<   2015年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

山田さんが咲かせたRhyncholaelia glauca 'Good Var'です。
となりにツボミも見えているので当分楽しめそうです。
a0265160_23503081.jpg



2輪目も見事に咲きました!
a0265160_2127337.jpg

[PR]
2015年1月25日1月度例会が開催されました。

今回も狭山ヶ丘コミュニティセンターの確保が出来なかったため三ケ島公民館での開催となりました。
駅から離れていてちょっと不便なところでしたが参加者は30名を超え盛況でした。ただ、会場が狭かったですね。

例会冒頭まずは会長挨拶から
a0265160_19251568.jpg


持参した花を各自説明します。
a0265160_19261418.jpga0265160_19263050.jpga0265160_19264452.jpga0265160_19265764.jpga0265160_1927139.jpga0265160_19272821.jpg


人気投票風景
a0265160_1928112.jpga0265160_19281547.jpg


人気投票入賞者コメント
a0265160_1929997.jpg


栽培教室苗経過観察と栽培アドバイス
a0265160_1930113.jpg


佐々木邸栽培環境紹介
a0265160_19321935.jpg
[PR]
           <<<1月度例会のご案内>>>

日時:  平成27年1月25日(日) 13:00~17:00

場所:  所沢市三ケ島公民館 学習室2号 また例会場が変わります。ご注意ください。
      〒359-1161 所沢市三ヶ島5丁目1639番地の1 TEL: 04-2948-1204
      狭山ヶ丘駅西口からところバス西路線三ケ島循環コース「三ケ島公民館」下車

        平成27年3月度例会は3月22日(日)です。

内容
1.会場準備・受付・展示              13:00~13:30
    原種・交配種に分けて展示します。会場内では必ずご自分の名札を着けてください。
2.会長挨拶、事務連絡               13:30~

3.展示株の説明・人気投票・花の解説
    人気投票後選考結果の発表と出品花の解説を行います。
4.栽培Q&A・診断希望株の栽培アドバイス
    株を持参されるとアドバイスしやすいです。
5.株市
    久し振りの株市です。多数出品ください。
6.栽培教室苗経過観察              大野さん
    昨年配布したエランギス・シトラータ、デンドロ・イエローチンサイ、プロステケア・ビテリナをお持ちください。
7.東京ドーム出品の注意点
    東京ドーム世界らん展ディスプレイ出品での荷造り等注意点をお話しします。
8.栽培環境紹介                  佐々木さん
    佐々木さん宅の栽培環境紹介です。温室をお持ちでない方必見です!!
9.閉会                        17:00
    全員で後片付けしてください。ゴミは各自お持ち帰り願います。

会費:  お一人様 500円 (家族・友人も同じです。)

理事会: 11:30 ~12:30
       例会場と同じ所沢市三ケ島公民館 学習室2号で行います。
       昼食は各自ご用意ください。(欠席の場合は連絡のこと)
       例会後17時よりドーム打ち合わせを行いますので理事、担当者は残ってください。


        <<<12月度例会報告>>>
     12月の例会 出席者31名、出品者16名、出品株60株
     11月に引き続き小手指公民館分館音楽ホールを使用。

1.会長挨拶、事務連絡 ⇒ サンシャイン世界のらん展参加、東京ドームらん展進捗等

2.展示株の説明・人気投票・花の解説

3.栽培Q&A ⇒ デンドロ・ビギバム、シクノチェスの栽培法等

4.ビンゴ大会 ⇒ 佐々木さんの司会にて3回戦まで実施

5.早めの16時閉会、17時半より「ななかまど」にて忘年会約20名出席
[PR]
<<<人気投票>>>
1.原種の部
第1位 Cycnoches warscewiczii 'Jumbo'     小野 敬一       17票
a0265160_2315517.jpg
メキシコからブラジルにかけての低地に10種類ほどの原種が自生しているようです。近年、ヘレンフッサナム、バーシオラム、クーペリーが新品種として仲間入りし、これらがことのほか美しく個性的であったため、趣味者の間でシクノチェス栽培が俄然盛り上がることとなった感があります。加えて普及種だった、クロロキロンやワーセウィッチーに海外より個体名の付く優秀花が輸入され人気に拍車をかけることとなったのです。個体名‘ジャンボ’より、台湾のジャンボオーキッドさんの選抜株であることが解ります。無論、筆者も参加した一人ですが、シクノチェスにはちょっとした癖があり、誰でも上手に栽培できる品種というわけではありません。もともとバックバルブは腐りやすい性質があり、リードバルブを含めて3バルブあれば上等といったところですが、いつしかリードバルブさえも腐って無くなるという末路をたどるものと思うも(勝手な感想)、出品花のリードバルブは30cm程もあり、勇壮な牛角を思わせるほど素晴らしい出来です。頂部より2花茎 9輪 NS12×10.5cm 浅黄色の整形花が造花のように厚弁で、濃緑の柱頭がエメラルドのように美しく魅惑的です。絶対に新芽に水をかけない、成長期には肥料を充分に与える、葉裏に付くハダニを退治する等の注意点がありました。


