<   2017年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Phragmipedium longifolium 標高900mの道路際の崖に生えています。自生地は局限されているようですが、この場所では個体数は多いです。
a0265160_23072414.jpg


Phragmipedium longifolium 1個体だけヤブの中ではなく、岩場に生えていて、株の全体像が分かりました。 日当たりの良い場所です。
a0265160_23065734.jpg


Phragmipedium longifoliumが自生している道路際の崖です。 ソブラリアも沢山生えています。
a0265160_23071258.jpg

Sobralia ecuadorensis 標高1500mの道路際の崖に大群落がありました。 自然交雑種でピンクの花のgentryiと白い花のpowelliiとの交雑種です。 「雑種強勢」のためか、この群落の近くには両親の個体は見られず、全部雑種に置き換わってしまっています。
a0265160_23065077.jpg


Comparettia falcata アンデスの山の標高1400mの峠で、独立した日当たりの良い木の高さ1mの所に着生していました。 葉は木の裏側にあって、日が当たりません。 花径2cmの赤ピンクの可愛らしい花です。
a0265160_23063696.jpg


Oncidium obryzatum 標高1300mの所で、樹木の高さ3mの場所に着生していました。花の色が黄色なので、良く目立ちます。
a0265160_23061430.jpg


民家の隣にあるロバの近くの木にOncidium obryzatumが着生しています。 ロバの尾の上の部分です。 日が照って暑い場所です。 車で移動中に、時々Oncidium obryzatumを見ましたが、皆樹木の高い所に着生していました。 個体数は多いようです。
a0265160_23060306.jpg


Stanhopea annulata 標高550mの日陰のジャングルの中で、花径4cmのクリーム色の花が2輪咲いていました。 湿気が高く、セミが沢山鳴いている場所の高さ2mの場所に着生していました。
a0265160_23055484.jpg


崖から滝となって水が落ち、道路が冠水しているアンデスの山道を進みます。
a0265160_23054787.jpg


Epidendrum goodspedianum 標高1700mの道路際の崖のヤブに生えていました。 茎は1.5mある大型種です。
a0265160_23053475.jpg


Epidendrum goodspedianum 花のアップです。 1cmくらいの小花が沢山咲いています。
a0265160_23052588.jpg


Comparettia属、またはSelochilus属です。 標高1700m地点のジャングルの中で、目の高さにぶら下がっていました。 黄色の1cmくらいの大きさの花です。
a0265160_23051815.jpg


Malaxis andicola 数ミリの大きさの小さな花の地生ランです。 花の集まりは2cmくらいの大きさで、緑色のタンポポの花のように見えます。
a0265160_23051078.jpg


Goevenia tingens 標高1700m地点の湿地に生えていました。 花の大きさは1.5cmくらいで、花茎の長さ40cmの地生ランです。
a0265160_23050297.jpg


Epibator hirtzii 属名はZootrophionとも言います。 標高1700m地点で、地上1.5mの場所に着生していました。 黄色いバケツのような全開しない花で、大きさは2cmくらいです。 茎は細長くて、樹木を這っているようです。 薄暗い日陰に生えていました。
a0265160_23045348.jpg


Elleanthus capitatus 小さなピンクの花の集団は5cmくらいで、茎の長さは80cmくらいで、横に倒れています。 個体数は多く、標高1700mの地点です。
a0265160_23043743.jpg


Elleanthus capitatus 黄色い花の個体です。 湿気の多い場所に生えていました。
a0265160_23042815.jpg


Masdevallia polysticta 標高1900mの道路際の崖の岩に着生していました。 周囲に樹木は無く、直射光線が当たります。 花径5cmくらいで、1花茎から多数の花を咲かせる大型株です。 周囲を探しても、この個体1つだけで、個体数は極めて少ないです。 道路から5m以上高い場所です。
a0265160_23041867.jpg


Masdevallia buculenta 標高1900m地点の崖の木の枝に着生していました。 花径2cmの黄色い花で、小型株です。 日光の良く当たる場所です。
a0265160_23040533.jpg


Epidendrum sp. 標高2800mの道路際の日光の良く当たる場所に生えていました。 花径2cmの濃いピンクの花です。 現地の植物ガイドのフランシスコさんによると、交雑しているかも知れないとのことです。
a0265160_23035903.jpg


Epidendrum sp. 標高3200m地点の道路際の崖に生えていました。 草丈は人くらいある大型株です。寒くて、霧が出てきました。
a0265160_23033914.jpg


Epidendrum sp. 同じEpidendrumを近づいて撮影しました。 果実も着いています。
a0265160_23035067.jpg


標高3200m地点の場所は、あっと言う間に霧に包まれました。
a0265160_23032300.jpg


[PR]
滝川先生からお便りが届きました。
滝川先生は精力的に世界中の蘭自生地を訪問されています。今回は二回目のエクアドル紀行です。
蘭自生地の貴重な資料です。ラン栽培の参考に致しましょう。
これから数回に分けてブログに掲載します。

以下滝川先生からのコメントです。

3月にエクアドルのアンデスの山にランを観察しに行って来ました。
エクアドルへの旅行は2回目ですが、前回の旅行とは時期と場所が異なり、
コロンビアとの国境まで行って来ました。 今年のアンデスの山は雨が多く降り、
山道は多くの場所で崖崩れが起きていました。 そんな状況で観察したランの写真を
いくつか御紹介しようと思います。

