カテゴリ:例会風景( 50 )

8月下旬になってもうだるような暑さにうんざりの毎日でしたが、例会当日は朝から雨模様で暑さも一服。久しぶりに過ごしやすい一日となりました。例会が始まる前には一旦雨も止んだので展示株の持ち込みも楽でした。ただ、今夏の猛暑で咲いている花が少ないと見えて、展示株の数も今月は極端に少ないのが残念でした。
ほぼ定刻通りの13時30分過ぎに西郷さんの司会で始まりました。小島会長挨拶で「今年の夏は本当に暑かったが、何とか乗り切った感がある。夏バテは人も蘭も9月になって症状が表れるので気を引き締めたい。」と話がありました。また先日亡くなった藤圭子さんを引用して「どう咲きゃいいのさ、この私」ではなく、咲かせるのは皆さん次第、上手に蘭を咲かせてほしい。とのコメントもありました。
事務連絡で、秋の一日旅行、来年のドームらん展の予定が発表されました。展示株はとても少ないので早々に説明は終了しました。その中で豊田さんのサギ草栽培法の説明がとても参考になりそうだったので紹介します。用土はミズゴケよりも砂利植えの方が成績良い。有機肥料ではなく化学肥料の方がよい。球根はちょっと深めに球根の2~3倍くらいの深さに植える。常時水を切らさないように注意、とのことです。実際栽培されての経験談なので重みがあります。
いつものように人気投票・株市を経て、今月は栽培教室配布株の観察アドバイスがありました。持参された株を並べて今後の栽培をみんなで検討し合うものです。カトレア類で春から伸びた新芽が大きく成長している場合は、これからは肥料を控えるのがいいようです。このまま肥料をやり続けると次の新芽がまた伸びてしまい、中途半端な成長で冬を迎えてしまうからです。新芽の状況を確認しながら肥料遣りに注意しましょう。
続いて栽培Q&Aのコーナーに移りました。今月は角田さん、岩田さん、海東さんから質問があり、肥料遣り、植え方、などのアドバイスがありました。
16時から皆さんが楽しみにしていた中村静枝さん宅の栽培環境紹介です。温室は南北に長く3坪、冬は内張り・外張りの両方を実施、1日2回のミスト噴霧装置もあるという贅沢な作りです。場所的にも午前中の陽が良く当たりそうないい環境とお見受けしました。夏場は殆どのものを外に出して寒冷紗の下、物干竿やネットに吊るして栽培されていました。500株以上あるのでは?とのことなので冬は温室一杯の様子が窺えました。適宜質疑応答を挟む形で進行し、17時前に終了となりました。中村静枝さんご紹介ありがとうございました。                                 (小野)

a0265160_01612100.jpg

温室紹介の中村静枝さん
a0265160_0181322.jpg

教材配布株の展示
a0265160_0193691.jpg
[PR]
今月は初めての試みとしてコラボカフェ秋津にて納涼例会を行いました。一昨年の夏は所沢ステーションビルの中華レストラン「獅子」で、昨年は「ななかまど」で、という風に毎年納涼会に関しては試行錯誤の状況でした。お酒が飲めて費用があまり掛からず、例会の行事もきちんとやりたいとなるとなかなかいい場所がありません。今回会場に使ったのは、今年の5月にオープンしたばかりのレンタル休憩室といった出で立ちの場所です。お酒や料理の持ち込みが出来て30人程度は入れそう、しかも秋津駅の目の前という好立地でしたので、一度使ってみようということになりました。
初めての場所でしたので余裕を見て理事会は通常より1時間早い10時半開始としましたが、料理などの事前手配が終わっていたおかげで会場準備も手際よく進み、12時には準備完了という状況でした。12時半を過ぎると続々と参加者が集まり始めました。秋津駅北口を出ると直ぐ看板が目に入るので迷うことはなかったようです。13時にはほぼ参加者が揃ったようでしたので13時5分という異例の早さで例会がスタートしました。
まず、小島会長から「暑さに負けず栽培に励んで頂きたい。また今日の半日ゆっくり納涼会を楽しんでください。」と挨拶がありました。事務連絡の後、料理テーブルの周りに集まり、恒例の豊田さんの乾杯発声により納涼会のスタートです。ワイワイと蘭談義に花を咲かせ、歓談が一段落した14時から、通常の例会スケジュールに従い、展示株の説明となりました。展示株は会場の狭さを考慮して一人2株までと制限をつけたため展示株はかなり少ない印象でした。展示スペースにまだ少し余裕がありましたので、一人3株としても良かったのではと感じました。
人気投票、展示株の解説とスムーズに進行し休憩の後、定例となった納涼会ジャンケン大会の始まり始まり。提供した人と参加者がじゃんけんをして勝った人が勝ち残っていくという方式を採用しました。会場は貸切ではなく隣の小スペースは一般の利用者さんもいたのですが、勝ち負けになると思わず大きな声が上がってしまいました。10ほどの提供株は20分ほどで嫁入り先が決まりました。少々時間もあったので蘭栽培のQ&Aを行い、早めの16時に閉会となりました。飲み足りない方々は思い思いに二次会に繰り出して行かれたことでしょう。                               (小野)