第2位 Laelia anceps 'Irwins' AM/AOS       堀 清次      13票
a0265160_23164948.jpg
お馴染み、レリアの代表選手アンセプスはメキシコが原産国です。アルバ、セミアルバ、ビーチアナ、フラメア、そしてゲレーロとフォーマも豊富でこれらのコレクションも楽しいものです。栽培もいたって簡単で、初心者の方にも充分開花可能ですので、入門株としてうってつけです。本来、花茎は1m程の長さになるものですが、充分日光を浴びさせた結果、程よい長さで収まっているのが好印象です。アーウィンズはティポの個体として一番の普及種ですが、AOSにてAM受賞ですから、当時は良個体として認知されていたのでしょうが、現在では交配が進み多くの良個体が作出されていますので、比較すると見劣り感は否めないのが現状です。ひとくちにアーウィンズと言っても、メリクロン変異が良くも悪くもたくさん起こっていますので、花を確認して良いアーウィンズを獲得したいものです。ちなみに、本アーウィンズはペタルが幅広で、ペタル先にフラメアが入る良いアーウィンズです。1花茎のみですが4輪咲きが次なる目標を示してくれています。6花茎 15輪 NS11x10cm 一斉開花でゴージャスに、がアンセプスの生命線です。


第3位 Cattleya percivaliana 'Summit' FCC/AOS    堀 清次     12票
a0265160_2318725.jpg



2.交配種の部
第1位 Rhynchostylis gigantea × Vanda coerulea   小島 朝男    23票
a0265160_23202713.jpg
本株は年末年始の常連株の感があり、出品されると必ず入賞していますね。リンコスティリス ギガンティアからは花数の多さを、バンダ セルレアからはその花色を受け継ぐという両親のいいとこ取りで成功している品種です。品種といえば、それぞれの属では代表選手同士ですから、品種名があって当然じゃあないの?と思い、サンダースリストをあたったら、有りましたよ。Vandachostylis Azureと判明しました。Azureとは立派な英語で、アジャー風に発音しますが、洋蘭界ではアズルと発音しています。スペルは Azul となりますが、空色の、淡青色の、という意味で花色そのままの命名となっています。ワルケリアナの優秀花‘モンテアズル’や‘アズルパーフェクタ’も同じ意味合いで、当然セルレア花です。ご覧のように美しく、雑種強勢にて丈夫な種ですので、実生株が普及してますが個体差が激しく、弁の広い花や青筋の濃い目の花など千差万別です。それにしても、下葉もほとんど落ちることなく、太根が何本も長く伸張し、出した子株にも花茎が上がって、3花茎 47輪 NS6×6.6cm 整然と咲き誇っている様子は朝夕2回の水遣りの成果が顕著です。5花茎上がりを待ち望みます。


第2位 Rhyncholaeliocattleya George King 'Serendipity'   星  隆  10票
a0265160_23212765.jpg
リンコレリオカトレアと来るとあのディグビィアナが交配されているのだなあと反射的に思ってしまいます。交配系譜をさかのぼると5回の使用実績がありますが、強く遺伝するリップのもじゃもじゃ感がジョージ キングにはほとんど認められない気がします。それほど何重もの積み重ねがなされた結果として本種が存在しているということでしょう。
(Rlc. Buttercup × C. Bob Betts (01/01/1970))片親バターカップは黄色、片親ボブベッツは白色なのですが、この両親からごらんのサーモンピンクが出現するのですから、交配って奥が深いです。1970年当初は見慣れない花色ということで、まったく人気が無かったそうですが、じわりじわりと良さが浸透し始め今日の評価となりました。原種人気の昨今、どうしても交配種は一段下の感覚で見てしまいますが、絶対的に良い交配種の一品に挙げたい品種です。大株にして2花茎4輪でまた見せてください。ちなみに個体名‘セレンディピィティ’とは、ふとした偶然をきっかけにひらめきを得、幸運をつかみ取る能力のことで、つかんだ幸運な現象のことではない、とありました。1花茎 2輪 NS13×14cm


第3位 Cattleya Brazilian Jewel             豊田 弘    3票
a0265160_2323278.jpg


第3位 Zygopetalum Red Doll              高久 秀雄    3票

第3位 Vanda 交配種 札落ち              小島 朝男     3票


3.香りの部
フレグランス賞 Cycnoches warscewiczii 'Jumbo'     小野 敬一 


<<<各賞>>>
良個体賞 Cycnoches warscewiczii 'Jumbo'        小野 敬一 


<<<展示花>>>
Cattleya eldorado fantasia 'Seijikun'          堀 清次
a0265160_2330318.jpg


Cattleya maxima concolor 'Seijikun'          堀 清次
a0265160_23305957.jpg


Cattleya trianae sangre de toro 'Special No.1'    堀 清次
a0265160_23315232.jpg


Lepanthes caprimulgus                     堀 清次
a0265160_23325297.jpg

[PR]
2015年1月8日(木)~12日(月)に開催された全日本蘭協会主催「サンシャインシティ世界のらん展2015」に協賛出品しました。
当会出品の入賞花は下記のとおりです。

ブルーリボン賞 Den. tetragonum fma. album        小島 朝男
a0265160_2143727.jpg


レッドリボン賞 Telipogon collantesii               豊田 弘
a0265160_2144253.jpg


レッドリボン賞 C. wittigiana                     堀 清次
a0265160_21452060.jpg


ホワイトリボン賞 Den. tetragonum               星野 和代
a0265160_21465190.jpg


ホワイトリボン賞 Paph. Silvara `Aphrodite'        中村 静枝
a0265160_21482628.jpg


所沢洋蘭会出品の展示花
a0265160_21491923.jpg

[PR]
a0265160_17301996.jpg

[PR]
a0265160_17220030.jpg

[PR]
a0265160_17260325.jpg

[PR]
a0265160_17270022.jpg

[PR]
a0265160_17320065.jpg

[PR]