2017年5月度入賞花・展示花

<<人気投票>>
1.原種の部
第1位 Cattleya (旧Laelia) lobata ‘Jeni’      豊田 弘       10票a0265160_22402892.jpg
2花茎 8輪 NS11.0×12.0cm Cattleya (旧Laelia)lobataは、ブラジル、リオデジャネイロ州のオルガン山脈に自生しています。近年、ブラジル産のレリア属はすべてカトレア属に変更となりました。‘Jeni’は、パステルピンクのlobateです。秋に新芽が出て、冬から春にかけて生育し、初夏に咲くという生育サイクルです。このため一般の夏咲きとは少し違い、秋から冬にかけて十分に育てるのがポイントのようです。本入賞株は、輪数が多く、すべての花がよく展開しています。株もよく栽培されています。また、コンポストはバークを用いています。近年、カトレア類でも原種を主として水苔から種々のコンポストが利用されています。この株も、豊田さんの温室の環境の下で、バークが生育に良く合うのかもしれません。


第1位 Renanthera imschootiana       中村 スエ    10票
a0265160_22432922.jpg
1花茎 52輪 4.5×6.2cm 上記と同じ得票数で、1位です。Renanthera imschootianaは、アッサム、ミャンマー、中国南部、ラオスからベトナムの高地500~1500mの、木の幹に自生しています。晩春から初夏にかけて開花します。Renanthera特有の蝶に似た花型をしており、imschootianaは濃いオレンジ色を基本とした色彩を有します。一般にこのようなVandaの仲間は木枠もしくはプラスチック製の枠にベアルートで栽培します。株と根に、水遣りや高濃度の空中水分(湿気)で水分を供給します。本入賞株は、特に濃いオレンジ色をしており、また輪数も数多くよく栽培されていると思います。木製の鉢に水苔とオズマンダをコンポストに用いているそうです。注目点は水遣りで、昼間に数時間、水を張ったバケツに浸すそうです。このためか、本入賞株は入手した時には、開花まで数年かかる、と言われたそうですが、1年で咲いたそうです。最近Vanda類で特に原種のなかには、このように水に浸す水遣りをし、良い成果を上げているようです。私は、リンコステレスで挑戦しています。まだ、結果が出ていませんが、皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

第3位 Cattleya violacea       星 隆      6票
a0265160_23210278.jpg

2.交配種の部
第1位 Vanda Pachara Delight ‘Blue No.1’          小島 朝男  11票
a0265160_22482446.jpg
1花茎7輪 NS10.0×11.0cm Vanda Pachara DelightはV.Karulea × V.Gordon Dillonの交配種で、中輪の濃いブルーのVandaです。最低温度を10℃位必要とされ、日向から半日陰の日照で栽培します。本入賞株は特に濃色で、入賞しています(GM/JOGA)。ベアルートで、朝晩水遣りをしているそうです。交配種のVandaでは、このような水遣りで十分なのでしょう。また、おそらく温室は、十分に日照や湿度の管理された環境なのでしょう。花の寿命は1か月以上とのことで、このような濃い青色の花を長きに渡って楽しめるのが、栽培の醍醐味と思います。ただ、このようによく栽培された株を見ると、残念ながら私の小温室では栽培はかなり困難です。

第2位 Dendrobium Gatton Sunray         星野 和代  10票
a0265160_22503063.jpg
3花茎32輪、4花茎27蕾 NS8.0×6.0cm。Dendrobium Gatton Sunrayは、pulchellum x Illustreの交配種で、さらにIllustre は、pulchellum x chrysotoxumで、pulchellumを主としています。90年以上前に交配されています。pulchellum の大きさ、リップの目と、 chrysotoxumの色彩を引き継いでいるように見えます。このように原種に近い交配種ですが、栽培は比較的容易なようです。ただ、本入賞株は、株が良く肥培しており、輪数も多く、また蕾も多いです。植え込み材料はバークで、また直射日光で育てているとのことです。風通しも良好なのでしょう(建物の3階)。このようなバーク植え、これに適した直射日光、通風、水遣りの管理から、32輪3花茎 27蕾4花茎という株にそだったことだと思います。

第3位 Rhyncholaeliocattleya King Harold      星野 和代   7票


3.香りの部
フレグランス賞 Rhyncholaeliocattleya King Harold      星野 和代


<<各賞(審査員推奨)>>
該当なし
                                       (西郷)


<<展示花>>
Comparettia speciosa       豊田 弘
a0265160_23012552.jpg

Dendrobium hercoglossum album      星野 和代
a0265160_23051968.jpg

Bulb. bicolor 'Miwa'          堀 清次
a0265160_23073948.jpg

Phal. mannii × sib (Jungle × Black)     佐々木 光次郎
a0265160_23104795.jpg

Cattleya mendelii           豊田 弘
a0265160_22532451.jpg

[PR]
by orchid12345 | 2017-06-13 23:19 | 例会入賞花・展示花 | Comments(0)