納涼例会、豊田さんの乾杯の音頭で始まり始まり
a0265160_1155322.jpg


展示株の説明
a0265160_1182229.jpg


展示株の解説
a0265160_1193095.jpg


じゃんけん大会
a0265160_11104374.jpg
[PR]
ちょうど梅雨の合間に太陽が覗く久し振りにいい天気に恵まれました。例会日和と思いきや、溜まった洗濯物を片づけるのに追われたのか、出席者は少なめでした。6月はパープラータの展示が多い時季ですが今回は思ったほど多くはなく、多種多様な種類が出品されていました。原種が大半を占め交配種はちょっと物足りなさを感じました。
今月は中藤洋蘭園さん販売苗を運び込む等の作業もあり少々時間遅れでのスタートでした。欠席の西郷さんに代わり、助っ人佐々木さんが司会役と相成りました。小島会長より「先月同様出品花が少ないが、自宅で咲いた花を是非持ってきてほしい。人気投票は独断と偏見で自分の好きな花を選ぶもので、決して高価な花や立派な株を選ぶものではない。自分では大したことないと思っている株でも他の人から見ると案外高く評価されたりすることもある。また、ベテランの人からいろいろアドバイスをもらうこともできる。」という冒頭のお話がありました。
サンシャインらん展報告、来月の納涼会の場所案内と共に、即売会のルール連絡がありました。出品株が少なかったため展示株の説明も早々に終了し人気投票に移りました。投票を終えた人から即売会に参加できるというお約束の下、さっさと投票を済ませ即売会に参戦する人が多い中、じっくり展示株を評価する人もいて様々な投票風景でした。投票集計と即売会が一段落したところで、表彰と審査委員による優秀作品の品評がありました。今月は小島会長が出品されたDen. amboinensisが努力賞に選ばれました。午前中の半日しか咲かないという超短命のこの花をちょうど例会当日に咲かせたという努力?(幸運?)と、午後からの例会でも咲き続けるように午前中は暗い押し入れの中に入れていたという努力が評価されました。
休憩を挟んで、中藤さんによる「パフィオ・パービセパラム亜属の栽培法」と題した講演会が始まりました。パービセパラムとは「かわいい」という意味だそうです。確かにこの亜属にはミクランサム、アルメニアカム、デレナティーといったかわいい花が揃っています。講演内容を雑多にメモ書きしてみます。
パービセパラム亜属で一番大切なのは夏の管理。梅雨時は50%遮光で、梅雨が明けると、もう一枚50%遮光の日よけを掛けて暑さから守ってやる。水は2~3日に1回を目安にして雨の日は遣らない。時間は朝早くか夜に遣り、昼には遣らない。昼に遣ると根が茹だってしまう。肥料はモルコートを春に1回やればそれ以上必要ない。液肥を遣るなら2,000倍液で月に2回くらい。油かす・骨粉なら3または4月に一度やり、2~3か月毎に施す。西日に弱いので避けるようにする。2年に1回の植え替えが基本だが、ふらふらしたり、病気になったりした株は年数に関わらず植え替える。コンポストは全部落として根を傷つけないように大切に扱う。10月になったら50%遮光に戻す。液肥を遣るなら2000倍液を月2~3回。油かす骨粉なら10月に1回。冬は案外低温に強くあまり心配しなくてよい。1~2月が最も大きく咲く時期。花茎が半分くらいの長さまで伸びて来たら毎日水やりすることで花が大きく咲く。
などいろいろ細かいところまで教えていただけました。あと、ウィルス病診断法のお話や質疑応答があって終了しました。マリポエンセはパービセパラムの入門にピッタリという話もあり、講演後、挑戦してみようという方が苗をお買い求めになっていらっしゃいました。                              (小野)


