山田さんから Cattleya trianaei (tipo ’Sladen' × tipo JAG) の開花便りが届きました。
整形のチポタイプですね。 NS 11.5cm × 12.5cm もう一つ蕾が出ています。
a0265160_03640100.jpg
[PR]
      <<<12月度例会のご案内>>>

日時: 平成28年12月25日(日) 13:00~16:00

場所: 所沢市立狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 (第1・2会議室)
    〒359-1151 所沢市若狭4-2478-4 TEL04-2949-1191
    (西武池袋線 狭山ヶ丘駅徒歩5分 狭山ヶ丘農協裏)
     平成29年1月度例会予告1月29日(第5日曜日)市役所ギャラリー

内容
1.会場準備・受付・展示          13:00~13:30
   原種・交配種に分けて展示します。会場内では必ずご自分の名札を着けてください。
2.会長挨拶、事務連絡           13:30~

3.展示株の説明・人気投票・花の解説
   人気投票後選考結果の発表と出品花の解説を行います。
4.栽培Q&A・診断希望株の栽培アドバイス
   株を持参されるとアドバイスしやすいです。
5.奥田園芸さん即売会
   万札持って集合!
6.歳末恒例ビンゴ大会
   景品のご提供よろしくお願い致します。
   奥田園芸さんの割引券も当たりますよ!!
7.閉会                  16:00
   16時終了となります。この後「ななかまど」にて忘年会が予定されています。

会費: お一人様 500円 (家族・友人も同じです。)

理事会: 11:30 ~12:30
     狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 学習室で行います。
     昼食は各自ご用意ください。(欠席の場合は連絡のこと)



       <<<11月度例会報告>>>
       新所沢公民館にて例会実施、初めての場所で少々戸惑いもありました。
         11月の例会 出席者28名、出品者12名、出品株46株

1.会長挨拶、事務連絡
   ⇒1日旅行報告、秋の蘭展報告、ドーム進捗、カレンダー、忘年会等
2.京葉洋ラン同好会 須田さん紹介と栽培教室苗(カトレア・デンドロ)の説明

3.展示株の説明・人気投票 ・株市

4.奥田さんによる展示株の解説

5.タイワントキソウ生育状況確認
    ⇒ もうそろそろ植え替えて、暖かいところで発芽を促しましょう。
     早い時期から生育させ、暑がる夏までにバルブを完成させましょう。
6.栽培教室苗の希望者への配布
  ① C. lueddemanniana ‘Caracas’ × C. gigas semi-alba ‘Cesar’
  ② Den. Farmeri-Thyrsiflorum ‘Suda Ⅱ’ × Den. bronckartii ‘Benibotan’
7.奥田さん講演会 「中級向けのラン栽培方法」
   ⇒ 特にデンドロの着花習性等について興味深いお話を頂きました。
[PR]
# by orchid12345 | 2016-12-23 00:10 | 会報 | Comments(0)
2016年11月27日新所沢公民館にて11月度例会が開催されました。
例会で新所沢公民館を使用するのは初めてで、不慣れなところや駐車場に車が停められないなどのトラブルもありましたが、何とか無事例会を実施することができました。
通常使っている狭山ヶ丘コミュニティーセンターの会場に比べ新しくてキレイなのですが、やや小さ目の印象でした。

例会開始前のひととき
a0265160_2339889.jpg


開会に当たって会長挨拶
a0265160_23394892.jpg

会長の話を聞き入る会員
a0265160_23485643.jpg


11月例会では京葉洋ラン同好会の須田さんがおみえになり、ご自分で交配した洋蘭苗2種をご提供いただきました。
①C. lueddemanniana ‘Caracas’ × C. gigas semi-alba ‘Cesar’
②Den. Farmeri-Thyrsiflorum ‘Suda Ⅱ’ × Den. bronckartii ‘Benibotan’
須田さん直々に苗の説明・育て方のアドバイスをして頂きました。
a0265160_23492425.jpg


