2回目のエクアドル紀行 by 滝川先生 その4

Pleurothallis costaricensis 標高1600mの道路際の崖に咲いていました。 1cm弱の黄色い小花を多数着けています。 日当たりの良い場所で、個体数は多いです。
a0265160_12165457.jpg

Cyrtochilum meirax 標高1600mの地点で、崖の下から生えた単独の枯れた樹木に着生していました。多数の黄色い花が咲いています。 樹木の根元から10mくらいの所に着生しています。
a0265160_12164933.jpg

Cyrtochilum meirax 最大にズームアップした像です。
a0265160_12164341.jpg

Sobralia crocea 標高1800m地点の崖に生えていました。 もっと標高の低い1500m地点から沢山生えていたのですが、近寄ることが出来なかったので、開花しているのか、それともツボミなのかが分かりませんでした。やっと近くで観察することが出来ました。 一般的なSobraliaの花とは異なり、筒状で完全には開きません。 筒の長さが3cmくらいのオレンジ色の花です。
a0265160_12163033.jpg

Sobralia crocea 花のアップです。 草丈は50cmくらいと低いです。
a0265160_12163758.jpg

Pleurothallis chloroleuca 標高1800m地点の崖で、かなり湿気のある場所に生えていました。 白っぽいグリーンの花です。 花の集団のかたまりは直径3cmです。
a0265160_12162382.jpg

Pleurothallis chloroleuca 花のアップです。
a0265160_12161814.jpg

Epidendrum lacustre 標高2050m地点の道路際の岩に着生していました。 茎は太く、葉は大きく、草丈も1mくらいで「ランの巨人」という感じです。 花径は10cmです。 個体数は多く、周囲に別個体が沢山ありました。 直射光線下に生えていました。
a0265160_12161041.jpg

Epidendrum lacustre 花のアップです。 花弁とガク片は緑色で、リップは白です。
a0265160_12160327.jpg

Epidendrum lacustre 別個体です。 周囲の他の植物と比べると、ガッチリして丈夫そうな草姿です。
a0265160_12155886.jpg

標高2050m地点の道路際の岩場にはElleanthusも沢山生えています。 画面中心のピンクの花は種小名不詳で、その上にあるオレンジ色の花はaurantiacusです。
a0265160_12155155.jpg

Elleanthus aurantiacus 花のアップです。
a0265160_12154558.jpg

Elleanthus vernicosus 標高2100m地点の道路際の崖に、ピンクの花を咲かせた大群落がありました。
a0265160_12154000.jpg

Elleanthus vernicosus 花のアップです。
a0265160_12153591.jpg

Epidendrum laurelensis 標高2100m地点の道路際のヤブの中に咲いていました。 花径2cmのオレンジ色の小花です。 リップは白色です。
a0265160_12153022.jpg

Epidendrum laurelensis 花のアップです。
a0265160_12152039.jpg

Epidendrum laurelensis と Elleanthus vernicosusです。
a0265160_12152464.jpg

Masdevallia picturata 標高2100m地点の道路際のヤブの中の木に、地面から1mの所に着生していました。花の長さは4cmで、白地に紫褐色の斑点が入っています。 湿気の多い場所で、コケに埋もれています。 周囲を探しても、この個体だけなので、個体数は少ないです。
a0265160_12151552.jpg

Stelis lentiginosa 標高2100m地点の道路際の樹木の根元に、コケに埋もれて生えていました。 赤黒い5mmくらいの小さな花です。
a0265160_12151059.jpg

Elleanthus aurantiacus 標高2100m地点の道路際に白い花の個体もありました。 一緒に小さく写っている他の個体は普通のオレンジ色の花です。
a0265160_12150544.jpg

Cyrtochilum sp. 標高2100m地点の道路際のヤブの中に咲いていました。花径1cmくらいの黄褐色の花です。花茎の長さは1m以上あります。
a0265160_12150076.jpg

Porroglossum eduardii 標高2000m地点の道路から10mくらい入った湿地に生えていました。 花径2cmのオレンジ色の花です。 花茎は細長く伸びています。
a0265160_12145656.jpg

Porroglossum eduardii 花のアップです。
a0265160_12145110.jpg

Maxillaria meridensis 標高2000m地点の湿地に生えている大木の根元に着生していました。花径4cmです。
a0265160_12144657.jpg

Maxillaria meridensis 周囲に他の個体もありました。 花のアップです。
a0265160_12143723.jpg

Maxillaria embreei 標高2000m地点の湿地に生えている樹木に着生していた、大型の株です。 クリーム色の花で、個体数は少なく、この株しか見なかったです。
a0265160_12143059.jpg

湿地帯のジャングルの中をランを探して歩きます。 日本から長靴も持って来ました。 先頭を行く横顔の人は当日だけの特別なガイドで、コロンビアとの国境にあるランの保護施設の人です。 カメラを担いでいる人は、数日間ガイドをしてくれているフランシスコさんで、2年前の旅行の時もガイドをしてくれました。
a0265160_12142109.jpg
[PR]
by orchid12345 | 2017-06-10 13:20 | 連絡・報告事項 | Comments(0)