講演中の中藤氏
a0265160_22553041.jpg

即売会風景
a0265160_22564566.jpg

[PR]
5月下旬は安定した晴天が続き、例会当日も少し汗ばむくらいでしたが、穏やかに晴れ渡り、まずまずの例会日和に恵まれました。にも関わらず、参加者は少なめでちょっとさびしい5月度例会となりました。
定刻よりやや遅れて13時40分のスタートでした。小島会長挨拶では、「今日は参加者が少ないようだが、多くの花を見て目を肥やすという意味からも積極的に例会に参加して欲しい。また、咲いた花を自分で見ているだけではもったいないので是非例会に持ってきて皆さんに見てもらいましょう。」というお話がありました。
一日旅行の報告、蘭友会サンシャインらん展への協賛、秋の蘭展予定、7月例会納涼会などについて事務連絡があったのち、展示株の説明が始まりました。4~5月はデンドロが多く咲く季節ですが例会でもたくさん展示されていました。全体的にはさほど出品数は多くなかったので、説明したいことは十分言えたのではないでしょうか。
14:45より人気投票が始まりました。株市、人気投票集計、審査委員による優秀株の選定、過去の配布株観察・アドバイスがほぼ同時並行で進行し、時間短縮になりました。栽培相談では高橋稔さんからクール系のデンドロを持参頂きましたが、殆ど枯れている状態でしたので回復はほぼ不可能ということで、新たに購入した時のアドバイスがありました。
休憩兼準備のため少し時間をおいて、16:10から今年の東京ドームらん展の振り返りです。まず、ディスプレイ部門を審査した角田さんからお話がありました。審査は1組12名のチームで行われ、自分のブースは評価できないようになっているそうです。従来は自然をイメージするような展示が主流を占めていましたが、最近はモダンで目を引く斬新なものの評価が高くなる傾向にあるとのことでした。我が所沢洋蘭会も今までにない好成績を収めることが出来たのも洗練されたデザインの良さが評価されてのことと思います。
個別審査を担当された堀さんからは日本大賞が選ばれる審査プロセスの説明がありました。41のカテゴリーでブルーリボン(第1位)に選ばれたものが一堂に集められ、その中から審査委員が各自5点を選ぶ投票により上位13点の部門賞が決まります。その中の最上位が日本大賞になるとのことです。
今年日本大賞に選ばれたフラグミペディウム・コバチーですが、お立ち台に上ると下から覗き込むような角度からの鑑賞になり、本来の素晴らしさが伝わらなかったのでは、とのことです。間近で見たコバチーは審査委員が「ワー」と声を上げるくらい本当に素晴らしく、1輪だけだが大賞間違いなしと感じたそうです。
他にスライドを使ってお立ち台に上がった優秀花の解説をしていただき、ちょうど時間となりました。     (小野)


