<<<11月度例会ご案内>>>

日時: 平成30年11月18日(第3日曜日) 13:00~15:00

場所:  所沢市役所1階 市民ギャラリー
     〒359-8501所沢市並木一丁目1番地の1 TEL:04-2998-1111(代表)
     (西武新宿線 航空公園駅東口徒歩3分)
       平成30年12月度例会予告12月9日(第2日曜日)
内容
1.会場準備・受付・展示          13:00~13:30
   原種・交配種に分けて展示します。
   例会後出品株はそのまま残して翌日から「秋の洋蘭展」として展示します。
2.会長挨拶、事務連絡           13:30~

3.展示株の説明・人気投票・花の解説
   人気投票後選考結果の発表と出品花の解説を行います。
4.栽培相談・アドバイス
   相談したい株をお持ちいただくとアドバイスしやすいです。
5.蘭展準備                15:00~
   翌日から開催される蘭展に向けて、テーブル・株の配置を整えます。
   準備完了しましたら理事だけ残って株の審査を行い、各賞を決定します。
6.例会・洋蘭展とも株市は行いません。

会費 :お一人様 500円 (家族・友人も同じです。)

理事会:11:00 ~12:00  時間厳守
    例会と同じ所沢市役所1階 市民ギャラリーにて行います。
    早めに着いた方はテーブルの準備お願いします。
    理事会の後、近くのレストランで昼食を摂ります。
    (理事会欠席の場合は連絡のこと)




       <<<10月度例会報告>>>

     今回初めて狭山ヶ丘コミュニティーセンター1階和室(さやまがおか荘)にて実施
      10月の例会 出席者23名、出品者10名、出品株36株

1.会長挨拶・事務連絡
   ⇒ 秋の洋蘭展予定、一日旅行11/11に実施、サンシャイン世界の蘭展不参加 等
2.展示株の説明・人気投票

3.栽培相談・アドバイス
    ⇒ カトレアの植え替え、発泡スチロールの使い方、浅鉢・深鉢の違い等
4.大寄付株市
    ⇒ 通常の株市同様値札に希望者名記入。重なる場合はジャンケン
5.閉会16時





[PR]
# by orchid12345 | 2018-11-10 00:45 | 会報 | Comments(0)
2018年10月21日狭山ヶ丘コミュニティーセンター1階和室さやまがおか荘にて10月度例会が開催されました。
これまでは2階会議室を使っていましたが、改修工事のため1階のさやまがおか荘での開催となりました。
まずまずの広さでしたが、やや日当たりが悪いのが残念でした。

例会前風景 展示花の陳列
a0265160_01015507.jpg


会長挨拶にて例会開始
a0265160_01022179.jpg


展示花の説明
a0265160_01023687.jpg
a0265160_01024357.jpg


人気投票風景
a0265160_01030813.jpg



寄付株市に提供されている株を事前チェック
a0265160_01032541.jpg



寄付株の受け渡し 代金支払いますよ~
a0265160_01035905.jpg




[PR]
<<<人気投票>>>

1.原種の部
第1位 Brassavola nodosa              小島 朝男          10票
a0265160_20233474.jpg
7花茎 38輪 18.5×6.0cm nodosaはBrassavolaを代表する原種で、メキシコからブラジルまでの、シーレベルから高度500m位までの地域に自生しています。強い日差しを好み、日焼けを起こしにくく、日照が栽培のポイントであるようです。棒状に直立するバルブをもち、細い白緑色の花弁と白色の唇弁との花を多数咲かせます。また香りも良いようです。本入賞花もこのような特徴が出ています。花自体は、一般のnodosaのようですが、しかし、多数の花が、一方向に見事に咲きそろっています。株自体の向きも一方向にそろって生育しています。これは栽培技術が良好であるとともに、この個体としての特徴が生かされている、といえるでしょう。株を日の出方向に置き、栽培していたところ、このように同時期に同方向に生育、開花が得られたそうです。見事な咲き映えです。