展示株の説明 出品者一人ずつ丹精込めて育てた株の説明を行います。
a0265160_23512431.jpga0265160_2351371.jpg


人気投票風景
a0265160_23522331.jpg


人気投票入賞者の自慢話
a0265160_23531629.jpga0265160_23533273.jpg


奥田さんによる展示株の解説
a0265160_23541780.jpg


奥田さんによる講演「中級者向けのラン栽培方法」
a0265160_23562583.jpg

[PR]
<<人気投票>>

1.原種の部
第1位 Cym. kanran 'Shinkyoku' ('神曲')     谷亀 高広    12票
a0265160_0205836.jpg
3花茎22輪、NS10.0×6.0cm 薄黄緑色の花が咲いていました。‘神曲‘の産地は、高知県宿毛市西谷、土佐寒蘭の黄花の代表種です。谷亀さんから「温室がなくても霜を避ければ冬越しが可能のようです。以前は、うん????万円と値がつく銘品もあったけれど、最近は手頃に入手できるようになった。」とコメントがありました。学名は、Cymbidium kanranで「日本の植物学の父」と呼ばれる高知県出身の牧野富太郎植物博士によって命名されました。寒蘭は日本の本州以南の暖かい地域に自生する東洋蘭の一種です。昭和50年代までは、広葉樹の森林部で自生している姿を見ることができましたが、現在は、ほとんど自然の中で目にすることができないようで、環境省のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されています。産地により土佐寒蘭(高知県)、日向寒蘭(宮崎県)、紀州寒蘭(和歌山県)に大きく3つに分類されています


第2位 Prosthechea vitellina           宮本 勝      6票
a0265160_0222461.jpg
メキシコ.グァテマラ.ホンジュラスの中米高地(標高1500~2000m)に自生しています。2花茎8輪、NS4.0x3.5cm 朱かかった鮮やかな濃オレンジ色の萼片と花弁、黄色のリップは、目にとまります。2015年3月のGC株です。今まで何回かビテリナを栽培しましたが、夏を越すとトップバルブがなかなか大きくなってくれず、いつの間にかラベルのみになってしまうのが常でした。もともと自生している場所は、冷涼な環境ということが推察されますが、この株は、国内の実生株のせいか夏を越しても株落ちが見られず今のところ順調に生育しています。ひょっとしたら大株になりうる株かもしれません。大事にしていきたいと思います。本種は、25年程前は、エピデンドラム属でしたが、その後エンシクリア属に変更され、近年(2007年から) プロスゼキア属と属名が変更になっています。


第3位 Mormodes sinuata        小野 敬一     5票
a0265160_0255260.jpg



2.交配種の部
第1位 Epi. paniculatum × veroscriptum    小野 敬一     12票
a0265160_0244435.jpg
エピデンドラム属は、中央アメリカ~南アメリカに約700種が広範囲に分布している属で、カトレアとは近縁にあたります。ギリシャ語でエピデンドラムのエピは「上」、デンドラムは「樹」を表し、樹上という意味となります。自生地では、樹木や岩の上に根を張り付かせて生育し、頂部に半ボール状に小輪花を多数咲かせる姿はこの種のもっとも特徴的な立ち姿と言えるでしょう。小野さんから「大場蘭園さんに蘭会の旅行で訪問した時に濃い緑色の垂れ下がったちょっと変わった花が目に留まり、交配種ではありましたが、原種のような味わいを強く残したこの花に惹かれ、濃い緑色が咲くセレクト株で非売品ということでしたが、おねだりの結果ゲットしました。」とコメントがありました。1花茎45輪 NS1.0x3.5cm ツボミ4 唇弁は白く、濃グリーンの小輪花を枝打ちしながら咲いていました。


第2位 Epicatanthe Haiku Twinkle 'Red Elf'    豊田 弘       8票
    (Ctt. Trick or Treat × Epi. ilense )
a0265160_0233168.jpg
3花茎5輪 ツボミ10 NS5.0x4.0cm(リップ幅3.0 cm) 濃紫赤色の萼片と花弁、特に大きな白色のリップは目立ちます。花容は、片親のEpi. ilenseです。上手に生育させると1花茎に10数輪、花がつくようで、そのうえ、同じ花茎から2~3回花を着けるので、1度花を着けると長く花を楽しむことができます。近年、蘭市場に目にすることが少なく、プロの蘭業者も所有していることは少なく、この株の人気を博した当時は、ベストセラーの一品とのことでした。


