<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

          <<<11月度例会のご案内>>>

日時:   平成26年11月30日(日) 13:00~17:00 第5日曜日です。
場所:   小手指公民館分館音楽ホール 場所も日にちも変わります。ご注意ください。
       〒359-1141 所沢市小手指町4丁目22番地の2 TEL: 04-2948-8780
        (西武池袋線「小手指駅」南口から徒歩7分)

         平成26年12月度例会予告12月21日(日)
         12月度は第3日曜日、11月と同じ小手指公民館分館になります。

内容
1.会場準備・受付・展示              13:00~13:30
    原種・交配種に分けて展示します。会場内では必ずご自分の名札を着けてください。
2.会長挨拶、事務連絡               13:30~

3.展示株の説明・人気投票・花の解説
    人気投票後選考結果の発表と出品花の解説を行います。
4.栽培Q&A・診断希望株の栽培アドバイス
    株を持参されるとアドバイスしやすいです。
5.奥田園芸 即売会

6.講演会「蘭の花芽形成について」       奥田園芸 園主 奥田勝 氏
    花芽をたくさん着けるコツを伺えるかも。これは聞く価値ありそう!!
7.閉会 全員で後片付けしてください。     17:00
    ゴミは各自お持ち帰り願います。

会費:   お一人様 500円 (家族・友人も同じです。)

理事会: 11:30 ~12:30
       例会場と同じ小手指公民館分館3階音楽ホールで行います。
       昼食は各自ご用意ください。(欠席の場合は連絡のこと)
       例会後17時よりドーム打ち合わせを行いますので理事、担当者は残ってください。


          <<<10月度例会報告>>>

        10月の例会 出席者27名、出品者15名、出品株39株

   初めて新所沢東公民館を例会場として使用。部屋が小さめで手狭な印象

1.会長挨拶、事務連絡 ⇒ 1日旅行報告、例会場変更、東京ドームの件等

2.展示株の説明・人気投票・花の解説 ⇒ 展示株少な目

3.栽培Q&A・診断希望株の栽培アドバイス
  ⇒Den.ピエラルディー、Paph.マリポエンセ、V.セルレア、エリア等につきアドバイス

4.株市

5.栽培教室苗経過観察
  ⇒大野さんよりエランギス・シトラータ、デンドロ・イエローチンサイ. プロステケア・ビテリナの栽培ポイントアドバイス

6.秋から冬への洋蘭栽培と工夫
  ⇒出席者より肥料・温度・水遣り・殺虫・殺菌などの工夫発表及び討議

7.閉会


   <<<所沢洋蘭会展「秋の洋蘭展」入賞者>>>

             出品者        属種名
市長賞          堀  清次   C. labiata fma. labelo de ‘Conto de Vigario’
会長賞          小野 敬一   Den. bigibbum var. compactum
山田賞          佐藤 俊男   C. Moscombe ‘Grace’ × C. Stephen Oliver Fouraker
蘭友会賞         星野 和代   Stenoglottis longifolia
全日本蘭協会賞      小島 朝男   Brassavola nodosa
埼玉洋蘭会賞       豊田  弘   Bulbophyllum elassonotum 
横浜蘭友会賞       宮原十九美   Psh. vitellina
京葉洋ラン同好会賞    金子  寛   Rlc. Marcella Koss
むさしの蘭会賞      星   隆   Zelenkoa onusta
入間洋蘭会賞       高久 秀雄   Cattleya cernua
㈱ローザ特殊化粧料賞   角田  馨   Phalaenopsis Yuunagi
奥田園芸賞        佐々木光次郎  Comp. ignea
所沢植木鉢センター賞   山田  栄   Cattleya trianaei ‘Pink Gem’
特別出品賞        細川留美子   ボタニカルアート
[PR]
<<人気投票>>
1.原種の部
第1位 Cirrhopetalum rothschildianum 'Seijikun'     堀 清次    19票
a0265160_2303839.jpga0265160_231361.jpg
NS3.0×15.0㎝ 7花茎 35花(ツボミ6) 立派な大株作りです。水を好み横へ横へと花茎が延びてしまうと言うことで木枠植えにしたのか?栽培状態がとてもよく、長く良く伸びた花茎の頂上に傘の骨のような花が咲いていました。虫による受粉を促すような、巧妙な罠でしょうか?一つ一つの花で真ん中は風に揺られて動くようになっています。東南アジア、インドの低地の木に自生。本種を当会でも所有されている会員がいると思いますが、筆者も所有し、花を近くで良く見ると可愛らしい花だと思うのですが、我が家では、花色、香り、形とも、奇妙な花ということで人気が今一つです。


第2位 Dendrobium bigibbum var. compactum     小野 敬一   10票
a0265160_2344620.jpg
オーストラリア北東部からニューギニアまで分布。小野さんによると、今夏は“日当たりを好む”ということで日よけもしないで栽培したお陰で例年に比べて花数が増えて、花の色も濃く咲いたようです。葉やけもあるものの、バルブも艶々のプリプリです。さすがに栽培上手ですね!蝶々が水辺で乱舞をしながら飛んでいるように、濃紅ピンク色の蝶花が見事に咲いていました。NS4.8×3.8㎝ 17花茎 41花(ツボミ37) 立派な大株作りです。半数近くツボミの状態で開花していないことが、残念です。


