2回目のエクアドル紀行 by 滝川先生 その2

Phragmipedium longifolium 標高900mの道路際の崖に生えています。自生地は局限されているようですが、この場所では個体数は多いです。
a0265160_23072414.jpg


Phragmipedium longifolium 1個体だけヤブの中ではなく、岩場に生えていて、株の全体像が分かりました。 日当たりの良い場所です。
a0265160_23065734.jpg


Phragmipedium longifoliumが自生している道路際の崖です。 ソブラリアも沢山生えています。
a0265160_23071258.jpg

Sobralia ecuadorensis 標高1500mの道路際の崖に大群落がありました。 自然交雑種でピンクの花のgentryiと白い花のpowelliiとの交雑種です。 「雑種強勢」のためか、この群落の近くには両親の個体は見られず、全部雑種に置き換わってしまっています。
a0265160_23065077.jpg


Comparettia falcata アンデスの山の標高1400mの峠で、独立した日当たりの良い木の高さ1mの所に着生していました。 葉は木の裏側にあって、日が当たりません。 花径2cmの赤ピンクの可愛らしい花です。
a0265160_23063696.jpg


Oncidium obryzatum 標高1300mの所で、樹木の高さ3mの場所に着生していました。花の色が黄色なので、良く目立ちます。
a0265160_23061430.jpg


民家の隣にあるロバの近くの木にOncidium obryzatumが着生しています。 ロバの尾の上の部分です。 日が照って暑い場所です。 車で移動中に、時々Oncidium obryzatumを見ましたが、皆樹木の高い所に着生していました。 個体数は多いようです。
a0265160_23060306.jpg


Stanhopea annulata 標高550mの日陰のジャングルの中で、花径4cmのクリーム色の花が2輪咲いていました。 湿気が高く、セミが沢山鳴いている場所の高さ2mの場所に着生していました。
a0265160_23055484.jpg


崖から滝となって水が落ち、道路が冠水しているアンデスの山道を進みます。
a0265160_23054787.jpg


Epidendrum goodspedianum 標高1700mの道路際の崖のヤブに生えていました。 茎は1.5mある大型種です。
a0265160_23053475.jpg


Epidendrum goodspedianum 花のアップです。 1cmくらいの小花が沢山咲いています。
a0265160_23052588.jpg


Comparettia属、またはSelochilus属です。 標高1700m地点のジャングルの中で、目の高さにぶら下がっていました。 黄色の1cmくらいの大きさの花です。
a0265160_23051815.jpg


Malaxis andicola 数ミリの大きさの小さな花の地生ランです。 花の集まりは2cmくらいの大きさで、緑色のタンポポの花のように見えます。
a0265160_23051078.jpg


Goevenia tingens 標高1700m地点の湿地に生えていました。 花の大きさは1.5cmくらいで、花茎の長さ40cmの地生ランです。
a0265160_23050297.jpg


Epibator hirtzii 属名はZootrophionとも言います。 標高1700m地点で、地上1.5mの場所に着生していました。 黄色いバケツのような全開しない花で、大きさは2cmくらいです。 茎は細長くて、樹木を這っているようです。 薄暗い日陰に生えていました。
a0265160_23045348.jpg


Elleanthus capitatus 小さなピンクの花の集団は5cmくらいで、茎の長さは80cmくらいで、横に倒れています。 個体数は多く、標高1700mの地点です。
a0265160_23043743.jpg


Elleanthus capitatus 黄色い花の個体です。 湿気の多い場所に生えていました。
a0265160_23042815.jpg


Masdevallia polysticta 標高1900mの道路際の崖の岩に着生していました。 周囲に樹木は無く、直射光線が当たります。 花径5cmくらいで、1花茎から多数の花を咲かせる大型株です。 周囲を探しても、この個体1つだけで、個体数は極めて少ないです。 道路から5m以上高い場所です。
a0265160_23041867.jpg


Masdevallia buculenta 標高1900m地点の崖の木の枝に着生していました。 花径2cmの黄色い花で、小型株です。 日光の良く当たる場所です。
a0265160_23040533.jpg


Epidendrum sp. 標高2800mの道路際の日光の良く当たる場所に生えていました。 花径2cmの濃いピンクの花です。 現地の植物ガイドのフランシスコさんによると、交雑しているかも知れないとのことです。
a0265160_23035903.jpg


Epidendrum sp. 標高3200m地点の道路際の崖に生えていました。 草丈は人くらいある大型株です。寒くて、霧が出てきました。
a0265160_23033914.jpg


Epidendrum sp. 同じEpidendrumを近づいて撮影しました。 果実も着いています。
a0265160_23035067.jpg


標高3200m地点の場所は、あっと言う間に霧に包まれました。
a0265160_23032300.jpg


[PR]
by orchid12345 | 2017-05-09 02:35 | 連絡・報告事項 | Comments(0)