 
第2位 Catasetum expansum ‘Mem.Charlie Walsh’          星  隆      9票
a0265160_20342590.jpg
1花茎 5輪 NS5.3×5.0cm Catasetum expansumはエクアドル東北の、高度20から1500メートルの乾燥森林に自生しています。花は、黄、緑、白の色彩が見られます。黄色の花が多いようですが、‘Mem.Charlie Walsh’は、緑で特に濃色です。花型は、抱え気味に咲いていますが、光沢もあり、この色合いが素晴らしい。他の蘭の中でも、これほど濃い緑色はないのでは?AOSでAMに入賞しているようです。本人気投票入賞花もこのように濃い緑色を呈しています。入賞時は1花茎5輪ですが、直前に1花茎3輪を切り落としたとのこと。よく栽培されていたことでしょう。これも素晴らしい花を得られた要因でしょう。入手したものをブラ鉢を用い水苔植えに替えたことが良かったかも、とのことでした。Catasetumの栽培は、生育期には通常の着生蘭よりかなり多めの肥料を与え、良く水遣りをするとよいようです。植え替えて栽培したことが、星さんの栽培環境にも合って良い結果につながったことでしょう。




第3位 Aerides odorata                         星  隆     8票




2.交配種の部
第1位 Miltonia Biwa Purple ‘Rikyu’                   若尾 暢子   8票
a0265160_20351717.jpg
3花茎 8輪、6蕾 NS7.2×8.0cm Miltonia ‘Rikyu’は6年前、また昨年と、別の会員の方が入賞しています。この時にも記載されていますが、どのような種であるか不明なようです。最近の情報で、この株は、Miltonia Biwa Purple ‘Rikyu’のようです。Biwa Purpleは、Summer Timeとmorelianaとの交配種で、Tsutsumi氏により、2011年、RHSに登録されています。なかでも個体名‘Rikyu’は良く普及しているようです。特徴として、黄色の花被片に、紅紫色の唇弁を有し、Miltoniaとしては暑さに強く、育てやすいようです。本入賞花も、このような特徴が出ています。ただ入賞花は、購入した時は1リードで開花していたとのことでした。花後に、遮光下の温室で、肥料をモルコートで栽培したところ、4つの新芽が同時に育ち、3花茎立ちで、花が8輪、蕾6と育ったそうです。かなり栽培が順調のようで、栽培環境も合っていたことでしょう。この先、大株作りに挑戦してはいかがでしょう。




第1位 Cattleya Mini Purple coerulea ‘Shiono’              佐藤 俊男   8票
a0265160_20355957.jpg
1花茎 2輪 NS11.0×12.0cm 上記Miltonia Rikyuと同票の1位です。Cattleya Mini Purpleは、pumilaとwalkerianaとの交配で、1965年に登録されています。古くから栽培されていますが、両方の交配親とも、栽培が難しく、本種もやや気難しいです。‘Shiono’は、当会の会員であった方の株で、coeruleaとして色が濃く型もよく(このように記憶していますが)、AOSでAMに入賞しています。その後、色々と他の会員に株分けしてもらい、開花もみられましたが、入賞時の花を再現できていません。本人気投票入賞花もAOS入賞時のような良花ではないようですが、これまでの花に比べ、比較的色が濃く、形も弁幅がやや広いようです。お伺いしますと、なかなか咲きにくく、棚下において栽培したそうです。開花した株は、1花茎2輪ですが、この他に新芽があり、蕾があるそうです。棚下とはいえ、入賞者の栽培環境のなかで、良好に栽培され株が育ち、比較的良い花が咲いたのではないでしょうか。                          (西郷)


第3位 Oncidium Sweet Sugar                    小島 朝男    6票




3.香りの部
フレグランス賞 Cattleya Dinard ‘Blue Heaven’             堀 清次
a0265160_20362318.jpg


各賞(審査員推奨)
努力賞 Catasetum expansum ‘Mem. Charlie Walsh’          星  隆
a0265160_20342590.jpg




<<<展示花>>>
Dracula cordobae                     豊田 弘
a0265160_20392246.jpg

Cattleya Llory Ann 'Paradise'                   豊田 弘
a0265160_20422038.jpg


[PR]
小島さんより珍しい蘭Coryanthes trifoliataの開花写真が届きました。

以下小島さんの説明です。
開花の期間が短いので蘭展・例会でも見ることが少ないと思います。昨年 見学会のときベラビスタで仕入れたものです。
秋口より花茎が真横に伸びて先端に蕾らしいものが見えてきました。しばらくは袋状の蕾でしたが昨日2輪同時に開花しました。
コリアンテス属 Coryanthes trifoliata 別名 バケツランともいわれ 下にあるリップの袋の中に蕊柱から点滴のように水が湧きだし袋状のリップの中に溜まります。交配のための進化ですが 何とも不思議な構造です
a0265160_15183915.jpg
a0265160_15185729.jpg
a0265160_15191410.jpg
a0265160_15193114.jpg
a0265160_15194704.jpg

