<   2013年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

中村静枝さんが咲かせたシルホペタラム エリザベス アン ‘Buckleberry’です。
大株で大変よく咲いていますね。
こんなに咲いたのは初めてだそうです。
a0265160_1817319.jpg

[PR]
a0265160_21574496.jpg                       平成25年11月
第338号 所沢洋蘭会(TAOS)
事務所: 〒359-1111 所沢市緑町3-8-3 豊田 弘宅
URL: http://orchid1234.exblog.jp/  TEL: 04-2939-7751


               11月度例会ご案内

日時:      平成25年11月17日(日) 13:00~17:00

場所:      所沢市小手指市民ギャラリー・エバー ツインタワー東棟2階
          〒359-1141 埼玉県所沢市小手指町1-5(西武池袋線 小手指駅前)
          日にち・場所が変更になっていますご注意ください。

            平成25年12月度例会予告12月15日(日)

内容
1. 会場準備・受付・展示               13:00~13:30
        原種・交配種に分けて展示します。会場内では必ずご自分の名札を着けてください。
2. 会長挨拶、事務連絡                13:30~

3. 展示株の説明・人気投票
        人気投票後、選考結果の発表と出品花の解説を行います。
4. 栽培Q&A・診断希望株の栽培アドバイス
        相談したいことがございましたらお気軽にどうぞ。
        株を持参されるとアドバイスしやすいかと思います。
5. 奥田園芸即売会

6. 講演会「蘭の肥料について」           奥田園芸園主 奥田勝 氏

7. 閉会 全員で後片付けしてください。(ゴミは各自お持ち帰り願います。)

会費:    お一人様 500円 (家族・友人も同じです。)

理事会:  11:30 ~12:30
        所沢市小手指市民ギャラリー・エバー ツインタワー東棟2階で行います。
        昼食は各自ご用意ください。(欠席の場合は連絡のこと)
        例会後ドーム打ち合わせを行いますので理事、担当者は残ってください。



             <<<お知らせ>>>

1. 10月の例会 出席者21名、出品者13名、出品株52株

2. 12月度例会・忘年会 場所・日程変更になります。ご注意ください。
     会場 コラボカフェ秋津(7月度例会・納涼会で使用した場所)
     日時 12月15日(第三日曜日) 一週間早いです。

3. 所沢洋蘭会展「秋の洋蘭展」報告
     出品者22名、出品株147株、入場者537名(5日間累計)
     販売株提供12名、199株。 ご協力ありがとうございました。

4. 今月の例会は次の日曜日です、駐車場は一階と近くの一般有料駐車場を利用下さい。
   駐車料金は自己負担でお願いします。理事会・例会行事はいつも通りに行います。

5. 世界らん展カレンダーが入荷していますので例会場でお渡しします。
[PR]
当日は台風27・28号が去った台風一過の快晴でした。西高東低の気圧配置になって、所沢の朝の冷え込みはこの秋一番だったようですが、昼間は穏やかに晴れ渡りました。
13時40分少し遅れての開始でした。こんないい天候に恵まれながらも出席者が少なく、冒頭小島会長挨拶でも「例会で多くの皆さんの元気な顔を見せてもらいたい。あと、すぐに始まる自前の秋のらん展にも是非参加・出展してください。」と話がありました。
事務連絡で、一日旅行報告、11・12月例会変更案内、ミズゴケ販売、カレンダー販売について話があり、展示花の説明に入りました。今月は秋咲きのC.ラビアータが多いかと思いきや、堀さん出品の2品のみでした。一方、最近当会で人気のZelenkoa onustaを始め少ないながらも多彩な顔ぶれが揃いました。人気投票では入賞なりませんでしたが、小島会長のセロジネ大株や、吉見さんのモルモデスが目を惹きました。
途中司会を佐々木さんにバトンタッチし、人気投票表彰・展示株の解説を終え、休憩を挟んで15時過ぎから栽培相談コーナーが始まりました。今回は高橋稔さんより、リンコスティリス・ギガンテアが上手く育たないという相談でした。葉が萎れ気味で、根の腐りが懸念されたため一度植え替えた方がいいとのアドバイスがありました。別件ですが、一般的・初歩的なアドバイスとして、根の先端の緑色部分は触らないようにしましょう。ストレスが加わって、根の伸びが止まってしまいます。金子さんからはDen. アグレガタムガが咲かないという質問もありました。秋の低温に曝されていないようでしたので、11月一杯まで外に出して寒さに当てるようアドバイスがありました。その他、秋に屋外から温室に取り込む際の殺菌・消毒の件でも話が盛り上がりました。
もう一度休憩を挟んで堀さんより「基本のカトレア3種の紹介と栽培法」と題した説明が始まりました。ワルケリアナ、ラビアータ、トリアネイの3種につき優秀花とはどんな花なのかプロジェクターで写真を映しながらの説明でした。野生株から優秀な入賞花まで幅広く紹介していただけたので、その違いがよく分かったのではないでしょうか。栽培に関しては、ワルケは葉焼けするくらいまで日に強く当てることで花着きが良くなるというのが印象的でした。
質疑応答があり、定刻の17時前に時間通り終了しました。(小野)

