2018年1月度入賞花

<<<人気投票>>>

1.原種の部
第1位 Dendrobium lindleyi(Uaeng Phueng)      大野 光朗      12票
a0265160_00012319.jpg
お馴染みのアグレガタムですが、実はこの花ラベルにはDen. Ueang Phueng と記されています。日本語で発音するとウィイェン ファウェンてなとこでしょうか。何の根拠もないのですが、自分のイメージでは台湾で交配され登録されたのでこのような種名になった、と勝手に思っています。本当の所をご存じの方は是非ご教授くださると幸いです。アグレガタムにはやや花の大きなmajusと小輪のjenkinsiiがよく知られていますが、この両変種の交配により作出されたのがUeang Phuengとなる訳です。ですから変種とはいえ同じ原種であるアグレガタムどうしの交配ですので出来上がったものもアグレガタムとなるのですね。この種に交配種名を付けていることに何らかの意味があっての事なのかは不明です。と書いたところで事実がわかりました。RHSではジェンケンシイは変種ではなく独立した種であると認められています。ですので別々の種の交配ということになりUaeng Phueng は立派な交配種として登録されたということです。当会においても以後交配種として扱うことといたします。NS3.4x3cm 9花茎49輪




第2位 Cattleya trianae ’Dan’          星  隆         11票
a0265160_00080899.jpg
数あるトリアネイの品種のなかでも昔からよく知られた品種のひとつです。整形花を上部からソフトにそーっと押しつぶした形の花容と表現したらイメージが湧くでしょうか? 私にはそんな風に見えるのですが皆さんはいかがでしょう。押しつぶされて丸からちょっと楕円に可愛くなりました。それにしてもDNAの不思議を感じます。‘Dan' は ‘Dan'を忠実に織りなす使命以外に為す術がない孤独とジレンマ。‘Dan'と名付けられたトリアネイにはもうひとつorlata ‘Dan'というのがあります。 orlata とは「縁」を意味しており、リップの縁がほぼ一周赤く彩られている形態をあらわしており、その色がより赤くより鮮明であることが価値を上げる要因になっています。ですので、オルラッタと付いてるとある程度リップがぐるっと一周赤く、付いていないと一周とはいかず、色も薄いと想像できる訳です。出品花はorlataがつかないタイプですが‘Dan'の可愛らしさは十分発揮されています。 NS12x13.5cm 1花茎 2輪
  



第3位 Angreacum leonis            佐々木 光次郎       7票
a0265160_00082881.jpg



2.交配種の部
第1位 Cattleya Aloha Case 'Venus'         宮本 勝        14票
a0265160_00084462.jpg
何といっても弁質の厚さが私にとっては一番の魅力です。そして株の剛健さも。ミニパープルにワルケラナを戻し交配してアロハケースが誕生しました。ご存じのようにミニパープルはプミラとワルケラナの交配種ですから、75%がワルケラナの血であるといえます。最初に弁質が良いと書きましたが、良いのは弁質だけじゃなくその色も濃色で、輪の大きさも秀逸です。手元に置いておきたい一株ですが、当会にはミニパープル系の良花をお持ちの方がたくさんいますね。なおラベルはLaeliocattleya Aloha Case となっていますが、pumila が Cattleya となりましたので交配名を Cattleya Aloha Case としております。NS11.7x12cm 1花茎2輪



第2位 Dendrobium Yellow Chinsai ‘Magical Color’     角田 馨      8票
a0265160_00090766.jpg
この株は2014年の当会における栽培教室として提供されたものです。それから3年じっくりと作りこんだ成果が今回十分に発揮されました。昨年は花付きがいまひとつでしたがNS 5.0x4.4cm 22花茎 38輪と賑やかに開花し、花付きが非常に良いこの品種の魅力が溢れています。タイ、ベトナムあたりを原産地とする原種Dendrobium unicumを片親に石斛Dendrobium moniliformeと交配しDendrobium Chinsaiを作出し、さらに中国からボルネオあたりまで生息地を広げる剛健なDendrobium heterocarpum を掛け合わせてイエロー チンサイが出来上がりました。イエローの部分はヘテロカーパムから、見どころのリップに広がる赤色放射状線はユニカムの主張です。




第3位 Cycnodes Taiwan Gold `Taiwan Orange'       中村 スエ      6票
a0265160_00092588.jpg


3.香りの部
フレグランス賞 Cattleya Aloha Case 'Venus'         宮本 勝
a0265160_00084462.jpg

<<<各賞>>>
審査員推奨株  該当なし

[PR]
by orchid12345 | 2018-02-17 00:25 | 例会入賞花・展示花 | Comments(0)