<   2017年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

      <<<3月度例会のご案内>>>

日時: 平成29年3月26日(日)13:00~17:00

場所: 所沢市立狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 (第1・2会議室)
     〒359-1151 所沢市若狭4-2478-4 TEL 04-2949-1191
     (西武池袋線 狭山ヶ丘駅徒歩5分 狭山ヶ丘農協裏)
       平成29年4月度例会予告4月23日(日)

内容
1.会場準備・受付・展示          13:00~13:30
原種・交配種に分けて展示します。会場内では必ずご自分の名札を着けてください。
2.会長挨拶、事務連絡           13:30~
3.展示株の説明・人気投票・花の解説
   人気投票後選考結果の発表と出品花の解説を行います。
4.株市
   通常の株市です。
5.栽培Q&A・診断希望株の栽培アドバイス
   株を持参されるとアドバイスしやすいです。
6.植え替え講習
   講習を受けたい人は植え替えたい株と鉢を持参、水苔は会で準備します
   会場で植え替えをして頂きベテランが指導します。
7.閉会                  17:00
会費 :お一人様 500円 (家族・友人も同じです。)

理事会:11:00 ~12:30
    来年度に向けた協議のため、30分早いです。遅れないようにご参集ください。
    狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 学習室で行います。
    昼食は各自ご用意ください。(欠席の場合は連絡のこと)





       <<<2月度例会報告>>>

        2月の例会 出席者32名、出品者19名、出品株107株

1.会長挨拶、事務連絡
   ⇒ 新入会員市村さん紹介、ミズゴケ販売、春のらん展予定、東京ドームらん展報告等
2.展示株の説明・人気投票・入賞者表彰 ⇒100株を超える展示株で賑やか

3.栽培Q&A ⇒ 山田さんの株についてアドバイス

4.「私の肥料、活力剤、殺菌殺虫剤」 会員の経験談を紹介
   ⇒「墨汁と殺菌剤を混ぜて患部に塗る」「リカステに消石灰の上澄み液を散布」「バイオゴールドバイタルをファレノに遣ると葉が落ちる」
    「HB101効果あるの?」等

[PR]
2017年2月26日狭山ヶ丘コミュニティーセンターにて2月度例会が開催されました。

例会開始前風景
a0265160_1434332.jpg


東京ドーム世界らん展報告
a0265160_14354258.jpg


展示株説明
a0265160_1436957.jpga0265160_14362565.jpg


人気投票風景
a0265160_1439010.jpg


栽培相談
a0265160_14392217.jpg

[PR]
<<人気投票>>

1.原種の部
第1位 Papilionanthe teres ‘Oyamazaki’        堀 清次   13票
8花茎13輪6蕾NS6.0×6.0cm Papilionanthe(旧Vanda) teresはヴェトナム、ラオス、タイ、からバングラデシュ、ヒマラヤなどの高温でよく日の当たる地域に自生しています。'Oyamazaki'は、京都・大山崎に在住のかたが選別した個体で、立派な大輪花です。神戸国際らん展で受賞しているようです(FCC/IOK・・・International Orchid Fair Kobe)。本栽培株は、ペタルやセパルが薄いピンク色で、リップが赤紫地に黄色の脈パターンが入っています。特にリップの色が濃いように思います。株が立派で根も良く張り出しており、このため、色が濃く、また大きい花が咲いているのではないでしょうか。朝から午後3~4時まで直射日光にあて、水遣りは株全身に浴びせる栽培をしているそうです。
a0265160_2248371.jpg


第2位 Vanda coerulescens              小野 敬一   11票
2花茎45輪1蕾NS3.0×2.0cm Vanda coerulescensは青色のバンダで、インド(アッサム地方)からタイの高地300~1200mの、温暖~冷涼な所に自生しています。他の青色のVanda coeruleaは、インド~タイの800~1700mに自生しており、coeruleaよりはクールの環境で無くても良いようです。coeruleaは、色が濃く網目模様がはいっていますが、coerulescensは、色が薄い空色で、均一に着色されています。しかし本栽培株は、セパルペタルがねじれずフラットに展開し比較的濃い空色で特にリップが濃く良花と思います。株も大きく良く育っておりこのため輪数も多く咲いています。また、お香の匂いがするのも好ましいと思います。6年前に入手し水遣りは毎日しているそうです。2花茎も伸びたのは今回初めてだそうです。よく栽培され良い結果が得られた株と言えましょう。
a0265160_22491057.jpg


第3位 Dendrochilum cobbianum           星野 和代    6票

a0265160_1451985.jpg



2.交配種の部
第1位 Dendrobium Pixie Princess 'H&R'        小島 朝男   10票
12花茎 輪数約400輪 NS3.5×2.0cm Dendrobium Pixie Princessは、Den. Pixie Nani × Den. canaliculatumの交配種で、1986年に登録されています。Den. canaliculatumは、オーストラリアからニューギニアの標高500m以下の低地に自生しています。この為か、Pixie Princessは比較的高温を好み丈夫な花です。ペタル・セパル共にレモンイエローでリップが濃い紫色となり、この対比が魅力的です。本入賞株は長年栽培していましたが下葉が垂れ下がって、また花が絡み合うなどするので温室の隅に置かれていましたがスパチュラータブームで見直され再び手間をかけて栽培始めたそうです。その甲斐あってか12花茎も伸び輪数も数えきれないほど開花し見事に咲いていました。
a0265160_22523153.jpg