基本カトレア3種紹介
a0265160_0344410.jpg

今月の栽培相談株 高橋稔さん
a0265160_0361225.jpg

[PR]
【人気投票】
1.原種の部
第1位 Zelenkoa onusta              星  隆       9票
a0265160_0395950.jpg
ゼレンコア’の響きにもだいぶ慣れてきましたね。ゼレンコアときたらオナスタと一対にして覚えましょう。鉢に水ゴケで植え込むと、大抵の場合枯らしてしまう気難しい一品なのですが、コルクにくっつけ、しばらくビニタイで結わいておくと、あ~らこれが摩訶不思議、うそのように元気に育つのです。この場合もけっして根をミズゴケでくるんだりしないでね。騙されたと思って一度お試しあれ。これであなたも明日からプロの仲間入り間違いなしでしょう。夏場の育ちざかりには水を欲しがりますので、充分与えてください。日光浴も大好きですが、日焼けには気を付けてね。新根がコルクに着生して安定したら、ビニタイをはずしましょう。そうこうするうちに花芽が伸び始めて喜びもひとしおですが、ここで水不足にすると花芽がしけてがっかり。そこからでも管理をしっかりすると、ときたま枯れたと思った花茎の節目から新たに花芽が伸び始めたりする幸運があるのであきらめないでね。後日蘭展にて市長賞をゲットし二冠達成。おみごと!!4花茎 52輪 14蕾 NS1.1x1.5cm


第2位 Cattleya perrinii fma. semi-alba      豊田 弘      7票
a0265160_04036100.jpg
秋咲きカトレアの定番はラビアータとペリニーです。ペリニーにもラベンダーのティポやアルバにセルレア、そしてセミアルバとバリエーションがひと揃いあり、一株ずつでも手元にあればコレクションとして最高です。独特の花容ゆえ、交配を繰り返してもラビアータのように整形花を思うように作り出すことが出来ず、また開花期間が短いという決定的な欠点と相まって交配親として使用されることもなくなりました。とはいえ、その魅力が失われることは微塵もなく、グライダーを彷彿させるシルエットに酔いしれるファンが多いことも事実です。豊田さんもその一人で、かく言う筆者も同様なのは余計なことでした。他のバリエーションに比べ、セミアルバは今までこれという個体がなく、見るからに径のないこじんまりした花が多いなか、出品株はNS14x14.6cm とセミアルバとしてはまずまずの大きさも充分とは言えません。今後の改良、作出が待たれるところです。
2花茎 3輪

第3位 Coelogyne rochussenii             小島 朝男    4票

第3位 Mormodes badia `Fire Dance'          吉見 英夫    4票
a0265160_041024.jpg



2.交配種の部
第1位 Doritaenopsis Hatsuyuki `Nagoriyuki'     佐々木 光次郎   7票
a0265160_0412842.jpg
Doritis pulcherrima × Phalaenopsis Baby Hat という交配で本来ならドリテノプシス ハツユキとなるはずですが、このところの属名変更にて、ドリティスもファレノプシスに変更になりましたので、属名表記はファレノプシスになっています。品種名ハツユキといい、個体名ナゴリユキといい素敵な命名で、白っぽくはかなげだなあーとイメージが膨らみ、みかけはそのとおりなのですが大変丈夫で、タフな一品なのです。半年にも渡り花を咲かせ続け、複数花茎を立て、そのうえ枝打ちしてたくさんの花を付けてしな垂れる姿が、ご婦人の心をしっかりつかんではなさないミディ胡蝶蘭の優等生です。いつもながら、温室無しで胡蝶蘭をここまで開花させるのですから、並々ならぬ世話をやいている様子が目に浮かび、ほほえましくもあり、感服もするのです。 2花茎 31輪  9つぼみ NS4.8x4.8cm