第3位 Cattleya Sea Breeze            豊田 弘      7票

3.香りの部
フレグランス賞 Cattleya trianaei 'A.C.Burrage'   山田 栄
a0265160_0295830.jpg

[PR]
Clowesia Jumbo Grace × Grace Dunn
去年の3月に配布された、栽培教室株です。
a0265160_11122131.jpg
a0265160_11104322.jpg
[PR]
佐々木さんより、花便りが届きました。

この花B. nodosa × C. labiataの交配で、ノドサのリップにスポットが入ったような花容ですね。
昨年5月にもこの花投稿されています。季節に関係なく咲くタイプのようです。昨年の様子は⇒こちら
a0265160_0434235.jpg
[PR]
山田さんの咲かせたカトレア原種2種です。

Cattleya walkeriana (coerulea 'Edward' × semi-alba 'Tokyo No.1)
NS 8.0 × 8.0cm 小ぶりのワルケです。香りはまったく有りません。この冬は、良く咲いてくれそうです。
a0265160_132769.jpg



Cattleya quadricolor 'M.A.R-840'
NS 9.0 × 11.0 cm セパルが薄いピンク、リップの色が白、赤紅、紫、黄色 香りあり
a0265160_1331718.jpg

[PR]
      <<<11月度例会のご案内>>>

日時: 平成28年11月27日(日) 13:00~17:00

場所: 所沢市立新所沢公民館2階 (学習室5・6号) 場所が変わります。ご注意ください!
    〒359-1111所沢市緑町1丁目8番3号 TEL04-2924-2955
     (西武新宿線 新所沢駅西口より徒歩8分)
      平成28年12月度例会予告12月25日(日)

内容
1.会場準備・受付・展示          13:00~13:30
原種・交配種に分けて展示します。会場内では必ずご自分の名札を着けてください。
2.会長挨拶、事務連絡           13:30~

3.展示株の説明・人気投票・花の解説
   人気投票後選考結果の発表と出品花の解説を行います。
4.栽培相談・アドバイス
   相談したい株をお持ちいただくとアドバイスしやすいです。
5.株市
   通常の株市です。多数の出品お願い致します。
6.栽培教室苗経過観察
   2月に配布したタイワントキソウをお持ちください。落葉していても大丈夫です!
7.講演「中級向けのラン栽培方法」
   奥田園芸  奥田 勝 様
8.閉会 全員で後片付けしてください。    17:00
   ゴミは各自お持ち帰り願います。

会費 :お一人様 500円 (家族・友人も同じです。)

理事会:11:30 ~12:30
     新所沢公民館2階学習室6号で行います。
     昼食は各自ご用意ください。(欠席の場合は連絡のこと)
     例会終了後東京ドーム展示の打ち合わせをRI計画を交えて行います。



       <<<10月度例会報告>>>

    10月の例会 出席者27名、出品者13名、出品株43株

1.会長挨拶・事務連絡
   ⇒秋の蘭展注意事項、秋の見学会、等
2.展示株の説明・人気投票・審査委員による株解説

3.大寄付株市
   ⇒ 豊田さん、星野さん・佐藤さん等より多数寄付株提供あり。
4.タイワントキソウ生育状況確認
   ⇒落葉株は水を切って11月まで寒さに当て、植え替えて暖かい場所で発芽を促す。
5.「冬に向かっての準備」
   ⇒星さんが自宅での作業を紹介、質疑応答
[PR]
# by orchid12345 | 2016-11-25 20:56 | 会報 | Comments(0)
2016年10月23日狭山ヶ丘コミュニティーセンターにて10月度例会が開催されました。

