<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

a0265160_22514858.jpg

[PR]
9月の下旬になってようやく朝晩過ごしやすくなりました。今年の夏は本当に暑かったですね。せめて次の冬は暖冬になってほしいものです。さて、例会日がお彼岸の3連休と重なったため、お墓参りのため欠席された方もいて、参加者は少なめでした。また、一年中で最も花の少ない時季とあって展示花も少なかったです。
13時35分いつものように西郷さんの司会で始まりました。小島会長挨拶で「今年は中秋の名月に当たる日が良く晴れていいお月見が出来たことでしょう。そろそろ秋に向けて暖房機の点検を始め、温室内での置き場を考えた株の整理も必要になって来そうです。」と話がありました。
事務連絡で、一日旅行、秋の蘭展日程、11月例会の変更点について話があり、直ぐに展示花の説明に入りました。岩田さんの出品されたドリティスは洋らんソイルに植替えてからとても元気になったとのこと。確かに葉っぱが立って生き生きしていました。地生蘭だけでなく着生欄にも適しているものがあるかもしれません。今後の検討課題としておもしろそうです。小島会長からはペンタガーデンという肥料をバンダに使ったら効果あったという話もありました。
人気投票・表彰・優秀株の解説など一連の行事のあと、休憩を挟んで15時40分から堀さん司会で栽培Q&Aのコーナーが始まりました。ここでは金子さんの質問「肥料の与え方」からいろいろ話が進展し、多くの意見が出て大変な盛り上がり様でした。思いのほか時間が掛かりました。次のコーナーは「私の最も好きな蘭」というお題で参加者の方々から話を伺いました。中村スエさんのテリミトラ、星さんのエランギス・ロードスティクタ、西郷さんのパフィオ・ロス、豊田さんのC. プミラ アルバ、小島会長のシンビ等、皆さん好きな蘭についての思いを熱く語ってくれました。もう少しいろんな方々に話を聴いてみたいとも思いましたが、時間の関係で17時前にお開きとなりました。                                    (小野)


展示株の説明 岩田さん
a0265160_22421191.jpg

展示株の説明 長縄さん
a0265160_2243493.jpg

展示株の説明 佐々木さん
a0265160_22435516.jpg

栽培Q&A
a0265160_22444610.jpg
[PR]
【人気投票】
1.原種の部
第1位 Brassavola nodosa               小島 朝男   10票
a0265160_21543240.jpg
中南米を原産地としているブラサボラの基本種で、最も流通量が多いことも蘭栽培をしている人なら異言のないところです。この属からはディグビアナとグラウカがリンコレリア属に分離され、2種だけの属になりました。このところの属改編で、ブラサボラ属も廃止になったようなイメージがありますが、棒葉タイプのノドサやコーダタ、垂れ葉タイプのククラータやペリニーは今もブラサボラ属のまま存在しています。ノドサと言うと‘Mas Major’AM/AOS(マス メジャー)と‘Susan Fuchs’FCC/AOS(スーザン フークス)の大輪花印象が鮮烈すぎて、自然種の小花タイプは忘れられがちなのは残念です。大輪花タイプの葉、バルブ部は20cm程と小型なのに比して、自然種は倍はあろうかというくらいに大型すぎるところに少し違和感を感じますが、そういうものと納得します。薄緑の花びらと白いハート型のリップが涼しげで、真夏に咲いて欲しい気がするのは私だけでしょうか? 6花茎36輪 NS 12×8.5cm


第2位 Epidendrum rondoniense           小島 朝男    8票
a0265160_21521436.jpg
このたたずまい、どこかで見た感じがします。もっと大柄で、花茎も5本くらい立ち上がり、ピンクの小花が咲いている上部のあたりは、春霞が漂う雰囲気、遥か上方を見上げた覚えからすると、2011年東京ドーム世界蘭展のお立ち台にてお目にかかった君ではありませんか? 真偽の程はわかりません。ネットで調べるも、それらしい映像はありましたが、遠くすぎて、コメント無しで断定には至りません。頼みのエンサイクロペディアでは、ブラジル南東部の産、高温を好み、樹上の光線のよく当たるところに付着する、くらいの情報のみ。大きくなるようなので、小型温室では管理が難しく、当会では豊田さんか小島会長のお二人くらいしか栽培出来そうに無い感じですが、余裕があれば是非コレクションしたい一品であります。一輪一輪ではそれほどピンクっぽくもないのですが、300輪以上が一堂に会するとにわかにピンクの雰囲気が席巻します。 2花茎 枝打ち 312輪 NS2x2cm


