<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2014年10月26日新所沢東公民館にて10月度例会が行われました。
通常使っていた狭山ヶ丘コミュニティーセンターの予約が出来なかったため急遽、新所沢東公民館での開催となりました。
広さ的にはやや狭くちょっと窮屈な感じでした。

開会前のひと時
a0265160_18163548.jpga0265160_18171326.jpg


展示株の説明 丹精込めて咲かせた花を自ら説明します。
a0265160_18185652.jpga0265160_18194168.jpg
a0265160_18201460.jpga0265160_18205745.jpg


人気投票風景
a0265160_1822440.jpg


恒例となった株市でのジャンケン
a0265160_18232060.jpg


栽培教室苗経過観察                 集まった栽培教室苗の数々
a0265160_18263087.jpga0265160_18265448.jpg


秋から冬への洋蘭栽培と工夫
会員の皆さんから肥料・温度・水遣り・殺虫・殺菌など多くの情報を頂きました。
a0265160_182954.jpg

[PR]
          <<<10月度例会のご案内>>>

日時:  平成26年10月26日(日) 13:00~17:00
場所:  新所沢東公民館1階 研修室6・7号 場所が変わります。ご注意ください。
       〒359-0045 所沢市美原町1丁目2922番地の16 TEL: 04-2943-0909
        (西武新宿線 新所沢駅東口から市民体育館方向へ徒歩8分)
          平成26年11月度例会予告11月30日(日)
            11月度は第五日曜日になります。ご注意ください。
内容
1.会場準備・受付・展示             13:00~13:30
     原種・交配種に分けて展示します。会場内では必ずご自分の名札を着けてください。
2.会長挨拶、事務連絡              13:30~

3.展示株の説明・人気投票・花の解説
     人気投票後選考結果の発表と出品花の解説を行います。
4.栽培Q&A・診断希望株の栽培アドバイス
     株を持参されるとアドバイスしやすいです。
5.株市
     通常の株市です。病気のない株を出してください。
6.栽培教室苗経過観察              大野さん
     今年配布したエランギス・シトラータ、デンドロ・イエローチンサイ. プロステケア・ビテリナをお持ちください。
7.秋から冬への洋蘭栽培と工夫
     出席者の皆さんからの発表お待ちしています。
8.閉会 全員で後片付けしてください。       17:00
     ゴミは各自お持ち帰り願います。

会費:   お一人様 500円 (家族・友人も同じです。)

理事会: 11:00 ~12:30 いつもより30分早い11時開始です。
       例会場と同じ新所沢東公民館1階 (研修室6・7号)で行います。
       昼食は各自ご用意ください。(欠席の場合は連絡のこと)
       例会後17時よりドーム打ち合わせを行いますので理事、担当者は残ってください。



          <<<9月度例会報告>>>

        9月の例会 出席者33名、出品者16名、出品株71株

1.会長挨拶、事務連絡 ⇒ 秋の蘭展、1日旅行、10月例会場変更、等

2.展示株の説明・人気投票・花の解説
  9月にしては展示株多い。谷亀さん花の解説、<<入賞花>>欄にコメント記載

3.栽培Q&A・診断希望株の栽培アドバイス
  葉が白く擦れたデンドロ→ハダニの影響、バニラ→大きくしないと花が咲かない。
  Den.イエローチンサイ→水の遣り過ぎかも、等のアドバイス

4.株市 ⇒谷亀さんより地生蘭球根の差し入れあり。

5.谷亀さん講演会⇒自宅で栽培したものや自生地の珍しい地生蘭をスライドで紹介

6.閉会



 
[PR]
<<人気投票>>
1.原種の部
第1位 Miltonia moreliana 'Aoki'          星  隆     15票
a0265160_2281763.jpg
8花茎 8輪 NS9.5×11.0cm。このミルトニアは、ヴェネズエラからブラジルの800m以上の高地に自生しています。栽培環境は、クールからホットの温度で良いようです。クールと言っても夏場できるだけ涼しくする程度でいいと思います。植え込みとしては、鉢植えや木性シダの利用が一般的です。少し乾燥することも求めるようです。ムーレアナは濃い紫の花で、リップは薄く、濃い筋状のパターンが入ります。この入賞株は普通種より色が濃く、花型も大きいようです。また花の輪数、花茎も多く、栽培が非常に良好であると言えます。植え込み材料としてヘゴのような木性シダではなく、乾きやすいコルクを利用しています。おそらく、それを補う水遣りと環境とが株に良く適合しているのでしょう。見事な花、見事な株立ちです。