宮原氏の展示花解説
a0265160_2140295.jpg


東京ドームらん展ディスプレイ審査の説明をする角田理事
a0265160_21412769.jpg


東京ドームらん展入賞花の解説をする堀理事
a0265160_21424734.jpg

[PR]
4月は強風が吹いてみたり、寒さが戻ったりで「うららか」とか「穏やか」といった言葉がとても当てはまらない春を迎えることになりました。気候の急変だけは避けてほしいものです。例会は5月を目前に控えた28日でしたので、さすがに陽ざしも暖かくやっと春らしさを感じられました。
13時30分、司会の西郷さんから開会の声が掛かりましたが、もろもろの準備に手間取り13時40分スタートとなりました。4月は年に一度の総会の月です。小島会長に司会をバトンタッチして総会が始まりました。まず平成24年度事業の報告と平成25年度事業計画の説明があり、拍手をもって承認されました。平成24年度会計報告の後、豊田さんと金子さんにより適正な管理がなされている旨の会計監査報告がありました。引き続いて平成25年度の予算案について説明され、会計結果並びに予算案が拍手をもって承認されました。役員については、今年は非改選の年に当たり、変更ない旨の報告があり総会が終了しました。
続いて4月度例会に移行しました。小島会長の挨拶では小手指ギャラリーのらん展協力に対する感謝と労いの言葉がありました。また、来場者の数を心配していたものの、まずまずの来場者にほっとしたとの弁もありました。事務連絡では、今月の行事で講演をお願いしているマルタ小泉商事さんと、新入会員の古間さんの紹介がありました。古間さんは小手指ギャラリーの管理人をされていて、今回のらん展がきっかけでご入会されました。古間さん、今後ともよろしくお願い致します。1日旅行、西武ドームバラ展、来月行事予定など連絡がありこの時点で14時30分を過ぎていました。
今月は総会で時間が掛かってしまったので、展示株の説明は一人1株のみということになりました。おかげで展示株の説明は10分ほどで終了し遅れを取り戻すことが出来ました。ただ、もう少し話したいという方もおいでのようにお見受けしましたが・・。
人気投票・表彰・展示花解説の後、栽培Q&Aコーナーでは礒田さんのMexipedium xerophyticumと海東さんのDen. kingianumの相談がありました。
休憩を挟んで、16時よりマルタ小泉商事さんによる肥料に関する講演会が始まりました。一般的な肥料・養分のお話から始まり、商品の話に移りました。マルタ小泉商事さんは動物性有機肥料を得意としています。お話のポイントは、動物性有機肥料は植物性有機肥料や無機肥料に比べ植物の生育がいいということだと理解しました。トップドレッシングを使って枯れそうな黒松が生き返ったとか、東京ドームのらん展で大賞を獲得した方の多くがトップドレッシングを使っているとかという話が興味深かったですね。時間までに10分ほど余裕がありましたので講演会の後も即売が行われ、多くの会員さんがお買い求めになっていました。かくゆう私も購入した人の一人です。
即売も一段落したところでちょうどいい時間となり閉会となりました。          (小野)

マルタ小泉商事さんによる肥料に関する講演会
a0265160_23404673.jpg
[PR]
この冬はとても寒かったのですが、3月になって急に気温が上がり、東京では2002年と並んで過去最早の3/16に桜の開花宣言が出されるなど、例年になく暖かい3月となりました。例会当日には所沢でも桜の見頃を迎えました。寒暖の差が激しい気候が最近定着しつつあるようです。
最近理事の欠席者が多くさびしい限りですが、今月も西郷さんに代わり佐々木さんの司会で13:40から始まりました。会長からは一大イベントである東京ドームらん展の愛好家ディスプレイ審査部門で過去最高順位の優良賞(第3位)を獲得した旨の報告と、会員の方々への感謝と労いの言葉がありました。また、このディスプレイ展示設営に当たり大変なご苦労と多大な貢献をされた角田さんに蘭会より感謝の気持ちを込めて金一封が贈られました。
続いて新入会員としてふじみ野市にお住いの海東(かいとう)さんご夫妻の紹介がありました。当蘭会のブログをご覧になり入会を決意されたそうです。まだ初心者なのでこれから勉強していきたいそうです。海東さん、どうぞよろしくお願い致します。
今度の春のらん展は初めての会場小手指市民ギャラリーで行われるため勝手が分からないことも多いので時間を掛けて説明がありました。他にドーム打ち上げ・祝勝会と銘打った懇親会と春の1日旅行の案内がありました。
今月は100株に届くほどたくさんの展示株が集まり、説明にかなりの時間を要しました。人気投票、株市、表彰、優秀花紹介までで16時、ドームらん展と今年度行事の振り返りを終えたのが16時半でした。
時間が押して来ましたので手早く準備して、吉川さん宅の栽培環境紹介が始まりました。事前に吉川さん宅にお邪魔して様子を写真に収めていましたのでそれをスクリーンに映しながら吉川さんから説明を頂きました。ご自宅南側のお庭に2坪の温室が建っています。床は土でアジアンタムが茂るほど保湿は良好です。空気循環のため小型の扇風機が4台、上下の温度差をなくすための撹拌扇が1台設置されています。南側の上棚にはカトレア類、下棚にはバルボ類が置かれています。上部には6本の棒を渡しそこに鉢を吊り下げるようになっています。温室内に蛇口も設置されていて、北側の低い棚の上で植え替えもできるようになっています。保温効果を上げるため冬の間は外張りをされています。温室の過剰な温度上昇を防止するため上部に換気扇が設置されていて一定温度以上になるとスイッチが入り上部の空気を外に逃がし、温室の下部に外気が入るような構造になっています。水遣りは大きなバケツに水を溜めそこに一株ずつ浸けるそうです。手間は掛かりますがこの方法は特に単茎性の蘭には最適な方法と思います。吉川さんがバンダ類の栽培がお上手な訳はこの水遣りと湿度の高さと推察いたしました。短い時間ではありましたが、手際よく説明いただき、概略を掴むことが出来ました。栽培上手な吉川さんの栽培状況を見せていただき、出席者の方々は何か栽培のヒントが得られたに違いありません。吉川さん、本当にありがとうございました。
                                                     (小野)


