Clowesia russellianaという交配種です。両親どちらも緑のスジの入る花なので子供も同じように緑のスジ入りです。
昨年12月にも花芽が伸びてきたのですがシケってしまい、今年になって別の花芽から咲いてくれました。少しスパイスのような香りがあります。
a0265160_22053240.jpg

[PR]
例会に持っていけなかったので咲いた花をアップします。

1.Aerangis Zipper
エランギスの交配種です。
交配はAerangis (citrata × fastuosa)× citrataで、citrataが75%入っているので、citrataのように小花が一列に並んで咲きます。
Zipperとはよく名付けたもので、ジッパー(チャック・ファスナー)の閉じ口に見立てた命名だと思われます。
a0265160_17393417.jpg

2.Clowesia Grace Dunn 'Beaver Valley'
a0265160_17433248.jpg




[PR]
佐々木さんより開花の便りが届きました。アングレカム レオニス (Angcm. leonis)です。
a0265160_18144328.jpg


[PR]
佐々木さんから大輪カトレア交配種の写真が届きました。
a0265160_14493742.jpg


[PR]