<   2016年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

      <<<11月度例会のご案内>>>

日時: 平成28年11月27日(日) 13:00~17:00

場所: 所沢市立新所沢公民館2階 (学習室5・6号) 場所が変わります。ご注意ください!
    〒359-1111所沢市緑町1丁目8番3号 TEL04-2924-2955
     (西武新宿線 新所沢駅西口より徒歩8分)
      平成28年12月度例会予告12月25日(日)

内容
1.会場準備・受付・展示          13:00~13:30
原種・交配種に分けて展示します。会場内では必ずご自分の名札を着けてください。
2.会長挨拶、事務連絡           13:30~

3.展示株の説明・人気投票・花の解説
   人気投票後選考結果の発表と出品花の解説を行います。
4.栽培相談・アドバイス
   相談したい株をお持ちいただくとアドバイスしやすいです。
5.株市
   通常の株市です。多数の出品お願い致します。
6.栽培教室苗経過観察
   2月に配布したタイワントキソウをお持ちください。落葉していても大丈夫です!
7.講演「中級向けのラン栽培方法」
   奥田園芸  奥田 勝 様
8.閉会 全員で後片付けしてください。    17:00
   ゴミは各自お持ち帰り願います。

会費 :お一人様 500円 (家族・友人も同じです。)

理事会:11:30 ~12:30
     新所沢公民館2階学習室6号で行います。
     昼食は各自ご用意ください。(欠席の場合は連絡のこと)
     例会終了後東京ドーム展示の打ち合わせをRI計画を交えて行います。



       <<<10月度例会報告>>>

    10月の例会 出席者27名、出品者13名、出品株43株

1.会長挨拶・事務連絡
   ⇒秋の蘭展注意事項、秋の見学会、等
2.展示株の説明・人気投票・審査委員による株解説

3.大寄付株市
   ⇒ 豊田さん、星野さん・佐藤さん等より多数寄付株提供あり。
4.タイワントキソウ生育状況確認
   ⇒落葉株は水を切って11月まで寒さに当て、植え替えて暖かい場所で発芽を促す。
5.「冬に向かっての準備」
   ⇒星さんが自宅での作業を紹介、質疑応答
[PR]
2016年10月23日狭山ヶ丘コミュニティーセンターにて10月度例会が開催されました。

例会開始前風景
a0265160_046157.jpg


開会に当たり会長挨拶
a0265160_046413.jpg


11月秋の蘭展に関する事務連絡
a0265160_0474197.jpg


展示株の説明
a0265160_0481715.jpga0265160_0483436.jpga0265160_0485020.jpg


人気投票風景
a0265160_0493235.jpg


今月は大寄付株市、事前チェックは忘れずに!
a0265160_051214.jpg



今月の行事 「冬に向かっての準備」a0265160_125196.jpg
[PR]
<<人気投票>>
1.原種の部
第1位 Brassavola nodosa           小島 朝男   12票
a0265160_23551074.jpg
10花茎53輪4蕾 NS11.0×8.0cm Brassavola nodosaは、メキシコからブラジルまでの中南米の、シーレベルから海抜500mまでの高さに自生しています。栽培は比較的容易なようです。カトレア類としては、中温度の管理でよく、強い日差しを好むようです。リップが白く、セパルやペタルは緑で、原種としての特徴が良く出ている花です。本入賞花は、花茎数、輪数ともに見事な量で、豪華です。木枠に植えており、株もはみ出すことなく、植え替えも長年していないそうです。ただ花茎が素直に伸びてくれないことがあるそうです。今までに2回入賞しています。大株になると、栽培管理が難しくなりますが、木枠に植えていることでこのように豪華に咲かせることができたのでしょう。


第2位 Rossioglossum grande 'Olympic'    小野 敬一   10票
a0265160_23562050.jpga0265160_23563691.jpg
1花茎4輪 NS12.8×10.3cm Rossioglossum grandeは、グァテマラやメキシコの標高1400から2700mの高地に自生しており、湿気や雨が豊富で、中低温度の環境にあるようです。黄色いセパルやペタルに褐色の斑が入り、花弁の表面にはロウ質のつやがあります。以前にオドントグロッサム属から分離されたものです。自生地がかなりの高地であることから、いわゆるクールオーキッドと言えましょう。本入賞花も冷涼な状態での栽培管理をしているようです。この入賞花は、弁の幅が広く、色も濃いように思います。また、花も大きく、特に以前に1輪のみ咲いたときには一回り大きく、大変迫力のある花でした。ただ、開花が難しく、3年ぶりの花とのことです。


第3位 Angcm. ramosum typicum         豊田 弘   8票
a0265160_02113.jpga0265160_022560.jpg




2.交配種の部
第1位 Cattlianthe Porcia 'Cannizaro'      豊田 弘     14票
a0265160_23575924.jpg
1花茎10輪 NS9.0×8.8cm Cattlianthe Porciaは、C. Armstrongiae x Gur. bowringianaの交配種です。C. Armstrongiaeは、Hardyana(dowiana × warscewiczii) × loddigesiiからなる交配です。このためPorciaは、原種の色が濃い、中輪多花性種の花を咲かせます。1927年サンダーリストに登録された銘品で、この‘Cannizaro’はAOSでFCCを受賞しています。丈夫で増えやすい株ですが、水苔では良く栽培できないそうです。本入賞花は、豊田さんオリジナルブレンドの、「スゴイネ」を主としたミックスコンポストに植えつけられています。水苔をこのコンポストにしたら、良好に生育したとのことです。また、花茎が弱くナメクジにも食害され、これを退治したら良好であった由です。輪数も多く、花も良く展開し、見事です。


