<   2014年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2014年7月度例会は7月27日(日)コラボカフェ秋津にて納涼例会として開催されました。

会場のコラボカフェ秋津は西武池袋線秋津駅北口目の前
a0265160_9531067.jpg

「乾杯!」の発声と共に納涼会開始
a0265160_9513595.jpg

歓談風景
a0265160_9554632.jpg

歓談が一段落着いたところで展示株の説明
a0265160_957348.jpga0265160_9575331.jpg

人気投票風景                  人気投票の集計
a0265160_9584865.jpga0265160_9591987.jpg

人気投票入賞の笑顔
a0265160_1024023.jpg

栽培教室 今年配布した苗の夏の栽培管理法
a0265160_10104043.jpg

配布苗 Aerangis citrata、 Den. Yellow Chinsai ’Magical Color’、Prosthechea vitellina
a0265160_10105857.jpg

滝川先生から頂いたC.walkerianaの寄付株市 「は~い 欲しい人、手を上げて!」
a0265160_10141077.jpg

寄付株じゃんけん大会 株の説明          並べられた寄付株・景品の数々
a0265160_1015556.jpga0265160_10162366.jpg
[PR]
        <<<7月度例会のご案内>>>

日時:   平成26年7月27日(日) 12:30~16:00

場所:   コラボカフェ秋津
       〒 204-0004 東京都清瀬市野塩1-303-2 TEL: 042-497-9645
        (西武池袋線 秋津駅北口すぐ)
         時間・場所が変更になっています。ご注意ください。
         お酒を飲まれる方は必ず電車でお越しください。
         平成26年8月度例会予告8月24日(日)

内容
1.会場準備・受付・展示          12:30~13:00
    会場が狭いので原種・交配種に分けず出品株は一括展示します。
    会場内では必ずご自分の名札を着けてください。
2.会長挨拶、事務連絡           早めの13:00開始です。
3.納涼会
    乾杯の後、お酒と料理を楽しみながらご歓談ください。
4.展示株の説明 人気投票
    人気投票後、選考結果の発表と出品花の解説を行います。
5.栽培教室 配布苗 夏の管理法       大野さん
    解説のみです。配布苗を持ってきていただく必要はありません。
6.寄付株抽選会
    寄付株あればご提供お願いします。
7.閉会                  早めの16:00終了です。
    全員で後片付けしてください。テーブルをもとの位置に戻します。

会費:   お一人様 1,500円 (家族・友人も同じです。)

理事会: 11:00 ~12:30 いつもより30分早いです。
        例会場と同じ「コラボカフェ秋津」で行います。
        理事会終了後飲み物の買い出しを行います。
        (欠席の場合は連絡のこと)


        <<<お知らせ>>>
ブログ版での<<<お知らせ>>>は割愛します。 郵送版、Eメール版の会報をご覧ください。



        <<<6月度例会報告>>>

        6月の例会 出席者27名、出品者17名、出品株75株

1.会長挨拶、事務連絡
  ⇒ 7月例会予定、サンシャインらん展報告、一泊旅行報告、メールでの会報発送状況等

2.全蘭 森さんよりお知らせ ⇒ 全蘭のらん展予定等

3.展示株の説明・人気投票・入賞者表彰 ⇒ <<入賞花>>欄に記載

4.香りの審査についての解説 ⇒ 森さんより審査方法やどんな香りが良いか等

5.優秀出品花の解説 ⇒ 今月は各賞認定株なし

6.栽培Q&A ⇒ 岩田さんのカトレア ワーネリについて

7.中藤洋蘭園さんによる洋蘭即売会

8.中藤さん講演会「パフィオペディルム バービセパラム亜属の栽培」 ⇒ 月毎の栽培のポイントを説明
[PR]
<<人気投票入賞花>>
1.原種の部
第1位 Aerides rosea             星  隆
a0265160_071190.jpg
2花茎 122輪 NS1.6×2.8cm。Aeridesは、バンダ系の仲間で、房咲になるのが特徴です。このroseaは、花弁、萼片の周辺がピンクで染められ、内部が白となっています。この株の出来栄えは豪華で、相当、栽培が良好な成果ではないでしょうか。お話しによりますと、海外の業者より購入したものですが、その時はベアルートであったそうです。しかし購入後に根を、自宅に豊富にあった、山椒の木に絡めて植え付けたそうです。山椒の木を植え込み材料として利用したのはこれが初めてとのことです。根がよく山椒の木に絡んでいます。このように根を絡めた植え付け材料としては、コルク、ヘゴ、木枠、オスマンダ、不明の木(タイの業者)、変わったところではブドウの木などと利用されていますが、山椒は聞いたことがありません。今後も山椒の木を利用していきたい、とのことです。色々の株に材料として応用できるかもしれません。研究して、成果を教えてください。


