所沢洋蘭会

蘭花 第324号

会報
元のサイトで完全版を読む
         <<<9月度例会のご案内>>> 日時:       平成24年9月23日(日) PM 1:00~5:00 場所:       所沢市立狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 (第1・2会議室)                〒359-1151 所沢市若狭4-2478-4 TEL04-2949-1191                (西武池袋線 狭山ヶ丘駅徒歩5分 狭山ヶ丘農協裏)                  平成24年10月度例会予告10月28日(日) 内容 1.会場準備・受付・展示                 PM1:00~1:30         原種・交配種に分けて展示します。会場内では必ずご自分の名札を着けてください。 2.会長挨拶、事務連絡                  PM1:30~ 3.展示株の説明・人気投票・表彰・出品花解説         人気投票後、選考結果の発表と出品花の解説を行います。 4.株市         通常の株市です。病気のない株を出してください。 5.栽培Q&A・診断希望株の栽培アドバイス         今月は、属名は問いません。どんな株でも結構ですのでお持ちください。 6.私の工夫         会員皆さんの日頃蘭栽培で工夫されていることを発表していただきます。         是非この場で発表お願いします。また、お話を聞いて栽培の腕を上げましょう。 7.閉会         全員で後片付けしてください。(ゴミは各自お持ち帰り願います。) 会費:   お一人様 500円 (家族・友人も同じです。) 理事会:  AM11:30 ~12:30        狭山ヶ丘コミュニティーセンター2階 学習室で行います。        昼食は各自ご用意ください。(欠席の場合は連絡のこと)             <<<お知らせ>>> 1. 8月の例会 出席者28名、出品者13名、出品株54株 2. 「所沢洋蘭会展「秋の洋らん展」を開催します。多数ご出品ください。   会場:所沢駅西口 ダイエー所沢店 7階 催事場   開催日時:10月11日(木)~10月14日(日)10時~18時(最終日は17時まで)   搬入:10月10日(水)15時~18時 直接会場へ、又は事前に豊田宅へ   搬出:10月14日(日)最終日 17時~ 搬出の前に表彰式を行います   * らん展会場で会員の株市を行います、出品は同封の「株市出品リスト」に希望売価   を記入のうえ受付係りへ提出下さい。株は活着した健全な株をお願いします。 3. 秋の旅行 行き先:オーキッドバレー・ミウラと大型鮮魚店で昼食の予定です。   期日:11月11日(日) 会費:5000円(参加人数により増減)出発:7時 所沢駅東口 4.入間洋蘭会「秋の洋らん展」開催のお知らせ   日時:10月12日(金)~14日(日)  会場:丸広百貨店(入間店)1階 エントランスホール   当会の蘭展とダブりますのでお互いの協賛出品はありません。 5. 先月肥料を申し込まれた方は例会場でお渡しします。一袋900円           <<<8月の例会風景>>> 二十四節気「処暑」を過ぎ、暦の上では暑さの治まる頃なのですが、暑さは一向に衰える気配すらなく、連日うんざりするほどの猛暑が続いていました。夕立の一雨も欲しいところですがそれすらありません。当日も朝から晴れ渡り暑さが身に染みる一日でした。この暑さのせいか出席者は少なめ、展示株も少なめの例会になりました。ただ、サギソウやリンコスティリス、エランギス、アングレカムなど白花系の出品が多く、花の方では涼を感じることができました。 定刻の13時30分過ぎに始まりました。小島会長が先月の納涼会で例会に出席する一番の楽しみは何ですかと聞いたところ「蘭の仲間に会えるから」という答えが多かったそうです。「こうした回答を大変嬉しく思うと同時に、これからも人との繋がりや輪を大切にしていきたい。」と挨拶がありました。 秋の蘭展、1日旅行、来年の東京ドームらん展スケジュール、来月の行事について事務連絡があり、特に秋の蘭展については開催方針について会長より説明がありました。「静かな蘭展を目指す。」というものです。美術館で絵画を鑑賞するように静かにゆっくりと蘭を鑑賞してもらいましょうという趣旨です。従って、来場者に敢えて声は掛けず、質問されたら答える程度の対応になるので、蘭展当番も1日4人程度で間に合いそうです。 展示株の説明・人気投票と進み、展示花の中から優秀作品を解説したあと、栽培Q&Aに移りました。堀さんより単茎性の蘭の栽培法について質問があり、山田さん・吉川さん・星野さんがお答えになりました。お話を総合すると、しっかり水遣りはするが、乾かすことも必要。夏の暑い時季は昼間に水はやらず、朝晩に行うといったところでしょうか。 休憩を挟んで15時45分より、青山さん宅の栽培環境紹介が始まりました。現在の温室は5台目ということですからこれだけでも栽培歴の長さが窺えます。青山さんの蘭との出会いは一つのデンドロだったそうです。それを枯らさないように自作の温室を作ったのが始まりとか。まずは3年前に建てられた現在の第5号温室の建設現場の写真から紹介がありました。約3坪の大きさで、自宅敷地の東側に位置し、9時~13時くらいまで日が当たるそうです。側面の窓は上下別々に開閉できるので便利とのこと。天窓は手動式、入出の換気扇が2台あり、温度の上昇と換気に注意が払われています。ガラス面には50%程度の遮光ネットが一年中張られています。南側の庭にはパーゴラが2つあり、夏の間はそこが格好の吊り鉢栽培場になっています。また、パーゴラの下にあるテーブルを苗栽培棚として使用したり、ツルバラ用アーチも蘭をぶら下げるのに利用するなど、殆ど全面が蘭で埋め尽くされているような印象でした。所有鉢数をお聞きしたところ「怖くて数えていない。」とのことでしたが、数百鉢はあると睨みました。9月例会には吊り鉢用の針金細工を伝授いただけるとのことですので期待しましょう。青山さん、今回は詳しいご説明本当にありがとうございました。 今月は早めに行事が終了したため、16時半過ぎに閉会となりました。                                                        (小野) 温室紹介の青山氏
もっと見る