Brassavola nodosa                   小島 朝男   5票
a0265160_2353784.jpg



2.交配種の部
第1位 Laelianthe Wrigleyi (Gur. bowringiana×L. anceps) 若尾 暢子  11票
a0265160_23123432.jpg
女性が好みそうなセルレアの花です。そんな女性会員の支持を得て人気投票1位入賞となりました。秋咲き多花を代表するボーリンギアナの特徴を引き継ぎ、リップの濃紫色と喉元の筋のコントラストと花全体のセルレア色との色彩のバランスとれていて美しい花容の清々しい花です。NS12.3×12.4㎝ 2花茎 14花(ツボミ6)。ボーリンギアナを栽培する上で、新芽が出るのが遅く、暑い時期までずれ込みます。新芽が伸びるときに「はかま」を作りながら伸びていくのですが、ここに水が溜まりやすく黒く変色し軟腐病になる場合があります。株全体に水をかけず株元にかけることが注意点です。


第2位 Hab. Regnieri (carnea × rhodocheila)  堀 清次  8票
a0265160_2365833.jpg
居並ぶ蘭花の中で、小ぶりであるけれど、ひと際目を引くサーモンピンク花が咲いていました。NS 3.2×3.8㎝ 2花茎 10花(ツボミ13)。ハベナリアは、熱帯・亜熱帯のアジア地域から、日本をはじめとする温帯、さらには南北アメリカや南アフリカまで広く分布する地生ランです。赤、オレンジ、ピンク、黄色と色とりどりで綺麗な花を咲かせます。栽培のポイントは、春の芽出し前に球根を植え替えてその後、春から夏に肥料を与え育て、秋に開花後は地上部が枯れてからは温室に入れたまま水やりを殆どしないで乾燥状態を保つ。しかし、案外これが難しく冬の間に球根が消えてなくなる時があります。聞き慣れない交配種と思いきやネット検索すると結構ヒットしました!多くの方が栽培しているのですね。最近、この種が愛培家の間では注目されている一品のようです。その訳は、奥田園芸さん所有の株が見事ゴールドメダルを受賞したということです。先日の秋の旅行で奥田園芸さんに訪問した時に触手を伸ばそうとしたが“非売品”になっていたとか!残念ですね。                              (宮本)


第3位 Bllra. Tahoma Glacier 'Elizabeth'  中村 スエ  5票
a0265160_23202452.jpg



3.フレグランスの部
Prra. Crowfox Agate X Vasco. Mishima Lime   小島 朝男
a0265160_2391026.jpg




<<各賞>>
努力賞 
Cirrhopetalum rothschildianum 'Seijikun'     堀 清次 



<<展示花>>
Aerangis somaliensis                      星  隆
a0265160_23191135.jpg


Angraecum ramosum var. typicum       豊田 弘
a0265160_23194384.jpg




C. pumila oculata ’Imperatriz' X self         星  隆
a0265160_23212063.jpg


C. walkeriana coerulea 'Edward'            豊田 弘
a0265160_23221985.jpg

[PR]
2014年11月6日~9日の4日間小手指市民ギャラリーエバーにて秋の洋蘭展が開催されました。
たくさんのご来場ありがとうございました。
次回蘭展は来年春の予定です。

<<蘭展風景>>
入賞花コーナー
a0265160_231287.jpg

賑わう蘭展会場
a0265160_2322124.jpg

ボタニカルアートも大人気
a0265160_2325536.jpg


<<入賞花>>
市長賞 C. labiate fma. labelo de ‘Conto de Vigario’      堀 清次
a0265160_2345176.jpg

会長賞 Den. bigibbum var. compactum             小野 敬一
a0265160_2355095.jpg

山田賞 C. Moscombe ‘Grace’ × C. Stephen Oliver Fouraker 佐藤 俊男
a0265160_238258.jpg

蘭友会賞 Stenoglottis longifolia                   星野 和代
a0265160_2394234.jpga0265160_2310095.jpg

全日本蘭協会賞 Brassavola nodosa                小島 朝男
a0265160_23104281.jpg

埼玉洋蘭会賞 Bulbophyllum elassonotum     豊田  弘
a0265160_23122699.jpg

横浜蘭友会賞 Psh. vitellina               宮原 十九美
a0265160_2312443.jpg

京葉洋ラン同好会賞 Rlc. Marcella Koss              金子 寛
a0265160_2315583.jpg

むさしの蘭会賞 Zelenkoa onusta                  星  隆
a0265160_23154416.jpg

入間洋蘭会賞 Cattleya cernua                   高久 秀雄
a0265160_23172226.jpg

㈱ローザ特殊化粧料賞 Phalaenopsis Yuunagi      角田 馨
a0265160_23182017.jpg

奥田園芸賞 Comp. ignea                    佐々木 光次郎
a0265160_23191851.jpg

所沢植木鉢センター賞 Cattleya trianaei ‘Pink Gem’   山田 栄
a0265160_23201243.jpg

[PR]