吉川さん宅の栽培環境紹介
a0265160_22493330.jpg

a0265160_22503879.jpg
a0265160_22505644.jpg
a0265160_22511095.jpg

株市でのクジ引き
a0265160_22512238.jpg
[PR]
昨年の1月も寒い日が続きましたが、今年はさらにそれを上回る寒さのようです。例会当日も強烈な寒波に見舞われ、朝の最低気温がー5℃だのー6℃だのという数字が例会参加者の会話の中に飛び交いました。インフルエンザも流行していますのでくれぐれも健康にはご注意ください。
理事の方でも体調を崩す方が続出。欠席の西郷さんに代わり佐々木さんの司会で例会がスタートしました。小島会長からは「これからの時期、行事が立て続けに予定されているので、張り切って今年も楽しくやりましょう。」と年頭のご挨拶がありました。続いて、サンシャイン蘭展報告、東京ドーム進捗、来年の行事アイデア募集について事務連絡がありました。今春の見学会は山梨方面へ日帰り旅行を予定している旨の連絡もありました。そのあと急な話ではありましたが、梶岡さんから奥様が体調不良ということで退会のご挨拶がありました。立派な株を毎回出品されている梶岡さんだけにとても残念です。奥様の体調が良くなられたら是非戻ってきてください!!
いつもの展示株説明の中で吉岡さんは、咲かない株に対し「今度咲かないと捨ててやる。」とラベルに書いてスパルタ栽培しているという話で会場が笑いに包まれました。言葉とは裏腹に吉岡さんの株はとてもしっかりした作りで愛情いっぱい注がれているようにお見受けします。また退会挨拶された梶岡さんですが、最後の例会でも大株C.ロディゲシーで人気投票と審査委員推奨(努力賞)の両賞をしっかり持ち帰っていきました。
引き続き栽培相談のコーナーでは林さんよりDen. pulchellumが咲かないという相談が寄せられ「日によく当てる。鉢一杯になっているので植え替えをする。」という2点アドバイスがありました。吉岡さんよりネズミ対策の質問もありましたが、特効薬的な解決案は出ませんでした。会員の皆さんの中でいい対策がありましたらお知らせください。
最後にメイン行事として「蘭栽培のマナー」と題したコーナーが始まりました。小島会長より蘭にまつわる諺・名言・格言・マナーという資料が配布されそれに則り説明がありました。最後に支柱の立て方、花の見せ方などについての講習も行われ、17時前に例会を終了することができました。
                                                           (小野)
a0265160_18335574.jpg