最初は標高3000mにある植物保護区に行きました。
a0265160_22310728.jpg

Malaxis sodiroi 花径1cm以下の地生ランです。 湿気の多い場所に生えていました。
a0265160_22305944.jpg


Pleurothallis cassidis 1cmくらいの茶色い小花を沢山着け、花穂の長さは約20cmです。崖の地面に生えていました。 個体数は多いです。a0265160_22304762.jpg

Elleanthus gastroglottis ピンクの1cmくらいの小花を房状に着けています。 崖に生えていて、個体数は非常に多いです。
a0265160_22303722.jpg
Acronia bivalvis 属名はPleurothallisとする場合もあります。 花は1cmくらい。崖の土に生えており、個体数は多いです。
a0265160_22301742.jpg

Acronia bivalvis 黄色い花の個体です。
a0265160_22300750.jpg

山道からアンデスの山々を見た景色です。 雲が湧き上がり、雲霧林地帯と思われます。
a0265160_22295390.jpg

Pleurothallis restrepioides 1.5cmくらいの赤褐色の花で、個体数は多いのですが、ツボミばかりのようです。 崖の土に生えていました。
a0265160_22302814.jpg

Epidendrum torquatum 花径2cmのグリーンの花です。 個体数は多く、崖の上部に多く着生しているので、日照を好むと思われます。
a0265160_22293774.jpg

Epidendrum geminiflorum 花径4cmの花が2輪対になって咲きます。 咲き始めは黄色です。ヤブの中に生えていて、個体数は多いです。
a0265160_22291559.jpg

Epidendrum geminiflorum 開花してから時間が経つと、茶褐色になります。
a0265160_22283140.jpg

Stelis sp. 黄色い小花を沢山着けた穂の長さは10cmくらいで、個体数は非常に多く、「ランの雑草」のようなものです。 崖の土や、樹木に着生しています。
a0265160_22290243.jpg

標高3000mの山道を登って行きます。 少し早く歩くと呼吸が苦しくなります。右側の崖や左側のヤブにランが生えています。
a0265160_22285288.jpg

Epidendrum coryophorum 一輪が6mmくらいの黒い小花を穂状に咲かせています。穂の長さは10cmで、個体数は少ないです。 樹木の地上50cmの場所に着生していました。
a0265160_22284366.jpg

Epidendrum diothonoeoides 花径4cmの赤茶色の花です。 崖の上部に咲いているので、日照を好むようです。
a0265160_22292992.jpg

標高1800mにある、ランの保護園の看板です。
a0265160_22282277.jpg

Elleanthus robustus 草丈は人の背丈ほどあります。 日当たりの良い場所に生えていました。
a0265160_22275647.jpg

Elleanthus sp. 草丈は人の背丈ほどあります。 日当たりの良い場所に生えていました。
a0265160_22280886.jpg

Dracula chimaera 葉の長さは30cmくらいある大型のDraculaです。 樹木の地上2.5mの所に着生。湿気が多く、薄暗い場所です。
a0265160_22274760.jpg

Stanhopea sp. 地上1.5mの樹木に着生。ツボミの大きさは10cmくらいあり、かなり大きい。湿気の多い、薄暗い場所です。
a0265160_22273719.jpg

Dracula felix 花径2cmの白い花を咲かせる小型のDracula。 地上1.5mの樹木に着生。湿気の多い、薄暗い場所で、コケに埋もれていました。
a0265160_22272783.jpg

Maxillaria reichenheimiana 花径4cmで、花弁もガク片も細長い。 薄暗い湿気の多い場所に、コケに埋もれて生えていました。 地上2mの場所です。 非常に花着きの良い種類です。
a0265160_22271713.jpg


[PR]
2017年4月23日狭山ヶ丘コミュニティーセンターにて4月度例会が開催されました。

受付
a0265160_22473948.jpg
須田さん交配のデンドロ配布苗
a0265160_22474786.jpg
もう直ぐ例会始まりますよ~!
a0265160_22475703.jpg
展示株の説明
a0265160_22481616.jpg
人気投票風景
a0265160_22482519.jpg
「植え込み材料の研究」
a0265160_22483999.jpg
[PR]
<<入賞花>>
1.原種の部
第1位 Cattleya nobilior fma. amaliae (' Perfection' ×' Summerland')   佐藤 俊男   13票a0265160_22132555.jpg

第2位 Paphiopedilum emersonii              堀 清次     8票
a0265160_22134033.jpg

第3位 Renanthera citrina           小野 敬一     7票
a0265160_22135429.jpg

2.交配種の部
第1位 Dendrobium Stardust × Puti Parasol      星野 和代   11票
a0265160_22142047.jpg

第2位 Vanda Robert's Delight ' Big Blue'        小島 朝男     8票
a0265160_22145041.jpg

第3位 Anacamptis(Orchis) Gennari      谷亀 高広    6票
a0265160_22144082.jpg

香りの部
フレグランス賞 Neostylis Pinky 'New Star'        高久 秀雄
a0265160_22140375.jpg

各賞(審査員推奨)
栽培技術賞 Dendrobium Stardust × Puti Parasol    星野 和代
a0265160_22142047.jpg
栽培技術賞 Paphiopedilum emersonii       堀 清次
a0265160_22134033.jpg
良個体賞 Anacamptis(Orchis) Bornemanni        谷亀 高広
写真なし
[PR]