以下のリンクにコリアンテスの詳しい記述があります。






[PR]
        <<<10月度例会のご案内>>>

日時: 平成30年10月21日(第3日曜日) 13:00~17:00

場所: 所沢市立狭山ヶ丘コミュニティーセンター1階和室(さやまがおか荘)
     〒359-1151 所沢市若狭4-2478-4 TEL04-2949-1192
     (西武池袋線 狭山ヶ丘駅徒歩5分 狭山ヶ丘農協裏)
      平成30年11月度例会予告11月18日

内容
1.会場準備・受付・展示          13:00~13:30
   原種・交配種に分けて展示します。会場内では必ずご自分の名札を着けてください。
2.会長挨拶、事務連絡           13:30~

3.展示株の説明・人気投票・花の解説
   人気投票後、結果の発表と出品花の解説を行います。
4.大寄付株市
   財政支援のため多数の出品・ご購入よろしくお願いいたします。
5.栽培Q&A・診断希望株の栽培アドバイス
   株を持参されるとアドバイスしやすいです。
6.閉会 全員で後片付けしてください。    17:00
   ゴミは各自お持ち帰り願います。


会費: お一人様 500円 (家族・友人も同じです。)

理事会:11:30 ~12:30
    例会と同じ狭山ヶ丘コミュニティーセンター1階さやまがおか荘で行います。
    昼食は各自ご用意ください。(欠席の場合は連絡のこと)




        <<<9月度例会報告>>>
      9月の例会 出席者21名、出品者12名、出品株32株

1.会長挨拶、事務連絡
   秋の蘭展・一日旅行・東京ドーム(花と緑の祭典)・春の蘭展について案内
2.展示株の説明・人気投票・入賞者表彰
   出品者・出品花共に少なく低調。
3.株市
   こちらも低調
4.栽培Q&A
   カトレアの植え替え。鉢の中に巣を作ったアリの駆除⇒アリの巣コロリが効く
5.一日旅行について
   10月に予定の一日旅行は参加者少数のため取りやめ、11月に延期
6.閉会15時50分





[PR]
# by orchid12345 | 2018-10-18 22:11 | 会報 | Comments(0)
2018年9月23日狭山ヶ丘コミュニティーセンターにて9月度例会が開催されました。

例会前風景
a0265160_08502550.jpg


会長挨拶
a0265160_08504577.jpg


展示株の説明
a0265160_08511724.jpg
a0265160_08513235.jpg



[PR]
<<<人気投票>>>

1.原種の部
第1位 Aerides lawrenceae                 小島 朝男    18票 
a0265160_23140752.jpg
3花茎 90余輪 NS 3.5×3.0㎝ 草姿はバンダに似ていますが、長いステムにたくさんの花を着け、見ごたえのある花で、この株は3花茎上がり、出来の良さが見て取れます。エリデスの自生地はフィリッピンでミンダナオ島、セブ島の標高500メートル以下の所に分布し、20種くらい有る着生蘭です。かなり暖かいところに自生しているので、冬期は12度出来れば15度を保って栽培したい品種です。株は比較的大きくなり、開花時期は9月から12月くらいです。属名の Aerides はギリシャ語の「aer(空気)+eides(に似る)」からきています。樹木の高い位置に生える姿から名づけられたそうです。lawrenceae はイギリス王立園芸協会の総裁だった「ローレンス(James John Trevor Lawrence, さん」の夫人の名からきています。



第2位 Miltonia moreliana              星  隆         11票
a0265160_23142473.jpg
12花茎 14輪 NS 9.0×10.0㎝ Miltonia spectabillis var. morelianaと呼ばれていましたが、現在はミルトニア モレリアナになっています。ブラジル原産の蘭で俗にパンジーオーキッドとも呼ばれ、展開が非常にいいのでスッキリ見えて愛好家が多いと思われます。ミルトニアは暑さに弱い品種が多い中、このモレリアナは比較的暑さに強く栽培は比較的容易です。ただ根をいじられるのが嫌いらしく、植え替えよりも鉢増しの方が失敗しないようです。株分けは特に注意が必要です。



第3位 Robiquetia cerina                豊田 弘      5票
a0265160_23144966.jpg


2.交配種の部
第1位 Cycnoches Tawny             小野 敬一       14票
a0265160_23151971.jpg
1花茎 1輪 NS 10×7.5㎝ シクノチェス タウニーはegertonianum×chlorochilonの交配です。親のクロロキロンは綺麗な黄色の花ですが、この花の褐色はエガートニアナムの褐色が出たものでしょう。小野さんのブログを見ると、以前にも咲いていますが色合いが違うように思います。今年はかなり暑かったのでそのためでしょうか?比較的暑さに強いと言われるクロウェシア、シクノチェス系の花ですが、今年の暑さで筆者の所では何鉢か枯れてしまいました。今年、小野さんの所では、昼間の暑いときにミストシャワーを当てて、株を冷やすようにしたそうでバルブはしっかりと出来ていて、これからの開花が楽しみとのことでした。やはり栽培上手な人はいろいろ工夫をしているのですね。