a0265160_1834107.jpg

[PR]
今年の12月は例年になく寒くなりました。例会当日もクリスマス寒波と称された寒気が日本列島を覆い各地で真冬の寒さとなりました。例会日が天皇誕生日と重なり、いつも使っている狭山ヶ丘コミュニティーセンターが閉館となったため、急遽入間市産業文化センターを例会場として使うことになりました。例会としては初めての会場でした。
理事会は例会と同じ会場で行うため、通常より早めの11時から始め、途中東京ドームのディスプレイをお願いしたアール・アイ計画さんにも来ていただきドーム飾り付けについても協議しました。
12月度は例年通り、アルコールなしの昼食を兼ねた忘年会ということで、会場内にあるレストランから仕出し料理を依頼しました。会場は今までのところと比べ少し狭いので、展示株のテーブルを窓際に寄せることで場所を確保しました。展示株とビンゴの景品が続々集まったところで、定刻よりやや早めの開会となりました。会場が狭いので少し混雑気味で人が多く感じましたが、実際の参加者は例年の忘年会例会に比べ少な目ではなかったでしょうか。
小島会長挨拶のあと、アール・アイ計画さんの紹介がありました。西武ドームバラ展で優秀賞を獲得されたとのこと、期待が持てます。続いて、ドームディスプレイの概要が説明されました。床を市松模様にし、パーゴラを奥に配置して壁面にも花が飾れるようになっています。これまでの飾り付けとは違ったユニークなデザインで、モダン感覚溢れたものとなっています。是非たくさんの蘭花出品協力お願いします。
らん展入場券、カレンダー、来月度の予定など一通りの事務連絡があり、会場後方に並べられた料理を囲んで、豊田さんの乾杯音頭で忘年会のスタートです。自由に蘭談義を交わしつつ、料理の量が少な目ということもあり30分ほどで飲食が一段落したところで展示株の説明に移りました。展示株も少なめで14時30分から人気投票で入賞花が決まりました。
休憩を挟み、15時前からお待ちかね忘年会大ビンゴ大会が始まりました。今回は蘭会保管品の放出や会員の皆様からのご協力により多数の景品が集まりました。いつものように大野さんが準備してくれたビンゴゲーム機で次々に数字が読み上げられる毎にため息と歓声が上がりました。一番初めにビンゴを達成したのは林さんでした。2回戦を行った後でもまだ景品が残っているというので今回は、異例の3回戦まで行うことになりました。それでもまだ少し余ったので希望者にお持ち帰りいただきました。例会の後、18時から「ななかまど」でアルコールの入った二次会も計画されており、早めに終了することになっていましたので16時30分にお開きとなりました。二次会には20名近く集まり、アルコールが入ったおかげで一次会の例会忘年会を上回るほど大いに盛り上がりました。
                                                (小野)

乾杯の挨拶
a0265160_0364310.jpg


乾杯の音頭とともに忘年会の始まり
a0265160_0395857.jpg


出品花の説明
a0265160_0412634.jpg

[PR]
寒くなってきました。各地で初霜、初雪、初氷の便りが聞かれる中、所沢でも例会当日の朝は初霜?が降りていました。毎年この頃はいつまでデンドロを外に出しておこうか迷う時期でもありますが11月20日を過ぎたら取り込んだ方がよさそうですね。
今月は所要や体調不良で欠席された方が多く人数的にもちょっと寂しい例会となりました。司会担当の西郷さん、佐々木さん両名も欠席のため、急遽星さんがピンチヒッターで司会役を務めることになりました。今回はきっちり定刻のスタートでした。小島会長挨拶では寒さへの注意点のほかに、これからラン展が多くなってくるのでできる限り足を運び蘭の見る目を肥やしましょうというお話がありました。事務連絡では東京ドームのディスプレイ進捗、来年度カレンダー、1日旅行報告、12月例会の内容予告と会場変更の話がありました。なお、株市・即売会での売買ルールについても注意喚起がありました。10月度例会で開会前から寄付株市が始まってしまったことへの反省を踏まえた対策です。上記<<お知らせ>>に詳細が書いてありますのでご一読ください。また、今月は即売会と講演会のために奥田さんがお見えになっているのでその紹介もありました。
続いて展示株の説明に移りましたが、参加者が少ないだけに展示株も少なくちょっと寂しい感が否めません。その中でも特に原種の数が少ないのは残念でした。人気投票と同時に奥田さんの即売会も始まりました。新たにタイ出張で仕入れてきたものや、蘭以外の珍しい植物など売れ行き上々のようでした。入賞者表彰の後、奥田さんに展示株を題材にしていろいろな解説をしていただきました。ステノグロティスの殖やし方やバンダ類の水遣り法などためになるお話がいっぱいでした。引き続き金子さんが持ってこられたエランギス・ビロバの栽培相談にも答えていただきました。単茎性の種は季節を問わずしっかり水遣りをするというのがいいようです。
休憩を挟んで、16時より奥田さんよりタイの蘭事情についてご講演をいただきました。タイには何度も足を運んでいる奥田さんならではのタイのディープなお話でした。タイは国策として植物ビジネスに力を入れているとのことで、蘭に限らず東南アジアのあらゆる植物が一度タイに集まりそこから世界中に販売されていくということでした。山採り株が無造作に軒先で量り売りされている光景は印象的でしたし、日本のお客さんを連れて行ったタイ・ミャンマー・ラオスのゴールデントライアングル旅行記も魅力的に感じました。また、蘭が着生している親木が枯れると着生している蘭も枯れてしまうというのは初めて知りました。行った人でなければ分からないようなお話が多く大変興味深いものでした。質疑応答しているうちに定刻になってしまいましたので終了となりました。奥田さん、ご講演ありがとうございました。
                                          (小野)