例会開始前風景
a0265160_046157.jpg


開会に当たり会長挨拶
a0265160_046413.jpg


11月秋の蘭展に関する事務連絡
a0265160_0474197.jpg


展示株の説明
a0265160_0481715.jpga0265160_0483436.jpga0265160_0485020.jpg


人気投票風景
a0265160_0493235.jpg


今月は大寄付株市、事前チェックは忘れずに!
a0265160_051214.jpg



今月の行事 「冬に向かっての準備」a0265160_125196.jpg
[PR]
<<人気投票>>
1.原種の部
第1位 Brassavola nodosa           小島 朝男   12票
a0265160_23551074.jpg
10花茎53輪4蕾 NS11.0×8.0cm Brassavola nodosaは、メキシコからブラジルまでの中南米の、シーレベルから海抜500mまでの高さに自生しています。栽培は比較的容易なようです。カトレア類としては、中温度の管理でよく、強い日差しを好むようです。リップが白く、セパルやペタルは緑で、原種としての特徴が良く出ている花です。本入賞花は、花茎数、輪数ともに見事な量で、豪華です。木枠に植えており、株もはみ出すことなく、植え替えも長年していないそうです。ただ花茎が素直に伸びてくれないことがあるそうです。今までに2回入賞しています。大株になると、栽培管理が難しくなりますが、木枠に植えていることでこのように豪華に咲かせることができたのでしょう。


第2位 Rossioglossum grande 'Olympic'    小野 敬一   10票
a0265160_23562050.jpga0265160_23563691.jpg
1花茎4輪 NS12.8×10.3cm Rossioglossum grandeは、グァテマラやメキシコの標高1400から2700mの高地に自生しており、湿気や雨が豊富で、中低温度の環境にあるようです。黄色いセパルやペタルに褐色の斑が入り、花弁の表面にはロウ質のつやがあります。以前にオドントグロッサム属から分離されたものです。自生地がかなりの高地であることから、いわゆるクールオーキッドと言えましょう。本入賞花も冷涼な状態での栽培管理をしているようです。この入賞花は、弁の幅が広く、色も濃いように思います。また、花も大きく、特に以前に1輪のみ咲いたときには一回り大きく、大変迫力のある花でした。ただ、開花が難しく、3年ぶりの花とのことです。


第3位 Angcm. ramosum typicum         豊田 弘   8票
a0265160_02113.jpga0265160_022560.jpg




2.交配種の部
第1位 Cattlianthe Porcia 'Cannizaro'      豊田 弘     14票
a0265160_23575924.jpg
1花茎10輪 NS9.0×8.8cm Cattlianthe Porciaは、C. Armstrongiae x Gur. bowringianaの交配種です。C. Armstrongiaeは、Hardyana(dowiana × warscewiczii) × loddigesiiからなる交配です。このためPorciaは、原種の色が濃い、中輪多花性種の花を咲かせます。1927年サンダーリストに登録された銘品で、この‘Cannizaro’はAOSでFCCを受賞しています。丈夫で増えやすい株ですが、水苔では良く栽培できないそうです。本入賞花は、豊田さんオリジナルブレンドの、「スゴイネ」を主としたミックスコンポストに植えつけられています。水苔をこのコンポストにしたら、良好に生育したとのことです。また、花茎が弱くナメクジにも食害され、これを退治したら良好であった由です。輪数も多く、花も良く展開し、見事です。


第2位 Oncidium Mayfair 'trinity'        星野 和代     8票
a0265160_2359175.jpg
1花茎38輪18蕾 NS3.8×3.9cm Oncidium Mayfairは、Onc.Tiger Hambuhren と Onc.Herb Thoresonとの交配種です。オンシジウムの中では大変珍しく、両方のペタルがリップ化しており、全体が黄色で、通常品種の3倍ぐらいの大きさになります。本入賞花は、自宅3階の風通しのよいところで、水を少なめに栽培しているそうです。株が小さい割に、輪数が多く花も良く展開して大きく、この花の特徴が良く出ています。私も3年前にこの花を購入したのですが、今年は咲きませんでした。高温にならないように、温室の低いところで栽培したのですが、本入賞花のように風通しのよいところで栽培してみます。星野さん、情報ありがとうございました。


第3位 Dendrobium phalaenopsis系      小島 朝男     6票



3.香りの部
フレグランス賞 Cattleya Mini Purple      中村 静枝
a0265160_00055.jpg




<<各賞(審査員推奨)>>
努力賞 Angraecum ramosum typicum     豊田 弘
a0265160_02113.jpga0265160_022560.jpg

[PR]