第2位 Oncidium Mayfair 'trinity'        星野 和代     8票
a0265160_2359175.jpg
1花茎38輪18蕾 NS3.8×3.9cm Oncidium Mayfairは、Onc.Tiger Hambuhren と Onc.Herb Thoresonとの交配種です。オンシジウムの中では大変珍しく、両方のペタルがリップ化しており、全体が黄色で、通常品種の3倍ぐらいの大きさになります。本入賞花は、自宅3階の風通しのよいところで、水を少なめに栽培しているそうです。株が小さい割に、輪数が多く花も良く展開して大きく、この花の特徴が良く出ています。私も3年前にこの花を購入したのですが、今年は咲きませんでした。高温にならないように、温室の低いところで栽培したのですが、本入賞花のように風通しのよいところで栽培してみます。星野さん、情報ありがとうございました。


第3位 Dendrobium phalaenopsis系      小島 朝男     6票



3.香りの部
フレグランス賞 Cattleya Mini Purple      中村 静枝
a0265160_00055.jpg




<<各賞(審査員推奨)>>
努力賞 Angraecum ramosum typicum     豊田 弘
a0265160_02113.jpga0265160_022560.jpg

[PR]
2011年8月に株市で購入したC. trianaei 'A.C.Burrage' が咲いたと山田さんからお便りが届きました。
NS 12.5×13.0cm
ペタルが広くて'A.C.Burrage'らしいとてもいい花が咲きましたね!
a0265160_1542871.jpg
[PR]
2016年11月19日(土)群馬県前橋市の岡田蘭園で開催されている「原種カトレヤと世界の洋らんフェスタ」と世界遺産に指定されて人気急上昇の「富岡製糸場」を見学してきました。
朝あいにくの雨模様でしたが、昼ごろには雨も止み、楽しく旅行を楽しむことができました。
帰りの高速も渋滞なく17時過ぎには新所沢駅に到着しました。
参加された方お疲れさまでした。

所沢駅を8時に出発し、岡田蘭園には10時前に到着
a0265160_23241335.jpg


出品株の展示場には立派で豪華な花がズラリ! ヨダレが落ちそうです。
Bulb. penduliscapum 'Buntot ni Cat' CBM/JOGA
a0265160_23264176.jpg


Den. papilio ’Snow Fairy'
a0265160_2327380.jpg


Phrag. kovachii 'Ikuko Ⅱ’
a0265160_23273683.jpg


C. maxima semi-alba
a0265160_2328253.jpg


Bulbophyllum Elizabeth Ann ‘Buckleberry’
a0265160_23283180.jpg


多数の蘭屋さんが出店 賑やかな即売場
まずは財源のチェック、チェック
a0265160_23315381.jpga0265160_23323854.jpg


一回りしたのでちょっとお茶でも飲んで休憩しますかねぇ。
a0265160_23355180.jpg


お昼は予約していた鶏飯弁当 胸肉が柔らかく、味がしみ込んでいてなかなか美味い!
a0265160_23373190.jpg


午後からは富岡製糸場見学
まずは全員で記念写真から
a0265160_23394751.jpg


ガイドさんに場内の説明をお願いしました。
a0265160_2341647.jpga0265160_23413478.jpg
a0265160_2342532.jpga0265160_23422078.jpg
[PR]
市長賞  堀  清次  Bulbophyllum rothschildianum ‘Seijikun ’
a0265160_16137.jpg


会長賞  豊田  弘   Phragmipedium besseae
a0265160_164123.jpg


山田賞  佐藤 俊男  C. Moscombe ‘Grace’ × C. Stephen Oliver Fouraker
a0265160_171915.jpg


蘭友会賞  小島 朝男   Brassavola nodosa
a0265160_175227.jpg


全日本蘭協会賞  小野 敬一  Rossioglossum grande ‘Olympic’
a0265160_181946.jpg


埼玉洋蘭会賞  星野 和代   Phalaenopsis lindenii
a0265160_184681.jpg


横浜蘭友会賞  林 美代子   Clowesetum Jumbo Lace
a0265160_19629.jpg


京葉洋ラン同好会賞  中村 スエ   Miltassia Charles M Fitch
a0265160_195850.jpg


むさしの蘭会賞  西郷 数秀  Cattleya maxima semi-alba ‘La Pedrena ’
a0265160_1103053.jpg


入間洋蘭会賞  大野 光朗   Cycnodes Taiwan Gold ‘Taiwan Orange’
a0265160_1104693.jpg


㈱ローザ特殊化粧料賞  星   隆   Aerangis luteoalba var.rhodosticta
a0265160_1122540.jpg


奥田園芸賞  山田 栄      Cattleya cernua
a0265160_112492.jpg


所沢植木鉢センター賞  長縄 和子    Stenoglottis longifolia
a0265160_1131073.jpg

[PR]
「秋の洋蘭展」を2016年11月3日(木・祝)~11月6日(日)の日程で所沢市小手指市民ギャラリーエバー(東棟2F)にて開催しました。
多数のご来場ありがとうございました。

次回らん展は2017年1月30~31日 所沢市役所市民ギャラリーにて開催の予定です。

来場者を迎えるエントランスの花々
a0265160_052950.jpg


入賞花の数々
a0265160_1185776.jpg


多数ご来場いただきました。
a0265160_0532286.jpga0265160_0533575.jpg


植物画(ボタニカルアート)に興味津々
a0265160_0545479.jpg



植物画の絵葉書も大人気
a0265160_0562798.jpg


ケーブルテレビ J-COMさんが取材に訪れました。
蘭展の内容が11月4日夕方のニュースで放映されました。
a0265160_0582338.jpg

[PR]
2016年11月3日(木・祝)~6日(日)の日程で秋の洋蘭展を開催します。
多数のご来場お待ちしています。
詳細は下記案内をご覧ください。
a0265160_015425.jpg
[PR]