所沢洋蘭会

2017年7月度入賞花・展示花

例会入賞花・展示花
元のサイトで完全版を読む
<<人気投票>>
1.原種の部
第1位 Dendrobium parthenium          豊田 弘   12票

7バルブ約140輪 NS 4.2×3.3㎝。 原産地はボルネオでキナバル山の標高900メートル程度の渓流沿いの林の中に自生しています。バルブの高さは60~70センチほどで、白く中心部に紅の乗った花を多数着けています。距もはっきりと見えます。名前の由来はパルテノン(女神アテナ)から来ています。この花の特徴はバルブから出る花茎に1か所から2~5本出ることです。花の向きを揃えることは無理なので、わさわさと咲いているように見えます。百合などでこのような咲き方の物を見かけます。 約140輪の花を着け堂々の1位入賞です。


第2位 Cyrtorchis chailluana           小野 敬一    6票
2枚目の画像

1花茎5輪+つぼみ3個 NS 7.0×5.0㎝。 シルトルキス チャイルアナと読みます。この蘭はアフリカ中西部の比較的標高の高いところに自生しています。古くは花色が白系で距が長くアフリカ~マダガスカルに自生しているものをアングレカムと呼んでおり、シルトルキスやエランギスもアングレカム属でしたが、その後別の属として分類されました。標高の高いところに自生している割に、栽培は高温性で最低温度は15℃以上を必要とし、年間を通し多めの水やりが良く、この様な条件下であれば、比較的容易に育つようです。


第3位 Promenea guttata ‘Tagara’            堀 清次     5票
3枚目の画像



2.交配種の部
第1位 Dendrobium Hibiki             堀 清次     12票
4枚目の画像

8花茎約150輪 NS 2.0×2.0cm。 この花は夏咲のデンドロで、当会でも人気が有りお持ちの方も多いと思います。Den.laevifolium×Den.bracteosumの交配で、20㎝程度のバルブにリップがオレンジ色の小さい紫紅色の花を密に着けます。片親のラエビフォリウムはクーラーが必要なくらいのクールな蘭ですが、もう片親はやや高温性のデンドロで、交配により育てやすくなっています。水やりは多めが良く、葉が落ちたバルブに花が咲き、翌年もう1度同じバルブからも花が咲くので、年々豪華になっていきます。ハダニが付きやすいので注意が必要です。


第2位 Catyclia Leaf Hopper               高久 秀雄    8票
5枚目の画像

2花茎6輪 NS 5.4×5.0㎝。 属名はカティクリアと読み、カトレアとエンシクリアの交配です。この株カティクリア リーフホッパーはエピカトレア エル ハティロ×エピデンドラム タンペンセで、エピカトレア エル ハティロはカトレア モシエ×エンシクリア タンペンシスの交配です。また、エピデン タンペンセとエンシクリア タンペンシスは同じものなので、いろいろ複雑ですが、カトレア モシエにエンシクリア タンペンシスを2回掛け合わせたものです。 エル ハティロは多少モシエの雰囲気が有りますが、リーフホッパーは当然エンシクリア タンペンシスによく似ています。香りのあるところがモシエに似たようです。 スッキリした花が人気の秘密でしょう。   (大野)


第3位 Encyclia  種名 不明              中村 静枝    5票


3.香りの部
フレグランス賞 Oncidium Sharry Baby 'Sweet Fragrance'       高久 秀雄
6枚目の画像




<<各賞(審査委員推奨)>>
栽培技術賞 Telipogon intis               豊田 弘
7枚目の画像
8枚目の画像



良個体賞  C. forbesii              堀 清次
9枚目の画像



<<展示花>>
Drac. hirtzii 'J&L's Gold'            豊田 弘
10枚目の画像



Phal. tetraspis                山田 栄
11枚目の画像


もっと見る