2016年2月度例会入賞花・展示花

<<人気投票>>
1.原種の部
第1位 Cattleya luddemanniana fma. tipo ‘Yukari’    佐藤 俊男  11票
a0265160_103158.jpg
2花茎 2輪 NS16.5×17.0cm カトレア ルデマニアナはベネズエラ原産の蘭で、比較的高温を好み、最低気温は15度以上あったほうがいいようです。ルデマニアナは年に2バルブ伸びるため、大株にし易いですが、秋からの新芽時期の植え替えは不可、植え替えは春のみです。この株(個体名Yukari)は当会会員の宮本さんからの分け株で、会場で見たときは花が大きくとてもいいと思いましたが、最近の交配ではもっとリップが広く、大輪のルデマニアナが有り、良花賞には成りませんでした。ただ宮本さん曰く、株がもっと充実すれば、もう二回り大きな花が来るとの事でした。見てみたいものですね。

第2位 Cattleya walkeriana fma. semi-alba         佐藤 俊男  8票
a0265160_115515.jpg
1花茎 2輪 11.5×11.5cm 入賞花の常連のカトレア ワルケリアナです。上記のsemi-albaは、ラベルに書いてあったものと思われますが、最近ではリップが赤く、花弁に色が乗るタイプのワルケリアナ は、セミアルバではなくperolaペローラと表記します。この株は以前栽培教室で配布したものの1株で、滝川先生の交配したもので、Andre the Giant(Tokyo No.1のSelf)× Puanani Bearという交配です。Tokyo No.1が親に使われている場合、綺麗なセミアルバに成りにくいようです。花型はとても良く、綺麗に開いて咲いており、2位にふさわしい株でした。1位、2位佐藤さんの独占でした。

第3位 Dendrobium polyanthum              小野 敬一  5票


2.交配種の部
第1位 Caulaelia (Cll.) Mizoguchi 'Princess Kiko' BM/JOGA 岩田 美穂子 12票
a0265160_143485.jpg
8花茎 50輪 5.0×5.0cm この蘭は先月も堀さんが、交配種の部2位で入賞しています。花の説明は2月度の蘭花をお読みください。この株は、やや長めの花径に同じ高さに花を咲かせ、花だけが株の上に雲のように綺麗に並んで咲いています。1輪1輪はあまり大きくはないですが、リップの淡桃色の縁取りが良いアクセントになっていて、見ごたえ のある株で1位入賞も当然です。1週間前までは、もう10輪多く咲いていたそうです。

第2位 Doritaenopsis Maria Teresa           星野 和代   4票
a0265160_152553.jpg
3花茎 12輪 2.3×3.0cm この花の片親は、ファレノプシスのエクエストリスと思われ、花1輪は小さいですが薄ピンクの花弁に、大きめの紫紅色のリップが目を引き、見落されがちな位の小さな株でしたが、投票2位に入りました。

第2位 Dendrobium New Guinea macrophyllum   若尾 暢子     4票
a0265160_171995.jpg
7花茎 27輪 つぼみ17個 5.5×4.5cm 上記の名前は、ラベルに書いて有るものですが、調べて見たところ、New Guinea × macrophyllumではないかと思われます。この交配はDen. Jungle Gemという名前で登録されています。またDen. New Guineaはmacrophyllum ×atroviolaceumという交配なのでDen. Jungle Gemはmacrophyllumの血が 3/4になり、この株の様 に、macrophyllumに非常によく似たものになるのではと想像できます。他の蘭の華やかな色に比べ地味な色合いですが、このようなランを好む方も多く、多輪数を着け栽培もさほど難しくないので、栽培している人の 多い品種です。

3.香りの部
フレグランス賞 Cattleya walkeriana fma. semi-alba      佐藤 俊男
a0265160_115515.jpg


<<各賞(審査員推奨)>>
良個体賞 Cattleya walkeriana fma. semi-alba         佐藤 俊男
a0265160_115515.jpg


努力賞 Psychilis atropurpurea fma. alba 'Emerald Tsukuba' 長縄 和子

<<展示花>>
C. walkeriana 'Andre The Giant' × 'Nishimino'           宮本 勝
a0265160_119498.jpg


Den. faciferum                                小島 朝男
a0265160_120279.jpga0265160_1202158.jpg


Renanthopsis Mildred Jameson 'Zuma Canyon'     佐々木 光次郎
a0265160_1211894.jpg


Trichoglottis pusilla                         星野 和代
a0265160_122971.jpg
[PR]
by orchid12345 | 2016-03-25 00:05 | 例会入賞花・展示花 | Comments(3)
Commented by たきかわ at 2016-03-07 01:28 x
佐藤 俊男さんのカトレヤ・ワルケリアナ・セミアルバは私の交配した株ですね。
佐藤さんは栽培上手だし、そのうえ何故か良い個体を手に入れますね!
佐藤さんは ふだんの行いが良いから、良い個体に当たるのかな?
Commented by orchid12345 at 2016-03-16 21:45
かきかわ先生
こんばんは。
その通り、たきかわ先生の交配株です。
栽培上手な上に、苗の選別上手なのかもしれませんね!
Commented by たきかわ at 2016-03-17 01:35 x
数年前の東京ドームのラン展で、佐藤さんが「アラハタ」という、佐藤さんが住んでいる地名の個体名のワルケリアナ・セミアルバを出品していました。
残念ながら、それは咲き始めで、半開きの状態で、リップだけ見えました。
そのリップに酷似しているので、この花は「アラハタ」でしょうか?