第2位 Cattlianthe Blue Pacific            佐藤 俊男    8票
5花茎25輪6蕾NS10.0×10.0cm Catt. Blue Pacific は、Catt. Mariner X C. labiataの交配種で、1973年に登録されています。片親が原種のラビアータですが、ブルー系統のカトレアとしては花型がいいと思います。本栽培株は、花が25輪6蕾、また5花茎と非常に良好に育った株です。20年ほど栽培しており大分株分けしたそうです。大株になってからは平鉢に植え水遣りは多めにしているとのこと。しかし、それだけではこれほどの大株に育てるのには栽培管理が足りないと思います。佐藤さんはカトレア系統の栽培で原種を始めとして多くの困難な株を育てています。日照、水の乾燥(湿度)、通風など、そのほかの栽培環境も本入賞株のような大株づくりに寄与したのではないでしょうか。このような環境作りはノウハウのようなものでその技量はいつもながら羨ましいものです。
a0265160_2253583.jpg


第3位 Cattlianthe Dixie Jewels ‘Suzuki’        豊田 弘    6票
a0265160_1445630.jpg



3.香りの部
フレグランス賞 Cattleya nobilior           山田 榮
a0265160_1454611.jpg



<<各賞(審査委員推奨)>>
良個体賞 Vanda coerulescens           小野 敬一   11票
a0265160_22491057.jpg



<<展示花>>
Clowesia Rebecca Northen 'Mikkabi'         堀 清次
a0265160_1442979.jpg


Den. sp                      堀 清次
a0265160_1472382.jpg


Lepanthes escobariana              小野 敬一
a0265160_149018.jpg


Clowesia warczewitzii               小野 敬一
a0265160_1495446.jpg


Cattleychea Orange Stardust 'Masumi'       宮本 勝
a0265160_1525031.jpg

[PR]
2017年春の洋らん展を3/16~3/19の4日間、所沢市小手指市民ギャラリーエバーにて開催しました。
たくさんのご来場ありがとうございました。4日間の来場者総数は586名でした。

開催初日には特に多くの方々にご来場いただきました。
a0265160_21453623.jpga0265160_21453426.jpga0265160_21453512.jpg


余剰株コーナーも大人気
a0265160_21453468.jpg


埼玉テレビ、J:COMテレビからの取材もあり、当日(3/16)の夕方・夜に洋らん展の様子が放映されました。
a0265160_21453321.jpga0265160_21453541.jpg

[PR]
市長賞  堀  清次 Papilionanthe teres ‘Oyamazaki’
a0265160_19590680.jpg

会長賞  小野 敬一 Cattleya intermedia aquinii vinicolor
a0265160_19583445.jpg

山田賞  星野 和代 Clowesetum Enoshima
a0265160_19590761.jpg

蘭友会賞  佐藤 俊男 Cattleya nobilior
a0265160_19590672.jpg

全日本蘭協会賞  豊田 弘 Cattleya intermedia aquinii coerulea
a0265160_19590867.jpg

埼玉洋蘭会賞  小島 朝男 Cattleya jongheana
a0265160_19583546.jpg

横浜蘭友会賞  宮本 勝 Paphiopedilum micranthum
a0265160_19583559.jpg

京葉洋ラン同好会賞   岩田美穂子 Caulaelia Mizoguchi‘Princess Kiko’
a0265160_19583686.jpg

むさしの蘭会賞  星 隆 Guaricyclia Kyoguchi ‘Happy Field’
a0265160_19583576.jpg

入間洋蘭会賞  中村 スエ Orchis Bornemannii 'Moon Princess'
a0265160_19583456.jpg

㈱ローザ特殊化粧料賞  若尾 暢子 Epicattleya Rene Marques 'Flame Thrower'
a0265160_19590828.jpg

中藤洋蘭園賞  中村 静枝 Rhyncholaeliocattleya Alma Kee 'Tipmalee'
a0265160_19590820.jpg

所沢植木鉢センター賞  宮原 十九美 Lycaste Shoalhaven
a0265160_19590706.jpg

[PR]
星野さんが咲かせたClowesetum Enoshimaです。
交配親は、Clowesia warczewitzii × Clowesetum Cosmo-Grace ´K-138'

「20155月に根岸で買った株が咲きました。どんな花が咲くかも分からないで買いましたが、綺麗なグリーンで、気に入りました。」とのこと。

確かにいい花です。みんな欲しがると思いますよ。

a0265160_22243257.jpg


[PR]