第3位 Habenaria erichmichelii          小野 敬一    6票


2.交配種の部
第1位 Vandachostylis Roll on Red         小島 朝男   10票  a0265160_21563331.jpg
今月は小島会長月ですね。原種、交配種の上位4種 のうち、3種が入賞ですから、恐れ入りました、としか言いようがありません。この種はワインレッドの綺麗なバンダ系 で、バンダコスティリスというあまり聞き慣れない属です。Vandachostylis Crownfox Red Gem × Vanda Peggy Fooという交配で、バンダとアスコセントラムとリンコス ティリスの三属間人工交配種となります。使用されたバンダはセルレアやミレリィ、アスコセントラムはカービフォリウムですが、現在アスコセントラムはバンダに移行されましたので、正式には二属間交配となります。そしてリンコスティリスはギガンティア、遡ればバンダにはもっと他の種も使用されたでしょう。特徴的な赤色はミレリィとアスコセントラム(バンダ)のカービフォリウムの血であるのは明白ですが、バンダの青いセルレアが潜んでいるのが交配の妙と言えるのでしょう。 2花茎 30輪 NS5x5cm


第2位 Rhyncholaeliocattleya Marcella Koss      金子 寛    7票
a0265160_224623.jpg
秋咲き優良交配種の代表選手といえる本種は、C. Bob Betts × Rlc. Languedoc で両親とも交配には不可欠な存在です。ボブ ベッツは言わずと知れた白花でパステルピンク花の重要な親、一方 ランゲドックは巨大輪を咲かすラベンダー花で‘シンガポール ウエルカム’という個体名が付いて回ります。ランゲドックは南フランスのワインの産地で‘シンガポールへようこそ!’とアンバランスな取り合わせになります。フランス人が東南アジアに来たと連想すると、その昔一世を風靡した映画[エマニエル夫人]を連想してしまったりするのです。もっとも物語はバンコックのお話なのですが、、、。出品花マッセラコスには‘ピンクマーベル’の個体名が付いて回り、優しいパステルピンクがそのまま賞賛されています。芳香はモッシイェから、リップの大きく広がるフリンジはリンコレリアのディグビアナが貢献しています。1輪はちと淋しい、来年は2輪で見せください。1花茎 1輪 NS15x15cm                           (堀)


第3位 Dendrobium Dream Glass       星野  和子   5票


【各賞】
フレグランス賞
Phalaenopsis Luedde-violacea × violacea    角田 馨
a0265160_2215695.jpg

努力賞
Epidendrum rondoniense             小島 朝男
a0265160_21521436.jpg


【展示花】
Bulbophillum arfakianum                堀 清次
a0265160_22253766.jpg

Dendrochilum longifolium               堀 清次a0265160_22283376.jpg

Epi. schweinfurthianum                 星野 和代
a0265160_2231757.jpg

Gongora atropurpurea                 豊田 弘
a0265160_22332533.jpg

Milt. moreliana Three Lips              豊田 弘
a0265160_22342136.jpg

Robiquetia cerina                    豊田 弘
a0265160_22354015.jpg

[PR]
a0265160_1485727.jpg                       平成25年9月
第336号 所沢洋蘭会(TAOS)
事務所: 〒359-1111 所沢市緑町3-8-3 豊田 弘宅
URL: http://orchid1234.exblog.jp/  TEL: 04-2939-7751


               9月度例会ご案内

日時:      平成25年9月22日(日) 13:00~17:00

場所:      所沢市立狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 (第1・2会議室)
          〒359-1151 所沢市若狭4-2478-4 TEL04-2949-1191
          (西武池袋線 狭山ヶ丘駅徒歩5分 狭山ヶ丘農協裏)
            平成25年10月度例会予告10月27日(日)


内容:
1.会場準備・受付・展示                 13:00~13:30
        原種・交配種に分けて展示します。会場内では必ずご自分の名札を着けてください。
2.会長挨拶、事務連絡                  13:30~

3.展示株の説明・人気投票
        人気投票後、選考結果の発表と出品花の解説を行います。
4.株市
        通常の株市です。
5.栽培Q&A・診断希望株の栽培アドバイス
        相談したいことがございましたらお気軽にどうぞ。
        株を持参されるとアドバイスしやすいかと思います。
6.私の最も好きな蘭                    各理事・有志

7.閉会 全員で後片付けしてください。(ゴミは各自お持ち帰り願います。)

会費:    お一人様 500円 (家族・友人も同じです。)

理事会:  11:30 ~12:30
      狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 学習室で行います。
      昼食は各自ご用意ください。(欠席の場合は連絡のこと)



             <<<お知らせ>>>
1. 8月の例会 出席者26名、出品者14名、出品株39株
2. 秋の旅行  6日の予定でしたがバスの都合で日程が変更されました。
   日時:10月13日(日)日帰り  出発:所沢駅東口 6時30分
   行き先 千葉蘭園 大場蘭園 会費:5000円(参加人数により変更)
3. 「秋の洋蘭展」
   搬入 10月30日(水)15時~17時、
   会期 10月31日(木)~11月4日(月・祭)の5日間
   搬出 11月4日(月・祭) 17時~
4. 11月度例会日・いつもの会場が工事のため使えませんので場所と日程を変更します。
   会場 小手指市民ギャラリー(春秋のらん展会場と同じ場所)
   日時 11月17日(第三日曜日) 一週間早いです。
[PR]