第2位 Dendrobium lawesii bicolor x sib          小島  朝男
a0265160_095656.jpg
7花茎 43輪 蕾52 NS1.8×1.6cm。本デンドロビュームは、比較的クールオーキッドとして認識されているものです。花弁、萼片の周辺が赤で、その先端がオレンジで覆われています。ともに濃色で、鮮やかです。会の中京地区への旅行で購入されたそうです。株元に水遣りをしており、比較的涼しい処で栽培しているけれども、特にクールオーギッドとして意識した栽培はしていないそうです。個体として丈夫なのでしょうか、それとも温室の環境が良好なのでしょうか。株の丈も高く、輪数・蕾も多く、冷蔵庫による栽培では、これほどの株にはならないのではないでしょうか。筆者の温室では、このような大株にはならず、出来もよくありません。本株は、良好な栽培の結果、沢山の鮮やかな花を咲かせた、と言えましょう。


第3位 Cattleya purpurata fma. alba 'Elias'         宮本 勝
a0265160_0245687.jpg



2.交配種の部
第1位 Vanda Pakchong Blue                   星野 和代
a0265160_015271.jpg
2花茎 12輪 NS10.3×9.1cm。ブルー系のバンダの交配種です。花弁、萼片が濃いブルーで、網状のパターンが形成され、網の内部が薄いブルーで彩られています。輪数も多く、古い花茎の跡も沢山あり、良く栽培されていることが、窺えます。年間に2回咲くそうです。バンダは高温多湿の環境で育つことから、その根が多湿の空気を好むため、通常木枠などに絡ませ、ベアルートで栽培します。本バンダも購入時にはベアルートであったそうです。しかし、現状では素焼き鉢に根を収め、植え付けています。軽く隙間に水苔を詰めているとのことです。お手持ちの、黄色のバンダも同様に鉢植えにしているそうです。このような鉢植えでよく育つバンダもあるのだそうです。でも本バンダがそれに適しているとは、よくわかりましたね。さすがです。


第2位 Disa Rosemarie Boetteher × Foam 'Patty Rouge'      豊田 弘
a0265160_0174421.jpg
1花茎 1輪 蕾1 NS12.1×10.8cm。ディサの交配種です。萼片がオレンジで、ドウサルセパルは赤色の脈が縦に走るパターンが形成されています。濃色の美花です。ディサにはユニフローラという原種がありますが、原種のなかでも、色と言い、形状と言い非常に完成された花です。本ディサもこの血を引いていますが、色がより濃いようです。2年前の春の例会でも入賞したそうです。典型的なディサは、南アフリカのテーブルマンティンの高度100~1200mを流れる川の付近に自生しています。そして冷涼な川の水が染み出す岩の割れ目などに根を伸ばしています。涼しく高湿度で新鮮な水が供給される環境を要求しています。このため、栽培は非常に難しく、他の蘭展などではめったにお目にかけられません。本日の例会では沢山のディサを展示して下さいましたが、本ディサが、特に色鮮やかでした。著者は白色のディサに目を引かれました。いつもながらの豊田さんの栽培の力量には感服します。                                                    (西郷)


第3位 Cattleya Love Knot 'Kahori'                 堀 清次
a0265160_01922100.jpg


3.フレグランスの部
フレグランス賞
Phal. bellina × violacea                      星野 和代
a0265160_0205711.jpg

フレグランス賞
Den. flaviflorum                           角田 馨
a0265160_0222372.jpg


<<各賞>>
該当株なし

<<展示株>>
Den. dichaeoides                        小島 朝男
a0265160_0283825.jpg


Den. Proud Appeal                      中村 スエ
a0265160_0294616.jpg


Disa Auratkew 'Kathy Pure'          豊田 弘
a0265160_0312678.jpg


Micropera rostrata                      豊田 弘
a0265160_033024.jpg


Phal. sumatrana Large Brown No.1          佐々木 光次郎
a0265160_035173.jpg


Psychopsis Kalihi                       佐々木 光次郎
a0265160_0361017.jpg


Rhyncholaelia digbyana 'Mrs. Chase'           星野 和代
a0265160_0374126.jpg

[PR]
6月22日に行われた6月度例会風景

中藤洋蘭園即売会販売株             例会開始前から人だかりが。a0265160_091684.jpga0265160_010898.jpg


会長挨拶で例会の始まり
a0265160_0114626.jpg


交配種棚に並べられた展示株の数々
a0265160_0124844.jpga0265160_0132175.jpg


展示株の説明
a0265160_0142794.jpg


人気投票風景
a0265160_015215.jpga0265160_0155566.jpg


人気投票入賞者コメント
a0265160_017395.jpg


中藤洋蘭園即売会風景
a0265160_0382328.jpg



フレグランス審査の説明
a0265160_019587.jpg


講演会「パフィオペディルム バービセパラム亜属の栽培」
a0265160_0225797.jpg

[PR]
中村静枝さんが咲かせたStanhopea tigrinaです。
今年は大きな花が咲きました。 温室内では強すぎるくらいの香りがするそうです。
a0265160_230544.jpg

[PR]
中村静枝さんが咲かせたPodangis dactylocerasです。
この種は下葉が落ちやすく、栽培は案外難しいのですが、上手に栽培されていますね。
3年ぶりに咲いたとのこと。 洋ランソイルで植え替えても元気に育っているそうです。
a0265160_0395019.jpg
[PR]