第1位 Catasetum expansum ‘Mem. Charie Walsh’  小野 敬一  15票
a0265160_22102367.jpg
2花茎 17輪 NS4.5×4.5cm。本入賞花は、上記と同票の1位です。エクスパンサムは、エクアドルの20~1500メートルの乾燥した森に自生しています。色には、黄色、緑色などバラエティがあり、茶色の点が入る物もあるそうです。本花は、ほぼ全面濃い緑色の美花です。少し抱え込んで咲いているのが、残念です。ただ、本種は開花期が2~3日と短く、今までにも咲いてはいるのですが、展示に出品できたのは初めて、とのことです。カタセタムは、数年は容易に栽培できるのですが、長期にわたっては難しく、多くは原因不明で次第に弱っていき、ついには枯れてしまいます。その点からも、長年良く栽培管理が行き渡った結果と思います。さらに管理を進め、その方法をご教示願いたいです。


第3位 Dendrobium ypsilon             星野 和代    4票
a0265160_22123596.jpg


第3位 Cattleya bicolor ‘Ochid Grade’       堀 清次     4票


2.交配種の部
第1位 Dendrobium Medusa             星野 和代     6票
a0265160_22154894.jpg
5花茎 61輪NS6.0×3.5cm。本デンドロビュームは、一見、よくある普通の多花系、ケーンタイプのデンドロビュームのように見えます。しかしよく見るとこの花の特徴がその色にあることがわかります。濃い赤紫のようですが、それとは言い切れず独特の濃色花です。地味で、艶やかさはないのですが、味わいのある落ち着いた色彩です。また、ペタルやセパルが少しカールしており、これが魅力的ではあるが地味な花に変化を与えています。輪数や花茎も多く、良く栽培されていることから、花もよく展開されていることと思います。栽培は、水遣りを辛めにし、日当たり、通風を良くしているそうです。


第1位 Dendrobium Dream Grass        星野 和代      6票
a0265160_22231287.jpg
21輪 7花茎 蕾20 NS4.5×4.0。この入賞花は、上記と同票の1位です。本デンドロ ビュームはデンドロビュームファレノプシスのようです。花は、白弁赤リップです。赤いリップ、とは言ってもリップの喉が赤い花です。デンドロビュームファレノプシスは開花期間が長いです。本花はファレノプシスに似ていますが、本家ファレノプシスのように、蝶々が整然と一列 に並んでいるのではなく、あちらこちらに自由に飛び交っているように見えます。長期間、蝶々を楽しめるのではないでしょうか。栽培は、水 遣りを辛めにし、日当たり、通風を良くし、上記メデューサと同じ環境で育てているそうです。それにしても、2つも同点の1位をゲットする とは、さすが星野さんの蘭花への愛情に、頭が下がります。                                  (西郷) 


第3位 Vanda Thailand Beauty           吉川 好江     3票


3.フレグランスの部
フレグランス賞 Cattleya labiata rubra ‘Dark Star'    堀 清次
a0265160_2229664.jpg



<<各賞>>
該当なし


<<展示花>>
Den. bigibum compactum             小島 朝男
a0265160_22433790.jpg


Habenaria medusa × rhodocheila       星野 和代
a0265160_2245599.jpg


Habenaria rhodocheila               堀 清次
a0265160_22454669.jpg


Onc. flexuosum fma. album           星野 和代
a0265160_22461965.jpg


Trichoceros bennettii                豊田 弘
a0265160_2247273.jpg

[PR]
中村静枝さんが咲かせたBulbophyllum annandalei (バルボフィラム アナンダレイ)です。
1花茎6輪咲き
a0265160_16372967.jpg

[PR]
10月5日(日)雨の中神奈川方面への1日旅行が行われました。

αオーキッドさんの温室にて  ブラジル系の原種蘭が多く探し甲斐のある温室でした。
a0265160_2219287.jpg


奥田園芸にて昼食  バンダ系吊ものから地生蘭まで、蘭以外の珍しい植物がいっぱい。
a0265160_22195463.jpg


国際園芸では会長と奥さんが迎えてくれました。
屋外栽培場は水溜りで入れず、クールタイプはまだ山上げ中
a0265160_22202383.jpg

[PR]