展示株の説明
a0265160_22233915.jpg


人気投票風景
a0265160_22254498.jpg
a0265160_22263483.jpg


奥田園芸 売店
a0265160_22283754.jpg


講演中の奥田氏
a0265160_22293852.jpg


タイの売店風景
a0265160_22302526.jpg


入賞花記録
a0265160_22312937.jpg

[PR]
例会前日までは秋晴れが続いていたのですが、例会当日になって雨が降り始め、2ヶ月連続の雨の例会日となりました。
当月は寄付株市となっており、続々と運ばれてくる寄付株の回りに人だかりができて収拾つかなくなったようでしたので、異例ではありますが、例会開始前に株市が始まりました。販売が一段落着いたところで、定刻から15分ほど遅れて13時45分に始まりました。小島会長よりダイエー蘭展協力に対する労いと感謝の気持ちが伝えられました。また、今後の蘭展会場についてはもう少し静かなところがあれば検討したいと話がありました。事務連絡では1日旅行、12月例会場所変更、来年度カレンダー、ブログ活性化の話がありました。あと、出品株の注意事項がありました。出品はどんな株を持参していただいても構いませんが、人気投票にエントリーできるのは自分で6か月以上栽培を行った株に限るということです。6か月未満の株には出品札の番号を×で消し、投票できないような配慮をお願いします。
出品株を見ると、秋咲きのC.ペリニーが4株出ていて目を引きました。蘭展が終わって時間があまり経っていないこともあってダイエー出品花もあちこちに見かけました。特に星野さんのDen.ビギバムは市長賞獲得時よりもさらに花数が増えちょうど最高潮に達したところでした。
展示株の説明では、乙川さんが初出品されご結婚の報告と奥様の紹介があり会場が盛り上がりました。投票、優秀花の解説、表彰と流れ、15時10分から、栽培教室が始まりました。今年配布した栽培教室教材苗を持ち寄り、生育状況をお互い比較・確認し合って、今後の栽培法について話し合うという内容です。デンドロに関しては生育の違いがはっきり出ていました。配布後そのまま育てたものより、植え替えて育てたものの方が全般的に大きく育っているように見えました。デンドロは外で秋の日によく当て霜が当たる直前に温室・室内に取り込むのがいいでしょう。霜に当ててしまうと溶けてしまうので注意! 大野さんからのアドバイスとして、ノビリオールの苗は冬でもカラカラには乾かさず、よく日に当てた方がいい。特に午前中の光が大切ということでした。休憩を挟んで、16時過ぎから属名移行・属名変更の勉強会に移りました。大野さんが用意してくれた資料を基に解説してくださいました。カトレア類に関しては2回の変更があったので変更直後少し混乱した時期もありましたが、現在は落ち着きを取り戻しているようです。カトレア類だけでなく他の種類でもいくつかの変更が行われ、聞きなれない属名も出来ているので注意しましょう。詳しいことは英国王立園芸協会(RHS)のオーキッドレジスターのページ及びキューガーデンのサイトで検索して最新の情報を得ることができます。欠席して資料を入手していない方は大野さんからもらってください。あと堀さんより、会報の入賞花紹介では出来る限り最新の情報を調べて掲載するよう努力している旨の話がありました。今月はスムーズに行事が進み16時半に閉会となりました。
                                    (小野)

栽培教室風景
a0265160_22172659.jpg
a0265160_0145875.jpg

持ち寄った教材苗 (デンドロビウム交配種とカトレア ノビリオール)
a0265160_223748.jpg


[PR]