<   2015年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2015年8月23日狭山ヶ丘コミュニティセンターで8月度例会が行われました。

例会開始前のひと時
a0265160_17561598.jpg


吉川さんの栽培株市に興味津々
a0265160_17565946.jpg


会長挨拶
a0265160_1758101.jpg


みなさん自慢の株説明に力がこもっています。
a0265160_17594359.jpga0265160_17595914.jpga0265160_1801562.jpg


いつもの人気投票風景
a0265160_1805026.jpg


人気投票入賞者喜びの笑顔
a0265160_1822597.jpg


良個体賞フラグミ ベッセの解説
a0265160_1833472.jpg

[PR]
          <<<8月度例会のご案内>>>

日時:   平成27年8月23日(日) 13:00~17:00

場所:   所沢市立狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 (第1・2会議室)
       〒359-1151 所沢市若狭4-2478-4 TEL04-2949-1191
        (西武池袋線 狭山ヶ丘駅徒歩5分 狭山ヶ丘農協裏)

         平成27年9月度例会予告9月27日(日) 

内容
1.会場準備・受付・展示             13:00~13:30
  原種・交配種に分けて展示します。会場内では必ずご自分の名札を着けてください。
2.会長挨拶、事務連絡              13:30~

3.展示株の説明・人気投票・花の解説
  人気投票後選考結果の発表と出品花の解説を行います。
4.栽培Q&A・診断希望株の栽培アドバイス
  株を持参されるとアドバイスしやすいです。
5.「私と洋蘭」ベテラン会員に聞く
  洋蘭入門から栽培の極意まで  出席:小野 西郷 宮本 星野、 司会:小島
6.閉会 全員で後片付けしてください。       17:00
  ゴミは各自お持ち帰り願います。

会費:  お一人様 500円 (家族・友人も同じです。)

理事会:11:30 ~12:30
     狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 学習室で行います。
     昼食は各自ご用意ください。(欠席の場合は連絡のこと)


           <<<7月度例会報告>>>
        航空公園内 エコトコ・ファーマーズカフェにて納涼の夕べ例会
        7月の例会 出席者25名、出品者9名、出品株14株

1.会長挨拶、事務連絡 ⇒ 今回初めての18時より開始

2.豊田さんの音頭で乾杯 飲食・歓談 ⇒ コース料理と飲み放題のお酒を堪能しました。

3.展示株説明・人気投票
  ⇒ この暑さで出品株少ない。 株数少ないので原種・交配種まとめて展示
4.目についた出品花の解説 ⇒ 中村スエさんのNageliella purpurea 努力賞獲得

5.人気投票結果発表・表彰

6.閉会 19:50
[PR]
2015年7月26日 納涼の夕べ例会「蘭と料理とおしゃべりと」と題して所沢航空発祥記念館1階 エコトコ・ファーマーズカフェにて18時より開催されました。
これまでの例会とは異なり夕刻からの納涼例会で、コース料理と飲み放題のお酒を堪能しました。

エコトコ・ファーマーズカフェは航空公園内にあります。
a0265160_23452995.jpga0265160_23455122.jpg


理事会後会場づくり開始
a0265160_23442023.jpg


まずは会長挨拶から
a0265160_23505025.jpg


豊田さんの乾杯の音頭で納涼会スタート
a0265160_23515468.jpg


楽しい歓談のひと時
a0265160_23525997.jpg


展示株の説明
a0265160_2354719.jpga0265160_23542930.jpg


人気投票風景
a0265160_23561039.jpg


人気投票入賞者への記念品授与
a0265160_2357495.jpg

[PR]
<<<人気投票>>>
第1位 Vandachostylis Blue Star        星野 和代   13票
a0265160_0191680.jpg
この類が出てくると、いつもこんがらかってしまいます。ヨネザワラとダーウィナラと呼ばれていた属の例のやつです。ざっくり言ってしまうと、ヨネザワラは3属間交配で、ダーウィナラは4属間交配です。バンダ、ネオフィネティア、リンコスティルスの3属がヨネザワラ、それにアスコセントラムが加わってダーウィナラとなります。もちろん交配の順序は異なりますが、こう記すと解りやすいですね。そして、属の再編によりフウランのネオフィネティアがバンダへ移行され、ヨネザワラ属は消滅し、バンダとリンコスティルス属の2属間交配種、バンダコスティルス属のブルースターとなったのです。一方のダーウィナラは3属交配でバスコスティルスとなったと理解しています。一般的にはブルースターの紫色は薄めと言われますが、どうしてなかなかの濃色良花です。加えて特筆すべきは下葉がまったく落ちることなく、生き生きと双生させ、みごとな株姿を維持していることに敬意を表します。 1花茎 9輪 NS4.5x4cm

第2位 Cattleya Batemaniana    豊田 弘     12票
a0265160_0203920.jpg
私がこの会に入会した約25年程前、その頃このミニの交配種バテマニアナの全盛期だったような気がします。‘グッドホープ’‘プリズムパレット’などの個体名を持った優秀花が一世を風靡していました。前者は白とラベンダーのスプラッシュが微妙なグラデーションをなして美しく、後者はプリズムに恥じない黄色で彩られた多色のスプラッシュ花だったと記憶しています。そしてお馴染みの‘ショーナン’ときて、こちらは相模洋蘭園の選抜個体であると解るわけです。いずれも片親のC. intermedia aquiniiの配合具合によってそれぞれのスプラッシュ花の器量が決定付けられるのですから、出来不出来は神の御技と思うほかありません。首が弱く、下向きに咲くことが多いのですが、まっすぐ前向きにデスプレイしてくれましたので、花の美しさが確かめられました。片親のコクシネアはソフロニティスからカトレア属へ移行しましたので、標記はCattleyaとなります。それにしても、この繊細なミディ種を約30年も綿々と栽培し続けるのは並大抵のことではありません。2花茎3輪 つぼみ3 NS5x6cm

第3位 Podangis dactyloceras    堀  清次    9票
a0265160_0215570.jpg
エランギスに類縁なるも、1属1種の特異な且つ愛すべき小型 アンゴロイドです。1属1種ということは、他に類なるものが見当たらないということの証ですから、小型種といえど手元に置いて、咲いた花をじっくりと愛でたい種であることは言うまでもありません。透明感のある白一色花が、距を伴ってグリーンのコラムをおおうように正 面を向いて咲いた姿は実に愛らしいものです。西アフリカ、ザイールあたりを原産地としますが、長年株を健全に栽培するのは、なかなかの難敵と承知すべきです。1年目あたりは順調に育っていると油断してると、下葉が黄変して順番にはらはらと落ちて劣化してしまい、いつしか御昇天。ただし芽吹きは良く、1芽で入手しても2~3年で3~4芽に増殖し、それら子株にも花芽を付けて、賑やかに咲いてくれるのです。繰り返しますが、株が健全であればです。水好きであること、劣化したミズゴケを嫌うこと、定期的な消毒を欠かさないことが健全の条件と思います。10花茎 111輪 NS0.9x0.9cm

第3位 Paphiopedilum niveum    堀 清次    9票

<<<各賞>>>
努力賞  Nageliella purpurea     中村 スエ

<<<展示花>>>
Cattleya harrisoniana          小島 朝男
a0265160_044234.jpg

[PR]
佐々木さんより開花の便りが届きました。
富永さんの分け株だそうです。
C.Interglossa (intermedia × amethystoglossa) coerulea
この暑い中よく咲きましたね!
a0265160_14315449.jpg
[PR]