2012年12月度例会 入賞花・展示花

【写真をクリックすると拡大表示されます!!】

原種の部
第1位 Cattleya trianaei (‘Sladen’ × Jungle Plant)  佐藤 俊男  14票
a0265160_0515426.jpg

数年前のGC株とは恐れ入りました、の一言ですね。いるんですねー、こういう方が。数年間の労をねぎらう様に、株が気持ちよさげに直立しているように自分には見えます。以前伺った佐藤さんの大株カトレア作りは、鉢中2/3は発泡スチロール、上部1/3がミズゴケで根をくるむ式だったように記憶していますが、出品株もそうなのでしょうか?いずれにしても、苗から育て上げてここまでにする技術はそうとうのものだと評価します。ただティポタイプのトリアネイはもともと芽吹きが良く、大株になり易いのも事実かと思われます。とは言え苗からというのがすごいですね。花自体は‘スラーデン’の流れを引く正統な整形花で、美しいのは当然なのですが、悪く言うと特徴が希薄ということになります。(ごめんなさい) もうひとまわりふたまわり成長を促し、いっせい開花させての出品は審査員推奨も確実でしょう。 8花茎 6輪 つぼみ5輪 NS13x14cm


第2位 Laeria anceps fma. guerrero ‘KG Guerrero’   佐藤 俊男  8票
a0265160_0534168.jpg

ん~、写真よりも実物のほうがいいですね。アンセプスは説明の必要が無いくらいの普及並びに人気種ですから、ああだこうだと知ったかぶりは止めにして、自分の印象を中心にして書いちゃおう!っと。ちなみにアンセプスはメキシコ産なので、今でも Laeria のままなのであります。自分ではブラジル産のレリアがカトレアになった?と思っていたのですが、一説にはメキシコ産のレリアだけがレリアに残った、との説?も有り、ブラジル、メキシコ産以外のレリアはどうなったのかしらん? という疑問をどなたか解決してください。自分のイメージする‘KG Guerrero’より出品花のほうが俄然良花になっているのは、出品花が良くメリクロン変異している賜物と思われます。まずペタルが広いです。もともとゲレーロ自体が一般種より広くなっていますが、その範囲を超えており、花容を丸く納めていること。また、そこの色合いが何とも言えない魅力的なグラデーションを織り成していること。リップが黒に近い濃紫色で、花を締めていること。唯一残念なのは、株が子株なので1花茎 1輪 NS9x9.5cmと花数が少なく小さめであることですが、次回を大いに期待します。


第3位 Zelenkoa onusta                       星  隆   6票
a0265160_183432.jpga0265160_19232.jpg



交配種の部
第1位 Dendrobium Hilda Poxon                星野 和代  9票
a0265160_0562241.jpg

当会においてはお馴染みの感がある交配種デンドロですが、普及種と言うほどよそでは見ていないように思います。しかし親は身近と思われるD.speciosum × D.tetoragonumなので、そう知ってしまうと確かに身近感が増してきます。特にスペシオサムは牛角蘭と呼ばれ、古くから台湾、日本に輸入され大株に育てられた株を展覧会で目にすることもまれではありません。小花をたくさん咲かせ香りも良いことから栽培する方も多く、色合いの違う株をコレクションする楽しみもあるオーストラリアを原産地にする魅力的な種です。しかし出品株を決定的に特徴付けているのは、もう一方の片親、テトラゴナムであることは明白であります。スパイダーオーキッドと呼ばれるブラッシアの花のように、花弁を長く伸ばしているのが印象的で、何パターンかあるテトラゴナムの花色により、この種の花色が決定されるようです。出品花はすっきりした黄色で所々に班模様が入り,6花茎 100輪 つぼみ18個 錦糸玉子を連想させるように賑やかに咲いています。当然のように両親から芳香を受け継いでいるのも魅力のひとつです。


第2位 Brassanthe Maikai 'Mayumi'              長縄 和子  8票 
a0265160_102979.jpg

株姿と花型から Brassabola nodosa が片親であることは容易に想像できますね。ところがもう片親を株から想像するのはなかなか難しいのです。雑種一代なので片親も原種なのですが、答えは属名に隠れています。そうannthe の部分です。Guarianthe 2枚葉系カトレアの新しい属名でグアリアンセと呼びます。正解はボーリンギアナ、どちらかというと背高イメージなのに株姿はおもいっきりコンパクトでノドサそのものです。花型はノドサから、花色はボーリンギアナのピンクを受け継ぎ、楕円形のリップにちりばめた濃桃色がポイントです。大株にもなり易く、株を覆うようにたくさんの花がいっせいに咲く姿はあたかも桜山のような風情になり、花持ちもよくご婦人の人気種です。次回には 是非そのような姿で見せてください。 6花茎 18輪 NS7x7cm


第3位 Vanda Thailand Beauty                    吉川 好江   7票
a0265160_1161849.jpg


第3位 Laeliocattleya Puppy Love `True Beuty'         星  隆     7票
第3位 Rhyncattleanthe Princess Takamado `Aya'       佐藤 俊男     7票


各賞
フレグランス賞
Cattleya walkeriana semi-alba 'Kuwayama'             小島 朝男
a0265160_124249.jpg


展示花
Cattleya trianaei 'The President'                     佐藤 俊男
a0265160_141097.jpg


Masd. velifera                                豊田 弘
a0265160_161174.jpg

[PR]
by orchid12345 | 2012-12-25 01:17 | 例会入賞花・展示花 | Comments(0)