第2位 Cattleya Pandora Bracey      星  隆      11票
a0265160_23153679.jpg
1花茎 2輪 NS 11.5×13.0㎝ この花はC. Trinette×C. intermediaの交配ですが、1967年の登録なのでかなり古いカトレアの交配種です。派手な色合いでオールド カトレアらしい花ですね。この花の先祖には、この様な派手なクサビの入ったカトレアは無いので、インターメディアの影響が大きいと思われます。ちなみにスプラッシュの入ったカトレアにはインターメディアが、セミアルバのカトレアにはパープラータが入っている事が多いようです。この花もご多分に漏れません。           (大野)



第3位 Paphiopedilum sukhakulii × philippinense        若尾 暢子     9票


3.香りの部
フレグランス賞 Cattleya labiata               宮本 勝
a0265160_23161343.jpg






[PR]
佐々木さんのところでは初めて咲いたそうです。
次回の例会に間に合うかどうかわからないということで写真を撮ってくれました。
セルレア色が何とも言えませんね。
a0265160_16334439.jpg

[PR]
まずはHabenaria medusa
ハベナリア属は世界中に数百種分布しているといわれていて、きれいな花を咲かせるものも多数見かけます。美しい日本のサギ草もハベナリア属の1種です。
たくさんある原種をくまなく見た訳ではありませんが、私の知る限りではこのHabenaria medusaは1、2を争う美しさです。
そのため人気度も高いのですが、休眠中に原因がよく分からないまま球根が枯れてしまったりします。
2~3年植え替えていなかったのですが、今年は何故か元気よく4芽伸びて開花に至りました。4花茎出たのは初めてだったので思わず写真撮りました。
下の方の花が終わりかけているので次の例会までは持たないかも…。
a0265160_01253126.jpg
a0265160_01255656.jpg
a0265160_01263625.jpg

続いてCycnoches loddigesii
シクノチェスの中ではかなり大きな花を咲かせるのが特長。NS11cmくらいあります。
9月例会に同じ花を持参したのですが、今回は株分けしていたもう一方の株が咲きました。
お決まりの1花茎2輪咲き。大きく育てて1花茎に3輪、4輪と咲かせてみたいものです。
ジャスミン調の強い香りがありますよ。好みは分かれると思いますが、私はこの香り好きです。
a0265160_01342451.jpg
a0265160_01345023.jpg



[PR]
   <<<9月度例会のご案内>>>

日時: 平成30年9月23(日) 13:00~17:00

場所: 所沢市立狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 (第1・2会議室)
     〒359-1151 所沢市若狭4-2478-4 TEL04-2949-1191
     (西武池袋線 狭山ヶ丘駅徒歩5分 狭山ヶ丘農協裏)
       平成30年10月度例会予告10月21日

内容
1.会場準備・受付・展示          13:00~13:30
   原種・交配種に分けて展示します。会場内では必ずご自分の名札を着けてください。
2.会長挨拶、事務連絡           13:30~

3.展示株の説明・人気投票・花の解説
   人気投票後、結果の発表と出品花の解説を行います。
4.株市
   健全な株を出品ください。
5.栽培Q&A・診断希望株の栽培アドバイス
   株を持参されるとアドバイスしやすいです。
6.閉会 全員で後片付けしてください。    17:00
   ゴミは各自お持ち帰り願います。


会費: お一人様 500円 (家族・友人も同じです。)

理事会:11:30 ~12:30
    狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 学習室で行います。
    昼食は各自ご用意ください。(欠席の場合は連絡のこと)


    <<<8月度例会報告>>>
    8月の例会 出席者21名、出品者14名、出品株33株

1.会長挨拶、事務連絡
   秋の蘭展・一日旅行・東京ドーム(花と緑の祭典)について案内
2.展示株の説明・人気投票・入賞者表彰・優秀花の解説
   出席者・出品花共に少ないが、見応えのある花あり。
3.栽培Q&A
   カトレアの植え替え時期、エランギスの栽培法等
4.閉会15時50分


[PR]
# by orchid12345 | 2018-09-17 12:11 | 会報 | Comments(0)