第2位 Cattleya Mini Purple coerulea ‘Blue Chateau’     金子 實   6票
a0265160_042111.jpg
何度も何度もこの入賞花の項に登場するので、ミニパープがワルケラナとプミラの交配から作り出されたことはもう誰もが知っています。何度も入賞するということは、それだけ入賞に値するだけの良花が出展されているということでもあり、また多くの人がミニパープルに魅せられて、投票しているということでもあります。それほど当たり交配であり、誰にも慕われている売れっ子アイドルみたいなものでしょう。出品株はなかなかの良花で、円形にちかい整形花です。また、個体名が‘ブルーシャトー’とは粋人の命名で秀逸です。‘森トンカツ、泉ニンニク、囲まれテンプラ‘の戯れ歌で知れ渡る、1968年の第10回レコード大賞 受賞曲 なのです。ジャッキー吉川とブルーコメッツというグループサウンズが歌い演奏していた頃、世の中は高度経済成長により好景気の風が吹いていたのでした。齢60歳以上の方には懐かしい青春時代の思い出であり、彼らはアイドルだったのです。金子さんは、すっかりミニパープル系の栽培を手の内に入れて、ますます蘭栽培に熱が入ります。株分け期待。 1花茎 1輪 NS14.8x14.5cm

第3位 Cattleya Prism Pallete `Chrismas Candy'     若尾 暢子   5票

【各賞】
フレグランス賞 Oncidium Sharry Baby            吉川 好江
a0265160_122221.jpg


その他の賞 該当なし

【展示花】
Epi. capricornu                           小野敬一
a0265160_0574888.jpg

Epi. pariculatum × veroscriptum             小野敬一
a0265160_0585043.jpg

V. roeblingiana                           小野敬一
a0265160_0594411.jpg

[PR]
市長賞  星  隆    Zerenkoa onusta
a0265160_23184125.jpg


山田賞  星野 和代   Stenoglottis longifolia
a0265160_2321289.jpg
a0265160_23214628.jpg
a0265160_23221332.jpg


会長賞  小野 敬一   Spathoglottis. parsonii 'Prasarn'
a0265160_23231780.jpg
a0265160_2324784.jpg


蘭友会賞  小島 朝男   Dendrobium parthenium
a0265160_23251386.jpg
a0265160_23254774.jpg


全日本蘭協会賞  佐藤 俊男   C. Dinard ‘Blue Haeven’
a0265160_23264481.jpg
a0265160_23273024.jpg


埼玉洋蘭会賞  佐々木 光次郎   Phal. Hatsuyuki ‘Nagoriyuki’
a0265160_2329721.jpg
a0265160_23295951.jpg


横浜蘭友会賞  豊田 弘   Den. biggibum var. compactum
a0265160_23321088.jpg
a0265160_23325058.jpg


京葉洋ラン同好会賞  中村 スエ   Bllra. Tahoma Glacier ‘Elizabeth’
a0265160_2333429.jpg
a0265160_23342432.jpg


むさしの蘭会賞  堀 清次   Bulbophyllum annandalei
a0265160_2339418.jpg


入間洋蘭会賞  角田 馨C. purpurata ×C. sincorana
a0265160_23402221.jpga0265160_23405031.jpga0265160_2342288.jpg



奥田蘭園賞  金子 寛   C. Mini Purple coerulea ‘Blue Chateau’
a0265160_23455288.jpga0265160_2347474.jpg


㈱ローザ特殊化粧料賞  吉見 英男   Morm. badia ‘Fire Dance’
a0265160_23473789.jpg
a0265160_2348152.jpg


所沢植木鉢センター賞  中村 静枝 C.ドレニマ?
a0265160_2351791.jpg

[PR]
優秀賞 長縄 和子   Spathoglottis affinis
a0265160_2359486.jpg
a0265160_021020.jpg


優秀賞 西郷 数秀 Paph. henryanum
a0265160_031436.jpg


優秀賞 林 美代子   Rechingerara Smart Lady ‘San Carlos’
a0265160_073631.jpg


【展示花】
カトリアンセ パステルファンタジー ’Happy Field'   長縄 和子
a0265160_012037.jpg


Den. biggibum var. compactum          星野 和代
a0265160_013253.jpg


Phalaenopsis tetraspis                星野 和代
a0265160_015488.jpg


Zerenkoa onusta                  星野 和代
a0265160_0172835.jpg


Epidendrum schweinfurthianum       星野 和代
a0265160_0243666.jpga0265160_0254028.jpg


ミルトニア モレリアナ 'スリーリップ'         星野 和代
a0265160_0274720.jpg


Zerenkoa onusta                 佐藤 俊男
a0265160_029813.jpga0265160_0295598.jpg


カトレア ワルケリアナ セルレア 'モンテアズル'  若尾 暢子
a0265160_033552.jpg


Paph. leucochilum fma. album        西郷 数秀
a0265160_0365010.jpg

[PR]
a0265160_0445100.jpg
a0265160_0444415.jpga0265160_0452651.jpga0265160_046464.jpg
[PR]