所沢洋蘭会

2013年9月度例会風景

例会風景
元のサイトで完全版を読む
9月の下旬になってようやく朝晩過ごしやすくなりました。今年の夏は本当に暑かったですね。せめて次の冬は暖冬になってほしいものです。さて、例会日がお彼岸の3連休と重なったため、お墓参りのため欠席された方もいて、参加者は少なめでした。また、一年中で最も花の少ない時季とあって展示花も少なかったです。 13時35分いつものように西郷さんの司会で始まりました。小島会長挨拶で「今年は中秋の名月に当たる日が良く晴れていいお月見が出来たことでしょう。そろそろ秋に向けて暖房機の点検を始め、温室内での置き場を考えた株の整理も必要になって来そうです。」と話がありました。 事務連絡で、一日旅行、秋の蘭展日程、11月例会の変更点について話があり、直ぐに展示花の説明に入りました。岩田さんの出品されたドリティスは洋らんソイルに植替えてからとても元気になったとのこと。確かに葉っぱが立って生き生きしていました。地生蘭だけでなく着生欄にも適しているものがあるかもしれません。今後の検討課題としておもしろそうです。小島会長からはペンタガーデンという肥料をバンダに使ったら効果あったという話もありました。 人気投票・表彰・優秀株の解説など一連の行事のあと、休憩を挟んで15時40分から堀さん司会で栽培Q&Aのコーナーが始まりました。ここでは金子さんの質問「肥料の与え方」からいろいろ話が進展し、多くの意見が出て大変な盛り上がり様でした。思いのほか時間が掛かりました。次のコーナーは「私の最も好きな蘭」というお題で参加者の方々から話を伺いました。中村スエさんのテリミトラ、星さんのエランギス・ロードスティクタ、西郷さんのパフィオ・ロス、豊田さんのC. プミラ アルバ、小島会長のシンビ等、皆さん好きな蘭についての思いを熱く語ってくれました。もう少しいろんな方々に話を聴いてみたいとも思いましたが、時間の関係で17時前にお開きとなりました。                                    (小野) 展示株の説明 岩田さん

展示株の説明 長縄さん
2枚目の画像

展示株の説明 佐々木さん
3枚目の画像

栽培Q&A
4枚目の画像
もっと見る